21_21 DESIGN SIGHT

オンライン担当の西出です。

せっかく東京出張に来ましたし、いつものバイイング同行に比べ多少スケジュールに余裕がある・・・ということで、ちょっと足を延ばしてこちらに来てみました。

21_21 DESIGN SIGHT

弊社のWEBデザイナーが一度来てみたいと言っていたので、せっかくなので。場所は東京ミッドタウン内、「ミッドタウン・ガーデン」の一角にあります。
ちなみに弊社guji東京店、ring東京店から徒歩圏内。こちらに来られた際は是非gujiグループもご愛顧くださいね・・・汗

早速中に入ってみると、いきなりのお土産コーナー。
商魂たくましいのかどうかわかりませんが、センスの良いデザインのお土産にテンションは上がります。

展示を見て外に出る前にもここを通るので、欲しいものに目星をつけて、いよいよ展示にむかいます。
ちなみに私は、コンクリート打ちっ放しのテクスチャーがプリントされたハンカチを購入。
こちらが安藤忠雄さんの建築とあって、アイコニックなアイテムをチョイスしました。

展示会場へ進む階段の途中から、すでに始まっています。

今回のテーマは「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」ということなので、難しく考えず、ある意味適当に、良い意味で適当に流していきます。

一番ビクッとしたのはこれでしょうか・・・汗。
壁に展示されたものを順番に見ながら進んでいて、ふと左をみると何かが立っている・・・。
直立不動でこちらを射抜くように見続ける姿にちょっと震えました。
ちなみにこちらの人形のモチーフは今回の企画展のディレクターである浅葉克己氏本人、卓球六段。

予想通りの圧倒的な得点力不足&12球団随一の投手陣という開幕前の評判を見事に覆し炎上している阪神タイガースを予見していたような、まさに火ダルマ状態の真紅の虎。

今回の企画展のメインビジュアルになっている花瓶とメガネのコラボレーション。

柔らかそうですが、硬いです。

ワイヤーで作られた豚。
影も含めての作品です。

卓球に関するような、関しないようなコラムがずらり。

指。

卓球のラケットとピンポン球。
横に卓球台がありまして、自由に卓球を楽しむことができるようになっています。
ラケットの置き方もアーティスティック。

と思ったら、サボテンを模して配置されているようでした。



今日の気になる↓


mey story(マイ ストーリー)の半袖スウェット
ここまでクリーンで上品、上質なスウェットは見たことがありません。スムースタッチが心地良すぎる27,000円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

東京へ

オンライン担当の西出です。

本日は急遽決まった東京出張。
内容はバイイングではなく、取引先様のホームページを弊社で作ることになったので、そのヒアリングの為に伺います。

という事で今新幹線の車内。
私は毎度EX予約の早得グリーン車で東京に行く時間を非常に楽しみにしているんですが、月曜日の朝は混んでいます・・・汗。
しかもちょっとダイヤが変わっているのかな?いつも6:57新大阪発ののぞみに乗っているんですが、どう調べてもない・・・ということで一本早い6:50をチョイス・・・したいところでしたがこちら満席(早得では)。
結果、さらに一本早い6:47に乗ることになりました。

まぁ到着してからコーヒーでも飲んでちょっと休憩すればあっという間の時間。
良い仕事が出来るようがんばります。

今日は靄で富士山がまったく見えず。



今日の気になる↓


andrea’s1947(アンドレアズ ディチャノーヴェクアランタセッテ)のストール
以前も気になるで紹介したような気がしないではないですが、今時期ハイゲージニットにサラッと合わせたいところ。35,640円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

旅行に着て行きたいセットアップ

オンライン担当の西出です。

最近かなり暖かくなって、気温も安定してきました。
もうすぐ夢の10連休?という方もいらっしゃるゴールデンウィークが始まりますし、行楽シーズンが本格的にスタート。

新婚旅行とスタッフの結婚式の計二回訪れたことのあるハワイ、また行きたいです。
最近はLCCも就航し、ハイシーズンでも往復10万を切る価格となりました。
ちょっと座席が狭いのを我慢するのと、チェックインの窓口が激込みでかなり並ばないといけないことを考慮してもプライスメリットは十分。片道8~9時間くらいですと、まぁ我慢できるラインかなと思います。

ということで、これからの季節活躍する事間違いなしなアイテムを少しご紹介しようかと思います。
オーバーミドルのスタイルは上品さが命・・・ということで、カジュアル使いが出来るセットアップを集めてみました。

