カシミアフェア@gujiTOKYO
GranSasso(グランサッソ)

オンライン担当の西出です。

現在guji東京店では“カシミア”をフィーチャーしたフェアを行っています。

先日のブログでいかにカシミアにこだわったセレクトを行っているか、さらりとご説明しましたが、最もデイリーなニットウェアという位置づけであるGranSasso(グランサッソ)では実はカシミアをセレクトしていませんでした・・・謝
これだけカシミアカシミア言っておきながらこっそりスルーしているという神をも欺く行為・・・汗

実際カシミアにこだわっているといいながら、アウターやジャケットばかりで肝心のニットが無いやん・・・、口だけか・・・という感じかもしれませんが、ベーシックなタイプは今シーズンはLAMBERTO LOSANI(ランベルト ロザーニ)Drumohr(ドゥルモア)で行きましょう・・・となり 汗

とはいえ、やっぱりGranSassoも欲しいよね・・・となり、期間限定ですが輸入代理店さんのご厚意もありご用意することが出来ました。

その他にも、最近ウェブにアップするや否や完売した柄もあるJoshua Ellis(ジョシュア エリス)や、もうすぐアップする予定のBEGG(ベグ)のguji限定ブラックウォッチ(これはまた後程、別ポストで詳しく説明します)など、良い感じに冬を越えられるアイテムがずらりと揃っていますので、是非guji東京店に足を運んでいただければと思います。

ちなみに私、今年は超大物の購入を2つする予定。
その一つはカシミアのコートなんですが、それもまた別の機会に。



今日の気になる↓

Joshua Ellis(ジョシュア エリス)のカシミアウインドーペーン大判ストール
早くも完売間近な62,700円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

このブログも本格的に動画を始めます・・・!?いえいえ、ちょっとした嗜み程度に・・・汗
GoPro『HERO8 Black』

オンライン担当の西出です。

ここ最近デジカメを購入するかどうか、凄く悩んでいたんですよね・・・。
以前こちらで書いたコレとか・・・。

堅牢なボディとコンパクトなサイズ感、そして画質の良さ。
展示会に行ったときや海外出張など、荷物をかさばらせることなくサッと取り出せて使えるって素晴らしいですよね。

でも、それだと携帯でいいよね・・・、新しいiPhoneも出たし、カメラ性能えげつないともっぱらの評判やし、どうしよう?
でも携帯は今ので機能的に全く不自由がないし、10万越えてるし・・・と思いつつ時は流れていましたが、遂に購入しました。

アクションカメラの雄GoProの『HERO8 Black』です
SONYのRX0 IIと比較すると、静止画性能はRX0 II、動画性能・手振れ補正はHERO8に軍配が上がるとのこと。
堅牢性はRX0 II、アクセサリを使った拡張性はHERO8かな・・・と。
価格はHERO8がややお求めやすい。

ずっと動画コンテンツをどうするか考えていた私は、とりあえずこのブログでいろいろ試してみたいなと思っていたので、動画性能と拡張性を考慮して、HERO8の購入に踏み切ったわけです。

今回はそんなHERO8が届きましたので、開封してみたいと思います。

初めに断っておきますが、今回は開封しただけです。
特に撮影したわけでもないですし、この性能が素晴らしいというような機能面には一切言及していません・・・。
内容的にはかなり中途半端ですが、やっぱり新しい電化製品が届くと嬉しいですよね??
そうです、ただ嬉しいから書いているだけなんです・・・汗

現物がアクリルケースに入って外から見えるデザインのパッケージ。
高級感よりも、躍動感があるデザインでしょうか。
その辺りも一般的なデジカメとは違う、アクションカメラならではのパッケージングなのかもしれません・・・。

高級な箱ではなく、まるでお菓子の箱をあけるかのような、切り取りテープ。
青い所を引っ張ると開きます。

この綺麗に取り切れない感じ・・・汗。
高級感とは無縁・・・。
そのかわり、お気に入りのお菓子を買って、家に持ち帰ってすぐに開封するような、昔懐かしのワクワク感が湧き上がってきているような、そうでないような・・・汗

上げ底スタイルです。
箱もいたって普通の質感。

台座が付いています。
調べたところ新作になったことで、様々なアクセサリを直接装着することが出来るようになった?とのこと。
以前は本体にケースを装着し、そこにマウントが付いていたんですが、今回は本体にマウントが備わっています。
コンパクトです。
充電も、ケースを付けていると外さないといけなかったらしく、これはバッテリーカバーを開くとすぐにアクセス可能。

