Langosteria Bistrot(ランゴステリア ビストロ)の研ぎ澄まされた料理

オンライン担当の西出です。

イタリア出張も長くなってくると、ランチくらいは日本食にして胃を休め、夕食をより美味しく頂くために準備することも多くなってくるわけなんですが、ラッテリアを発見してからというものガクッと日本食の回数が減ったわけです。

今回たまたま訪れたLangosteria Bistrot(ランゴステリア ビストロ)もこれからの日本食を更に減らしてしまうであろう恐ろしいポテンシャルを持ったお店でして、アクセスがちょっと不便なところにある、ビストロと冠しているのにちょっとお高い・・・以外は本当に素敵なお店でした。

本店は言わずと知れたミラノ一(いち)の名店?Langosteria(ランゴステリア)。
グーグルマップでもおススメ度100%・贅沢と記されている行きたくても行けないお店。
そちらのビストロ形態が数年前にオープンし、機会があれば伺いたいなと思っていたところ、今回縁あっての初来訪です。

ちなみにこちらもおススメ度100%・贅沢と記されています。
ビストロなのに高級?
一般的には

「ビストロ=気軽に利用できる小レストラン、居酒屋」

とのことなので、そこにLangosteria流のクリエーションがプラスされ、この評価なんでしょう・・・。

という事で、イタリアではちょっと珍しい、ビストロだけにアミューズからスタートです(オーダーしていません、自動的に出てきました)↓

これからの食事の為に舌をウォーミングアップすべく、ちょっと酸味の効いたソースと生のエビ。
普通ですと軽く流してしまいかねないですが、この時点で「ウマッ!?」です。

牡蠣やエビ、貝類の盛り合わせ。
イタリアではあまり食べないタイプの盛り合わせですが、非常に美味しいです。
特に牡蠣とツボ貝(みたいなの)、過去のイタリアでは一番かもしれません・・・。

ちなみにこれで一人前・・・汗。
スタッフの方は「シェアするには少ないよ・・・」と仰っていましたが、私たちは4人で分けて十分な量でした。

ビストロですが、イタリアなのでパスタがメインでした。

エビとトマトソースのパッケリ(大きな筒状のパスタ)。
レモンのパスタで痺れている私も、これには圧倒されました・・・。
意外とありがちなタイプの味ですが、その最高峰?な感じ。
とても洗練されています。

デザートも妙に洒落た感じでした。
バイヤーの岩佐がオーダーしていたフルーツのシャーベットが当たりだった様子。

という事で、ビストロといえるかどうかは別にして、文句なしに凄いお店でした。
もし許されるならば、夜も伺ってみたいです・・・。




mando(マンド)のサイケデリックなベスト
やっぱり私はベストに目がない様子です・・・汗 29,700円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W De Petrillo(デ ペトリロ)

オンライン担当の西出です。

De Petrillo(デ ペトリロ)の2020F/Wシーズンテーマは↓

『IL BOSCO AL TRAMONTO(夕焼けの森)』

色付いた木々の葉や差し込む光、落ち着いた森林のグリーンや影がコレクションの中で表現されていて、非常にロマンチックな雰囲気になっています。
あくまでもイタリアらしい色っぽさがあるのがDe Petrilloの魅力でして、英国的なカントリー感やフォレスト感といったオーセンティックトラディショナルな雰囲気ではなく、モダンさとニュージェネレーションへのアプローチが上手く整っているように思います。

ラックも色別に提案されていて、非常に見やすくわかりやすいプレゼンテーションです。
どのブランドもキーカラーにグリーンを取り入れていまして、De Petrilloでももちろん提案。

しかしながらこのグリーン、カーキグリーンやオリーブグリーン、ミリタリーグリーンなどいろいろありますが、結構難しい色でして、ぱっと見は凄く恰好良いんですが、セールス的に今一つ・・・となりやすい色合い。
オリーブ大好き宮もっちゃんくらいの熱い情熱がないと、なかなか難易度が高いんです。

ポイントとして提案するのはアリだと思うので、その塩梅が非常に難しい所ですね。

モノトーン系はかなり好評だったようで、2020F/Wも継続して展開。
これからの流れとしては絶対に外せない、でもそろそろ反動で色のある物が着たい・・・、どこまで踏み込むのか難しい局面になってきました。

実際、モノトーンのワントーンコーディネートというスタイルから一歩進み、モノトーン+1カラー、例えばイエローであったりレッドであったり、もしくはグリーンであったりという色を加えたスタイルが散見されるようになってきました。