まずは私も昨年購入したTAGLIATORE(タリアトーレ)のセットアップ
ストレッチが効いていてストレスフリーですし、シアサッカーなので通気性も抜群。インナーをニットやカットソーにすればカジュアルに着られ、タイドアップするとビジネスにも使える優れもの。
飛行機も何のその!!ですし、これさえあれば夏は怖くありません。

こちらはGiannetto(ジャンネット)のセットアップ
同じくシアサッカーですが、パリッとしたタッチでこちらの方がコットン感が強く出ています。
コロニアルな雰囲気の中に抜け感と色気があるバランスはGiannettoならではかと思います。

バイヤー岩佐も購入済のBARENA(バレナ)のセットアップ。岩佐はブラックを購入。
リネン素材で非常に通気性が高く、シルエットもモダン。リネン特有のクタッとしたタッチと着こむごとに入ってくる柔らかな皴感がかなり良い感じ。
軽めのスニーカーやグルカ系のシューズ、ライトなスリッポンで合わせたいセットアップです。

THE GIGI(ザ ジジ)のセットアップ。こちらはラスト42サイズのみとなりました。
ブラックのセットアップスタイルですが、重くなり過ぎずカジュアルに着られるナイスバランスで、THE GIGIが打ち出すストリートスタイルとのミックスに具合良しかと。ブランド設立当初の凝りに凝ったファブリックも良かったですが、今の気分はこんなシンプルなスタイルでTHE GIGIらしい空気感が加わったタイプですね。

mando(マンドー)のセットアップ
よりカジュアル感が強いスタイルで、特にパンツのシルエットに特徴があります。
思い起こせば数年前からすでにこのパンツのシルエットを提案していたmando、あの時はかなり尖ったスタイルだったように思いますが、今では他のブランドでも近いシルエットが提案されていて、先見の名といいますか、センスの速さはさすがでした。
今でもそのセンスの良さから多くのファン(主に大人)を獲得しているブランドです。



という感じでおススメのセットアップをご紹介しました。
セットアップは実はスタイリングが超簡単で、雰囲気がキチッとして見えるのでおススメなんです。
最近はストレッチを効かせたり仕立てを軽くしたりとストレスフリーでクリーンなタイプも多く提案されていますので、是非お気に入りを見つけてくださいね。



オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

渡邊咖喱のスパイスとんかつカリー

オンライン担当の西出です。

このグルメ企画を始めてから料理の写真を撮るようになったんですが、以前は温かいうちに食べたらいいのに・・・と思っていました。せっかく最高の状態でサーブしてくれているのに、なぜすぐに食べないんだろうと。
でも、自分がするようになって人にはいろいろな事情があるんだな・・・と思うようになり、自らの見識の狭さに気付かされることになりました・・・。

ということで本日のお店は大阪の堂島と南船場に店を構える渡邊咖喱(ワタナベカリー)さん
あまり頻繁に伺うとカロリー過多になってしまいそうなのでたまにの来店にとどめていますが、私が太らない体なら週2~3回は通いたいお店です。

私が毎回オーダーするのがこの「スパイスとんかつカリー」でして、厚めでレアに揚げられたとんかつがとにかく絶品で、すこしシャバ目のルーを衣が吸収して凄く美味しいんです。

今まで何度もお伺いしていて他にも正直気になるメニューはあるんですが、椅子に座るとついつい「スパイスとんかつカリーで」と言ってしまうので、他のカレーは食べたことがありません・・・。

ちょっとピンクな感じで歯ごたえも柔らかく、パサつき感は皆無。
衣自体の味も絶妙で、カレー屋さんのとんかつとは思えないクオリティ。凄すぎです。

付け合わせ。
あっさり目のピクルス?とチャトニ。辛さに弱い方ですと、混ぜていくと味がマイルドになっていきます。
ルーにはパクチーが振りかけられ(なくすことも可)、絶妙なアクセントになっています。

辛さも中辛、辛口と選べますので、お好みで。



今日の気になる↓


mando(マンドー)のライダース
そろそろカットソーにライダースというシンプルスタイルが可能な気温になってきたという事で、程良いハードさがあるこれが気になっています。149,040円。
オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

gujiのレシピ 16

オンライン担当の西出です。

gujiのレシピ16、今回は春のビジネススタイルをご紹介。

RING JACKET(リングヂャケット)×gujiの定番コラボライン、こちらはウールシアサッカーのセットアップ。シルエットはRING JACKETのインラインモデルですが、スッキリとしたシルエットとモダンな雰囲気が素敵な一着です。
今年はなんといってもイエローを差し色にしたタイドアップスタイルがトピックスでして、ネイビーとのコンビネーションが良い感じかと。
サックスブルーコンビのクレリックシャツを合わせることで、爽やかさと統一感もプラスです。