外してみます。
ネジなので簡単に外れます。
でも・・・↓

写真がちょっとぶれてしまいましたが、まずは「マウントごと外してね」の説明が。
先走って分解してしまいました 汗

内容物一覧。
極めて一般的ですね。
バッテリー、充電コード、アクションカメラなのでヘルメットなどに装着できるベースマウント、説明書、ステッカー。

ちなみに私、実は届いてびっくりしたのがサイズの小ささでした。
今までそのコンパクト性には敢えて触れませんでしたが、最初に箱を開けた時はモックアップかな?と思ったくらい。

どれくらい小さいかというと、お馴染みミンティアと比べてみると↓

これです。
もちろん厚みは全く違いますし、スリムなパンツのポケットに入れると完全にこんもりしてしまいますが、それでも「入ってしまう」というのが凄いですよね。
アクションカメラとか最近のコンパクトデジカメに詳しい方からすると「何をいまさら・・・」なことかもしれませんが、普段思い一眼レフで撮影をしている身からすると、とにかく小さくて心許ない 汗

純粋に落としそう・・・。
酔っぱらってなくしそう・・・。

という事は、出張時に飲み過ぎてはいけないという事になります。
これは不幸中の幸いか・・・。

水深10mまで完全防水という事で、バッテリーや端子部分はしっかりカバーされています。
固くて開けにくいんですが、これは仕方のないことですね。

で、カメラの指示に従ってアプリをダウンロードし、ペアリングしてちょっと使ってみよう・・・と思っていたところ、カメラのバッテリー切れ。
どうやらバッテリーがしっかり充電されていないとカメラからのwifiが正常に飛ばないらしく、上手く接続できませんでした。

というところで、今日はここまでです。

ちなみに、私は日本公式から購入したんですが、現在公式では「発売時期未定(予約受付中)」となっていました。
何かあったんでしょうか?
人気だからなのか、製品のトラブルなのか・・・。

続報が気になります。



今日の気になる↓

NUMBER M(ナンバー エム)のフリーストラックパンツ
肌触り最高で、アウトドア感が控えめなモダン仕様が30,800円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

いい加減しつこいですか??
B.R.CHANNEL×LATORRE(ラトーレ)・・・

オンライン担当の西出です。

圧倒的な登場回数で準レギュラーの地位をほしいままにする男“クリ坊”。
B.R.CHANNELアシスタントMCの寺田さんが命名してくれた、「目がクリっとしているから」という由来を持つニックネームですが、その時の話の流れでは、「僕ちょっと髪型クセ毛でして、それがコンプレックスなんですよね・・・」みたいな感じだったと思いますので、その“クリ”は目なのか髪なのか、真相は闇の中・・・。

とはいえここまで何度も登場させて頂いていますので、そのあだ名も普通の物として定着してきました。
人間の適応力には本当に驚きますね。

ということで、昨日アップされたB.R.CHANNEL、またまたクリ坊が登場しています。
今回のトピックスは表題の通りLATORRE(ラトーレ)。
今シーズンより本格的に日本に上陸し、弊店でも早くも人気ブランド仲間入りか?という感じでセールスも好調なブランドです。

私が入社した10年ほど前にも少しの期間取り扱っていまして、その時は別の輸入代理店さんだったんですが、その後手が離れてお休みしていたブランドです。

今回輸入代理店として契約されたのが、gujiではANDREA FENZIJACOB COHEN、ringではMOORERGRENFELLを取り扱わせて頂いているコロネットさん。
大きな商社さんだけに、その力の入れようたるや恐ろしいほどでして、日本で絶対に成功させて見せるという気概をプンプン感じます。
私たちも物の良さは十分理解していますので、ファクトリーブランドとしてより成長していけるように、日本のマーケットの雰囲気やニーズをお伝えしながらお付き合いをしていきたいと思っています。

そんなブランドなので、クリ坊ひとりではちょっと心許ない・・・感じだったのか、エストネーションさんのバイヤーである中森さんも登場していました。

彼も良く出演していますよね、フレッシュで爽やかなイケメンです。

ということで、よろしければご覧になってくださいね↓

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

gujiのレシピ 25

オンライン担当の西出です。

台風も過ぎ去り、本格的に冬に備える季節になってきました。
ここ数年はダウン系のアウターが好みで、コートタイプにも薄っすら中綿が封入されたパデッドタイプ人気が高かったわけですが、今年はウール系のクラシカルなタイプが気になります。