そういったスタイルのスタンダードなコーディネートは、モノトーンのジャケットまたはスーツに、インナーのニットで色を効かせるというテクニック。
そう考えると、まだまだ重衣料のモノトーンは健在な気もします。

新型のジャケットやコートもディスプレイされています。

ゴージラインを低めに、角度を付けハンドステッチを施したモデルや、ダブルのラグランコート。

凄~く素敵だと思いますが、一旦検討です。




FERRANTE(フェランテ)のスエードコインローファー ISEOイセオ
なんだかんだで結局コレ!!ということで、非常に多くのリピーターを抱えるモンスタースリッポンは50,600円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W Joshua Ellis(ジョシュア エリス)

オンライン担当の西出です。

Joshua Ellis(ジョシュア エリス)
恐らく今カシミアストールやマフラーのチェックパターンが世界一美しいと思われる、イギリスの老舗ファブリックメーカーです。

ちなみに私たちがジャケットやコートの仕入れをしている際たまにJoshua Ellisの生地を見かけるんですが、その全てが超高級生地という筋金入りのラグジュアリーメーカーでして、その中でカシミアストールやマフラーを展開しています。

カシミアストールとしてはまだそこまで知名度が高いわけではないですが、テキスタイルを古くから作ってきた技術力で柄を美しく浮き上がらせるテクニックは他の追随を許さないクオリティ。
その仕上げ能力が高いからこそ、発色の美しさや柄組みの斬新さが活きているんだと思います。

という事で今回も素晴らしいコレクションでした。

パターンデザイナーである山口氏のクリエイティビティが今シーズンもいかんなく発揮されているコレクションでして、お得意の美し発色からちょっとスモーキーでフェード感のある発色までズラリとラインナップ。

今回も作られた柄一つ一つのバックグラウンドやストーリー、コーディネートイメージなどを丁寧に説明して頂きましたが、心に特に残った言葉としては、

「ブラックは今やクラシックな色になっている」
「逆にブラウンなどがモードな色になっている」

ということ。
確かに私たちのスタイルはクラシックがベースになっていて、ブラックは本来モードなイメージ。
それが今モノトーン旋風が巻き起こっているわけですから、こういった解釈になるのも自然なことなんでしょう。

山口氏は本当に様々なブランドのコレクションを確認し、更にファッションインスタグラマーの色合わせなども研究されています。
説明を受けている間にも有名ブランドの名前やコレクションでの色使いのサンプルなどがどんどん飛び出すわけですが、Joshua Ellisではそれが全て統一された世界観の中で表現されていて、いつも本当に素晴らしいなと思うわけです。

という事で、バイヤー陣のピックアップもいつもの通り多岐にわたります。
柄全て取ってるんじゃなかろうか・・・というくらい、たくさんセレクト。

ピックアップはやはりブランドの素晴らしさがストレートに表現されている大判タイプが中心。
ツィードタッチを意識した物や、小判の物、ビジネス対応の物もいくつかチョイスしています。

これ、気になりますよね・・・。
私も凄く気になりましたが、ちょっと配色がマニアック過ぎて売れにくいかも・・・汗

よ~く見ると、シェパードチェックとハウンドトゥースがミックスされています。
テクニカルです・・・。




mando(マンド)のウォッシュドポリエステルライダースブルゾン
ハードさ控えめ、シャツ感覚で着られる軽やかでモダンなモデルは53,900円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W il micio(イル ミーチョ)

オンライン担当の西出です。

取り扱いをスタートしてまだ数シーズンですが、gujiでも不動の人気ブランドとなった感のあるil micio(イル ミーチョ)、2020F/Wシーズンもよりパワーアップしているような気がします。

2020S/Sシーズンよりスタートした(そろそろ入荷してくるかな?)シボ革のトートバッグ、良いですよね。
↑は20F/Wニューモデルのオールブラックバージン。
S/Sモデルはコバが色付きだったので、よりモノトーン色を強く、クールなイメージに仕上がっています。

縦長トートも良い感じ。

相変わらず人気のサコッシュ調のミニショルダーも、il micioにかかると凄くエレガントに。

手に持つとこんな感じ。
サイズ感も丁度良く、実によく考えられています。
物凄く上品な雰囲気で、デニムで持ってもスマートな雰囲気を漂わせてくれるんです。
もちろんビジネスにも十分使用できるエレガンスがある・・・。
大ヒットの予感がプンプンします・・・。