こちらはBelvest(ベルベスト)のちょっと青みのあるスーツ
春はこれくらいの浅めの色合いも良いですよね。季節が変わったことをストレートに感じさせる爽やかさがあります。
細ピッチのペンシル系ストライプシャツにパネルストライプタイというストライプコンビのVゾーン。色味に統一感を持たせるとまとまりが生まれますが、春らしく緑系、今回はオリーブを加えました。
息吹的な何かがプラスされていて、爽やかさがより際立っているように思います。

ラストはISAIA(イザイア)
やや赤みのあるネイビー、茄子紺の様な感じの色合いでしょうか、なのでネクタイにベリー系を加えたストライプをチョイス。
色のトーンを近づけたり、つながりを持たせることでスタイリングは違和感なく整うようになりますね。
ボトムは柔らかなアイボリーを。ホワイトでも良いんですが、ちょっと色男感が強くなりすぎるかな・・・ということで、ほんのり優しさを感じさせる塩梅をチョイスしています。
ちょっとだけ色のニュアンスをずらしたりコントロールすると他の人とは違ったスタイルに見えるんです。



今日の気になる↓


991(ナインナインティワン/キューキューイチ)のコットンカシミアニット
ラベンダーの発色が特に素晴らしい34,560円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

CAMISIMO 進化中

オンライン担当の西出です。

弊社の京都松ヶ崎にありますスタッフ育成部門“guji laboratorio”で間借り営業をしている謎のショップ『CAMISIMO(裃:かみしも)』。

そもそもお客様だった代表の信田(のぶた)氏が一念発起してスタートしたショップでして、開業当初はネットのみでの販売でした。
アパレルの経験もなく、全くの異業種から飛び込んできた鋼の精神を持つ男なんですが、guji京都店で販売をしながらCAMISIMOを運営する二足の草鞋を経て、先日からguji laboratorioにて実店舗販売をスタートしました。

店内の一部・・・という感じのポップアップではなく、店内にgujiの商品と同じような感じで並んでいます。
そもそも取り扱っている商品も同じブランドの物が多く、混ぜてレイアウトしても違和感がなかったんです。

今シーズンからlaboratorioの商品ラインナップがgujiと同じものになり、laboratorioだけの取り扱いというブランドが無くなりましたので、モアヴァリエーション的に商品が見られるようになった新生laboratorio&CAMISOMO、なかなか見ごたえのあるショップになっていると思います。

サイトも随時更新し、見栄え的にも進化しているCAMOSIMO、これからにご期待くださいね。



今日の気になる↓


COVERT(コーベルト)の布帛カットソー
そろそろ気候的にもこんなのが気になります。シルエットが抜群に調子良しな20,520円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

新企画 近日公開予定 “田野しい(楽しい)ドレスクロージング”(仮)

オンライン担当の西出です。

今オンラインショッピングサイトでは定番企画として「SAITO STYLE」「齋藤道場」「気になる」「STAFF ROOM」の4企画があるんですが、スタッフが一人退職しましたので、さすがにSTAFF ROOMを三人でするのもな・・・という事で、別の企画を考えていました。

そんな時、店頭スタッフから「こんな企画をやってほしいんですけど・・・」的に意見をもらったのがドレスクロージング。
絶対にモテるビジネススタイルを標榜しているsalotto di gujiのスタイルやアイテムをもっとフィーチャーした企画が出来ればいいなと考えていたので、タイミングばっちり。

という事で近日公開です。

トップ画像はRING JACKET敏腕営業マンにしてインスタフォロワー1.6万人を誇る「Maidoookini」こと笹本氏。
弊社代表田野と同じ中学校の野球部仲間としても知られる御仁。

第一回目はそんな笹本氏にguji別注スーツについて語って頂きましたので、乞うご期待!!です。



今日の気になる↓


il micio(イル ミーチョ)のポーチ
いい感じのクラフト感と圧倒的クオリティのレザー、サイズ感も良い感じです。74,520円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