カシミア、ベルテッド、ビッグシルエットなどいろいろとありますが、今回は中でもベーシックなタイプ、王道のシングルチェスターを用いたスタイルをご紹介。

TAGLIATORE(タリアトーレ)のカシミアコート、今季から別注モデルになりました。
アイテムの詳細はさておき、このスタイルは完全にモノトーンでまとめていて、主役は勿論グレー、そして差し色としてブラックを使用しています。
ポイントはネクタイもグレーにしているところでしょうか。小物の色をメインカラーと合わせると凄くまとまった見え方になりますね。

こちらもカシミア、LARDINI(ラルディーニ)です。
トープの様なブラウンの様な、グレイッシュは発色という事で、ダークトーンなグレースーツを合わせてスタイリングしています。
落ちついた上品な雰囲気が魅力のコートなので、カリッとシックなスタイルに合わせることでゴージャス感、リュクス感がより高まっていると思います。
ネクタイにはオリーブがミックスされたストライプを。アーシーな雰囲気を加味することで雰囲気がモダンにまとまっていると思います。

しつこくこちらもカシミアを。BARBA(バルバ)です。
イタリア人が大好きな“アズーロ エ マローネ”、ちょっとマローネ強めバージョンの王道スタイルなんですが、ポイントはブラックをミックスしていること。
チェックのマフラーがブラウンとネイビー、そしてブラックが合わさった配色になっていて、モノトーンが入ることでクールさが加味され、引き締まって見えるんですよね。
今年は特にモノトーンがトレンドですので、ブラックを上手く差し込むと洗練されて見えるはずです。



今日の気になる↓

Francesco Marino(フランチェスコ マリーノ)のソリッドタイ
良い意味でヘナヘナな感じ、凄く好みです。18,700円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

掃除機、買いました・・・

オンライン担当の西出です。

先日から検討していた掃除機、新たに購入するかヘッドだけ買い替えるか・・・と悩んでいたんですが、妻と相談した結果、新しいのを購入しよう!!となり、先日家に届きましたので早速開封を。

購入したのは勿論『Shark(シャーク)EVOFLEX』。
まあまあなサイズ感の箱。
通販で購入したので、外装の段ボールの中にパッケージの段ボールが隙間なく入っていて、取り出すのに一苦労でした・・・汗

小さな文字で書かれる「日本のためにボストンで開発」、みなぎる自信を感じる一文です。

コレですね。
左上の「日本・日本・日本」のコンセプト・・・。完全にロックオンされているわけですが、嬉しいのは静音、モーターヘッドの機能性、パイプが曲がるところでしょうか。

箱を開いてみると・・・
ここ最近のガジェットの隙間なく入れられた芸術的収納とは違う、アバウトでアメリカンな感じ。
もちろん計算されていると思いますが、apple製品に調教された私には隙だらけに見えてしまいました・・・汗

掃除機なので組み立て自体は非常に簡単です。
ただ、挿すだけ。

収納時はこんな感じ。
自立しますので、壁にセットせずともコンパクトに収納出来ます。
これはなかなか嬉しいコンセプト。
ゴミも見やすく捨てやすい感じですね。

で、使ってみた感想は・・・

まず、静か。
思っていたよりも静か。
ダイソンのあの「ギュオーーーーーン」という音に慣れていましたので、安心して家で使えます。

吸引力はまだそんなにわかりませんが、まぁ家の掃除くらいなので、十分なくらいかと。

ちょっと気になるのは重さ。
ダイソンもですが、片手で持つにはちょっと重いかな・・・と。でも、掃除機なんで軽いわけがないですよね。なので許容範囲内です。
使用している最中はモーターヘッドの回転による推進力?でスルスル進みますので、重さは感じません。

バッテリーの持ち、連続使用は何のストレスもありません。
コードレス掃除機特有の、掃除の最中に充電が切れてめちゃくちゃテンションが下がるという事態は避けることが出来そうです。
万が一切れてしまっても、予備のバッテリーが一つありますので、差し替えると問題ありません。
実に気の利いた配慮だと思います。

ということで、全体的には満足度の高いお買い物になりました。
もう少し使い込んで、何かあればまたここに記したいと思います。



今日の気になる↓

Belvest(ベルベスト)のダブルフェイスウールカシミアダブルコート
世界一エレガントなコートといえる、超軽やかなダブルフェイス一重仕立て。297,000円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ネクタイの結び目とポケットチーフのニュアンスにこだわる男