定番のBOHOポーチにはこんなミックスタイプも。
弊店ではベーシックな単色使いのモデルをオーダーしています。




SIVIGLIA(シヴィリア)のヴィンテージウォッシュスリムテーパードストレッチデニム
ブラック系のデニム、猛烈な勢いでシェアを獲得しています。34,100円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W HERNO(ヘルノ)

オンライン担当の西出です。

今回の出張で最もバイヤー陣が絶賛していたのが、何を隠そうこのHERNO(ヘルノ)。
今まではPittiメイン館2階の広いスペースで展開されていましたが、今回はメイン館を出て、独立したブースで展開されていました↓

ヨーロッパではどのブランドも当たり前に取り組んでいる“サステナブル”、もちろんHERNOも提案がありましたが、それよりもベーシックなライン、そしてお馴染みLaminarラインが素晴らしく、バイヤー一同

「これは来たな・・・!!」

と。

ということで、ミラノのショールームでしっかりと吟味し、試着を繰り返しピックアップを済ませてきました↓

毎度思いますが、訪れる度に圧倒的なサンプル量に驚かされます。
全て確認し、気になる物に袖を通してシルエットやデザインを確認するのも一苦労・・・。

しかも、こちらの部屋は通常のHERNOラインのみ。
もう一つの基幹ラインであるLaminarは更に別の部屋になります。

この時ばかりは姉妹店バイヤー宮本も圧倒されているのか、真剣な表情に。

クリ坊こと代表田野もここが気合の入れ時ということなのか、いろいろ試着。
guji、ringチーム合わせて6人で訪れていますので、各々で試着を繰り返し、雰囲気を確かめます。

バイヤー岩佐はPittiの展示の時からマークしていたアイテムを中心に再チェック。

入念です。

ということで、それなりの数をピックアップ。
プレコレクションでもハイブリッド系やカシミア系をオーダーしていますので、帰国後に予算を気にしつつ数を決定します。

2019年F/Wシーズンは暖冬の影響からか、どのブランドもダウンアウターの動きが鈍かったといいます。
私たちはそこまで多くダウンブランドを取り扱っていないので何とも言えませんが、ダウンメインに商品をラインナップしておられたショップさんやブランドさんはまぁまぁ苦戦されていたとか・・・。

2020年は寒くなってくれると嬉しいな・・・と思いますが、ここ最近の異常気象を考えるとただ過ごしているだけでは暖冬必至。
こういったところからも、サステナビリティの重要さが感じ取られます。





MARNI(マルニ)のナイロンバイカラージップアップフーディ
定番のナイロンフィーディー、相変わらず色のチョイスが抜群です。94,600円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W ORBIUM(オルビウム)

オンライン担当の西出です。

昨シーズンからPittiにブースを構えているという噂のORBIUM(オルビウム)、私は前回は不参加、今回は実質1日のみの参戦という事で、実際のブースを拝見することは叶わなかったわけですが、Milanoではショールームを構えてじっくりと提案してくださいますので、実はその時のほうが見やすいのかな・・・とも思っています。

大人の男がゆったり広がって立っていても、ゆとりのあるスペース。
場所はポルタロマーナ付近、ショールームがたくさん集まっている地区で、MARNIやPT TORINOなんかもご近所です。

ここではデザイナーの中込氏からニューモデルの説明や、生地に関するこだわり、そして表話から裏話までいろいろ伺うことができます。

こういったマニアックなブランドは普段はバイヤーのセンスに任せるクリ坊こと代表田野も、いつになく真剣に話を聞いているような気がします・・・。

バイヤー岩佐がブランドを代表するモデルである“アトリエジャケット”を試着しているのも、鋭い目で見ています。

ちなみにこのアトリエジャケット、私も初回のシーズンに購入していまして、とにかく気に入っています。
ジャストではなく敢えてワンサイズ上の50を着用しているので程良くゆとりがあるんですが、ダブルフェイス生地にしたので軽やかで、今の気分に合っているんですね。

もちろんイタリアにも持っていきました。

中込氏が身に纏っているのはニューモデル。
ラグランスリーブ、襟と袖裏をベルベットに切り替え、ウエストはベルト付き。

背後に映るクリ坊、険しい表情です・・・。
というのも、きっとこの時にパーソナルオーダーをするかどうか検討していたんでしょう。

結果、オーダー。
当然私もオーダー。ORBIUM2着目です。

gujiとしては今のところアトリエジャケットのみ展開予定ですが、クリ坊、そして私がパーソナルオーダーをしたニューモデルも凄く素敵でしてたので、気になる方はバイヤー陣にお問い合わせ頂ければと思います。