カタログ撮影しています

オンライン担当の西出です。

一昨日、昨日は振り返りでしたが、本日は撮りたてほやほやの画像・・・のモザイクバージョンです。

没ショットになると思いますが、雰囲気やニュアンスは近いのでちょっとぼかさせてもらいました。

今回はいつも着用撮影をしている京都のスタジオ・・・という名の小部屋での撮影。

恰好良く言うとフォトシューティング。

今回のカタログはこの夏一押しの『リネン』をフィーチャーしたスタイルをいくつか提案しています。

これを素材に弊社のWEBデザイナーがカタログへと仕上げていきます。

配布は5月に入ってからになると思いますので、是非ご期待くださいね。



今日の気になる↓


INCOTEX(インコテックス)のサルトリアーレ ウールカシミアパンツ
INCOTEXの本気を余すところなく体感することができる68,040円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19S/S シーズンカタログの撮影がスタートしましたので、過去のカタログを振り返ってみました その2

オンライン担当の西出です。

昨日の続きの過去のカタログ紹介を・・・。

登場しているスタッフも何となく若いですよね・・・汗。

こちらは表紙のみ南禅寺で撮影した物。中身はいろいろなところで撮影しました。

冬なので、アウタースタイルに特化したカタログ
だいたいお店の近所で撮影しました。

春の立ち上がり。なかなか爽やかな感じです。
こちらで2018年3月。

兵庫県の砥峰高原で撮影した壮大なカタログ
深夜出発、日の出前のロケハン、早朝撮影とかなりハードでした。
一番ハードだったのは寝ずの運転だった京都店店長齋藤だったという噂・・・。

このあたりくらいから、ロケに出ないと満足できない体に・・・。

こちらが最新のカタログ
洋館での撮影ですが、こちらは兵庫県にある旧グッゲンハイム邸で撮影しました。

前回の撮影で駐車場での過酷なブルーシート着替えを経験したメンズスタッフからは、「室内なので着替えしやすい」とのお言葉を頂きました。

・・・と駆け足で振り返ってきましたが、率直な感想は齋藤店長もWEBモデル猿渡も若かったな・・・と。
でも、歳を重ねてきて、よりリアルな感じになってきていると思うので、これからも過度な期待はせず、たま~にカタログがアップされていれば「またやってるな・・・」くらいで見守って頂ければと思います。



今日の気になる↓


JACOB COHEN(ヤコブ コーエン)の黒パン
今ブラックの細身を買うならやっぱりこれかな・・・な46,440円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19S/S シーズンカタログの撮影がスタートしましたので、過去のカタログを振り返ってみました その1

オンライン担当の西出です。

gujiグループではシーズンにカタログを1~2回発行していまして、春夏シーズンですと立ち上がりの2月下旬から3月上旬に一度、ゴールデンウィーク明けの5月上旬に二度目という感じで時期に合わせたものを発行しています。

ウェブカタログだけでもいいような・・・気もしないではないですが、昔ながらのアパレル業界で育ってきた私からすると、やっぱり紙に印刷されたものがあると、「ちゃんとした店やな・・・」と思ってしまうわけでして、ここ何年かは何とか続けることができています。

第一回目のカタログなんかはかなり簡単な感じでして、カタログではなくただのペラい紙?のようでした。

これは横長の一枚の紙を三つ折りにし、裏表で着用スタイリングと置き撮りを撮影したもの

ちなみに2015年の10月に配布したものでして、カタログを作り出してから第二回目です。
(一回目は特設サイトを作っていなかったので、WEBで見られるのは残っていませんでした・・・)

こちらは第三回目
WEBでは一つのコンテンツのようになっていますが、カタログの実物は一枚一枚の紙になっていて、それを紐で結んで束ねて配布しました。
束ねる作業はWEBスタッフでコツコツ手作業で行いましたので、スタッフからはかなりヒンシュクを買った手間のかかったものです。

こちらは全て置き撮りで作ったもの
結構大変でした。
綺麗に洋服を置いて撮影するって以外と難しいんです。皴なくちゃんとレイヤードさせるのって、大変なんですよ・・・。

京都で初のロケを敢行して撮影したカタログ

綺麗な紅葉ですが、撮影したのは8月上旬の真夏日・・・汗。
弊社のWEBデザイナーが緑々しい葉っぱを見事紅く染め上げてくれました。

物に特化したカタログ

物寄りのカタログという事で、物量の多さが命・・・ということで、こちらも撮影が結構大変でした。

guji大阪店がリニューアルして大幅増床しましたので、その店内のお披露目という事もあり、店内撮影したカタログ
ちなみにこれで2年前です。

新規取り扱いをスタートしたブランドをフィーチャーしたカタログ

大阪店の店長畑中が登場した結構レアなカタログです。

まだ2年分ありますので、ご紹介は明日のブログにも続きます・・・。



今日の気になる↓


Cisei(シセイ/チセイ)のシュリンクレザードローストリングポーチ
ユニセックスで使えてしまう上品さがある49,680円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
上に戻る