オンライン担当の西出です。

月一更新の企画「そうだスーツ、着よう。」、ここ最近弊社代表のクリ坊こと田野が執筆しているんですが、今月も終わったな・・・と思っていたらすぐ次の締め切りが来るという“連載あるある”にハマっている様子・・・。

「次何しよ??」みたいな感じで毎回テーマを決めるのに苦戦しているわけなんですが、よく考えるとまだスタートして5回くらい・・・汗
早くもネタ切れか・・・という感じですが、もう少し続けるとまた新しいテーマを思いついたり、内容がブラッシュアップされていくという良い方の“連載あるある”もありますので、今後に期待です。

11月から2020 F/Wシーズンの仕入れもスタートしますし、そうなるとまた新しいネタを仕入れることが出来ます。
1月のイタリア出張時もネタを仕入れることが出来ます。

飽きられず有用な、長期人気企画に育つことを切に願いつつ、18日アップの企画を撮影しました↓

今回は「クリ坊おススメのVゾーンコーディネート集」ということで、15パターンコーディネートを作りました。
一つ一つクリ坊がネクタイを結び、チーフを挿しています。

私が、「コーディネート組の写真をもらえると、トルソーに着せて撮影しておきますよ」といったんですが、クリ坊は「でも俺がネクタイ結びたいし、チーフも挿したいんよね」と殊勝なセリフを発しましたので、彼にお願いしました。

↑の画像は1枚目を着せ付けているシーンなんですが、このチーフを挿すのに10分近くかけていたように思います・・・
そんなクリ坊こだわりのVゾーン、是非ご覧になってくださいね。

アップは18日の金曜日になります。



今日の気になる↓

Francesco Marino(フランチェスコ マリーノ)のソリッドタイ
良い意味でヘナヘナな感じ、凄く好みです。18,700円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

大阪店店長畑中のGran Sassoモックネック術

オンライン担当の西出です。

昨日遅れて入荷してきた色を追加して6色のカラーバリエーションが揃ったGran Sasso(グランサッソ)のハイゲージモックネック、秋冬シーズンのスタイリングを考える上で非常に便利な一着でして、数色ワードローブに揃えておくととても重宝するアイテムになると思います。

そんなことを考えながら店頭を歩いていると、ふと店長畑中のスタイルに目がとまりました。

店長畑中といえば、先日の齋藤道場初登場にして優勝をさらったジンクス破りの男。
ラグビーをこよなく愛し、男と男のぶつかり合いを何よりも楽しみに生きていて(たぶん)、休憩時間はもっぱらDAZNでの試合観戦に費やしています。
今日の試合が開催されることを誰よりも嬉しく思い、楽しみにしているんだと思います。

着用しているのはモックネックのホワイト。
合わせているのはBelvestのカプセルコレクションダブルスーツですね。

↑ちなみにこちらは2017年秋冬シーズンの一着。
モデルをしているスタッフ猿渡もちょっとホッソリしているような気がします・・・汗

ウェブでのスタイル提案は↑のようなタイドアップですが、彼は主にニットを合わせて着ているように思います。
本日はISAIAのこんなチーフを挿して、ほんのり色気のあるムーディーな雰囲気に↓

足元はSANTONIのスエード。
モックネックの上品&リラックスな雰囲気に合わせ、柔らかさの出るスエードでフィニッシュです。

ダブルのスーツにモックネックニット、凄くいいですね。



今日の気になる↓

RING JACKET(リングヂャケット)のフォックスフランネルを使用したチョークストライプダブルスーツ
こんなスーツにもモックネックを合わせたい148,500円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

これで初詣も、スタジアムでの真冬のスポーツ観戦も怖くない??
歩くこたつTAION EXTRA(タイオン エクストラ)

オンライン担当の西出です。

今年の年始過ぎくらいだったように思うんですが、とある営業の方がお店にやってこられまして・・・。
直接店に営業に来られる方特有の、大きなバッグの中に紹介したい商品を詰め、ハンドキャリーで行脚している感じの雰囲気・・・。
営業って大変だなぁ・・・と思うわけなんですが、今回は凄く良い出会いとなりました。


TAION EXTRA(タイオン エクストラ)

インナーダウンに特化したブランドであるTAION(タイオン)の、素材やダウンのクオリティにこだわったコレクションでして、独自の“ヒーティングシステム”を内蔵しているのが特徴です。