MARNI(マルニ)のPVCトートバッグ
このイージーな雰囲気、そして配色センスの良さが凄くMARNIらしい39,600円。グッドプライスです。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

イタリア出張中のタクシー術

オンライン担当の西出です。

フライト間のトランジット、待ち時間が長いとすることがないですよね・・・。
ラウンジに入れればいいですが、入れないと本当にヒマ。

そんな時一番の時間潰しになるのがテキストを書くことでして、実は一昨日、昨日のブログも待ち時間中に書きました。30分や1時間くらいならブログを書くだけで潰せますので、こういう時はブログを書いていて良かったなぁと思います。

ということで本題。

今回の出張、帰国のフライトが早朝6:25ということで、5時前にはリナーテ空港に着いておきたい、逆算すると4:30にはホテルを出たい。
シャトルバスは5:30からしか運行していないし、ホテルの空港シャトルサービスはえらく高い。
ということで手段はタクシー一択。

ホテルのフロントでお願いして、早朝ということでまったくタクシーが来なかったらどうしよう・・・という不安があったので、初めて配車アプリを使い、事前に予約しておくことにしました。

使ったアプリはこちら↓

“FREE NOW”というアプリでして、調べたところ、基本的にはUberみたいな感じとのこと。
位置情報でピックアップ場所、目的地を設定。
ある程度の予想価格が表示され、クルマの大きさも指定できます。

私一人の移動だったので最も小さいセダンタイプをチョイス。

このFREE NOW、Uberとの違いは全てのクルマがタクシーということらしいです。
Uberは個人で契約しているので、会社という社会的責任を伴ったフィルターがなく、たまにトラブルがあるとかないとか・・・。
私は使っていてトラブルになったことはないですが、調べているとそういった話もネットには散見されます。

その他は基本的には同じ。
クレジットカード、又はApple Payなどを決済手段として登録し、到着後アプリ内で決済、チップも0〜20%まで自分で選べ、後ほどドライバーを評価。

キャッシュが必要ありませんので、最小限の両替で済むのがいいですね。

早朝4:30の予約でも、数分前にキッチリ到着していました。

あと、なんといってもこちらでは流しのタクシーというのが基本的には存在せず、無理やり止める、もしくはタクシー乗り場から乗らないといけないところ、このアプリですとGPSで乗車位置を指定できるのがありがたい。

今回はホテルから空港までに使いましたが、急ぎのアポイントの時など便利かもしれません。
Uberの便利さを知る方ですと、入れておいて損のないアプリではないでしょうか。

それにしても、ますます積極的に情報収集しつつ、スマートフォンを使いこなさないと利便性を享受できない時代になってきました・・・汗

モバイルバッテリーが売れるわけですね。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ミラノ一、いえ世界一のパスタがここにある・・・だけではなかった!!

オンライン担当の西出です。

私たちgujiスタッフ、特に私が愛してやまないのがミラノにある“ラッテリア”なんですが、今まで何度も通ってきた中で見逃していた至高の一皿を今回発見することができました。

何を食べても美味しいということで、今回は少ししっかり目に前菜を。

お馴染みプンタレッレ、ボッタルガのサラダ、サラミ。
このサラミ、絶品です。

レモンのパスタ。
ここのスペシャリテであるこの一皿をサラッと流してしまうくらいには通うことができました。

ちなみに、今回もかなり唐辛子辛め。
味を変えてきたのか、今の唐辛子が辛いのかわかりませんが、数日前に伺った時と同じくらいの辛さだったので、辛みの付け方、バランスを変えたのかもしれません・・・。

個人的には以前の味が好みです。

新たに発見した奇跡の一皿。

いわゆる“ロールキャベツ”なんですが、中には肉ではなく、卵が包まれています。

この卵、どうやって包んだのかわかりませんがとにかくジューシーで美味しく、全くパサっとせず、なんなら微妙に柔らかくもあります。
茹でた後に焼いていると思うんですが、今まで食べたことのない味。

その場にいた全員が感動していました。
これがレギュラーメニューですと、絶対に毎回オーダーするレベルです。

茄子の肉詰め。
もちろん最高に美味しいんですが、ロールキャベツの衝撃に敵うわけもなく・・・。
M-1も食事も、順番は凄く重要ですね。

世界最高品質の目玉焼き&ボッタルガふりかけ。
油断してシルバープレートを素手で触ってしまい、猛烈に熱かったです 汗

今回はドルチェも少し。
この辺りはお好みですね。
私は食事でかなり満腹になってしまったので、今回はパスです。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

私のミラノのホテル術

オンライン担当の西出です。

今回はミラノで泊まったホテルについて。

ミラノでは、gujiスタッフの定宿はチェントラーレ駅にほど近い“ホテル コロンビア”なんですが、私は「色々なところに泊まりたい、でもgujiチームと移動するのでそんなに遠くはない」というホテルを転々としています。

で、今回泊まったのは同じチェントラーレ駅近くの“スパイス ホテル”。


(オフィシャルより拝借)

駅を出て徒歩3分くらいの立地。
非常に便利です。

開業は最近で、まだオープンして数年くらいでしょうか、設備も非常に綺麗で無駄がなく、ビジネスホテルとして使うには結構良さそうな気がします。

ヨーロッパのホテルらしい古き良き趣は皆無でモダンぶった内装が気になるところではありますが、寝に帰るだけですし、Wi-Fiも文句無しに早いので、過ごしやすいです。

ベッドサイドにはコンセントが2基。

チェックアウト前に慌てて撮影したのでシーツがクシャッとなっているのは申し訳ないところですが・・・汗

クラシックホテルですとなかなか使いやすいところにコンセントがありませんので、ガジェットが多く毎日多くの機器を充電する私にとって、この仕様は凄く助かります。

100均で購入した3口タップを使うことで6機器同時に充電することが可能。

それにしても最近の電化製品はそもそもインターナショナルな規格なので、変圧器を使わなくてもコンセントのプラグ変換器を使うだけで充電できるものが多くなっています。

あの重い変圧器を持たなくてもよいというのは素晴らしいことですね。

シャワーの水圧も重要。
こちらはバスタブこそないですが、天井シャワー&ハンドシャワーの二刀流。

頭を洗うときに、真上からシャワーが浴びられるのはかなり気持ち良い体験です。
お湯になるまで隅っこで避けておかないといけないですが・・・汗

で、肝心の水圧は比較的新しいホテルだからか、全くストレス無し。
チョロチョロしない、急に水にならない、排水口が詰まって水が流れないということがない。
普通のことかもしれませんが、イタリアではこれがなかなかないんです。
なので、風呂タイムを重視する私にとってかなり好印象なポイントでした。

朝食は撮影を忘れてしまいましたが、ベーシックどころがきっちり押さえられています。

スクランブルエッグ、チーズ、ハム、ソーセージ、カリカリベーコン、昨年話題になったコーンフレークやないかい、フルーツ、ヨーグルト、デザート。
完璧です。

ということで、今回は非常に満足度の高い滞在となりました。
価格もこなれているので、次回も価格次第ではこちらでもいいかな・・・というクオリティでした。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

本日帰国します

オンライン担当の西出です。

長かったようで短かった出張も終わり、本日帰国の途に着きます。
到着が1日遅れ、フィレンツェの滞在があっという間に終わったことで今回はかなり短く感じられました。

Pittiでは2日目、私たち的には初日はアポイントを取らず、自由に館内を巡って新しいブランドや新しい動向を探る時間に充てるんですが、それに参加していないのでPittiの雰囲気はあまり掴めず・・・だったんですが、大幅にオーダーを増やそうかなというブランドもありました。

最終日もいつもの感じとは違い、ペルージャのファクトリー探訪に参加したのでPittiは訪れず・・・という、結果1日しか見ていないということに。
でも、実際それで十分なのかも・・・という気がしないでは無い、いやいや、しっかり見た上で空気を感じ、新しい提案に活かしていかないといけないですよね・・・。

次回の出張はまた違うブランドのファクトリーを訪れたいですし、久しぶりにパリにも行きたいな・・・、むしろ、行かないといけないな・・・と思った出張でした。

今従来のクラシコスタイルにそれほど元気がなく、ストリートミックスやカジュアルミックス的なスタイルがフォーカスされています。
とはいえそれは必然だと思いますし、極端な変化は嫌っても、じわじわ、少しずつの変化がないと水が濁るように業界も停滞してしまいます。

私たちがどれだけ業界の水を綺麗に保てるよう尽力できるかわかりませんが、オリジナリティのある提案で、皆さんを飽きさせないように努めていきたいと思います。

ということで、フライトはなんと早朝6:25。
リナーテ空港はかなりコンパクトなので時間はあまりかからないですが、とはいえ5時前には着いて、手続きをしました。

ということで、余韻もほどほどにトランジット×2回のロングフライト開始です。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
上に戻る