【ヒーティングシステムについて】
・熱源であるヒート盤は炭素繊維から作られており、放たれる遠赤外線効果により体を芯から暖めます。
・ヒーティングシステムは本製品のUSBプラグと別売り充電バッテリーを繋げていただき作動します。
・別売り充電バッテリー(USB 出力ポート: 出力電圧5V 出力電流2A 以上)
・胸元のスイッチを長押しでON/OFFとなります。
・細かくスイッチを押すと3段階の温度設定ができ、設定温度によりスイッチ内のLEDの色が変化します。目視して希望温度に設定できます。
・ヒーティングシステム動作時間は充電バッテリー容量や設定温度によって変動します。(目安:5000mAhで2時間〜)

という事なんですが、要はボタン一つでインナーダウン自体が発熱し、ライトなアウターでも驚きの暖かさを実現してくれるという代物。
ヘビーなダウンはオーバースペックと感じられる方もいらっしゃると思いますし、ビッグシルエットのコートを軽やか着たいという需要もあると思います。
そんな時にこのTAION EXTRAを挟み込むとほとんどのシーンで間に合うと思いますし、初詣やスポーツ観戦など、真冬のレジャー・行楽にピッタリです。
ミラノのサンシーロスタジアムのスタンドで震えながらサッカーを観る・・・、それが、家でこたつに入りながらビールを飲んでいるかのような錯覚を起こしてしまうかもしれません。

胸のロゴがスイッチになっていまして、すぐに暖かくなります。
三段階の温度設定がありますので、ちょっとしたコントロールも可能。

袖を取り外してベストとしても使えますし、かなり便利です。

で、プライスは驚きの¥23,800+税・・・!!

や、安い。安すぎる。
最初は純粋にそう思いました。

そもそもこのTAIONというブランド、メインラインはもっと安価で4,000~5,000円くらいのプライスゾーンなんです。
そう考えるとちと高い・・・と思うかもしれませんが、ナイロンはリモンタ、ダウンはホワイトグースで850フィルパワー。
ちなみに今季一押しブランドのPAUL & SHARKは700フィルパワーと900フィルパワー。
そう考えると十二分にハイクオリティです。

洗濯出来ますし、キュッと小さくして収納しておくことも出来る。
ヒーティングシステムも素晴らしいし、デザインもシンプルでベーシック。

よく考えてみても、やっぱり安すぎる・・・と思ったアイテムです。

まだ入荷していませんが、昨日からオンラインで先行予約販売がスタートしていますので、よろしければご覧になってくださいね。
クルーはこちら
Vはこちら

昨年発売をスタートされたそうなんですが、めちゃくちゃ、恐ろしいくらい、死ぬほど売れたそうです。
確かにこの感じ、物凄く人気が出そうです。
日本以外にも、海外でも爆発しそうですね。

後日クリ坊もB.R.CHANNELで紹介するそうです・・・。



今日の気になる↓

TAGLIATORE(タリアトーレ)の別注チェスター
こんなコートの中にもTAION EXTRAを・・・。115,500円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

今年もgujiはカシミアを猛プッシュしています

オンライン担当の西出です。

そろそろ8割方アイテムが出そろってきた感じでしょうか。
WEBへのアップはまだまだ、12月まで続くんですが、店頭はかなり充実のラインナップになっています。

で、今シーズンどのブランドも、どのショップさんも提案しているのがモノトーンですよね。
グレーからブラックのグラデーション、ウインターホワイト、ブラック×ブラウン。

私たちもスタイリングを考える時にはこのあたりのキーワードを重視しています。

が、

もう一つの押し、それがカシミアです。

昨年も結構頑張ってご用意したんですが、早々に完売が続きまして・・・汗
改めて“良いものは良い”、“クオリティがプライスを越えていると高額なものでも躊躇なく購入される”という事がわかりました。
「コストパフォーマンスが高い」というのは「安くてもクオリティが高い」と考えがちですが、「高い安いは別にして、価格に対してそれを上回るクオリティを備えている」と考えるのが重要。

メリノウールのニットジャケットが20万近くしてもコスパが優れていますし、新進気鋭のワークジャケットが20万くらいしてもコストパフォーマンスが優れていると考えても良いですよね。

ということでカシミア。

BelvestISAIADe PetrilloLARDINITAGLIATOREBARBAKIREDHERNOSartorio、RING JACKET(チェスターはまだ未入荷・・・)。このあたりの重衣料ブランドでは全てカシミアをご用意しています。
ニットではLAMBERTO LOSANIDrumohrFRANCA PATUMI辺りで。
ストール、マフラーでは圧巻のバリエーションを揃えたJoshua EllisBEGGPIACENZA

どのブランドも決して安くはないですが、私たちなりにプライスを頑張って整えていますので、自信をもって「コストパフォーマンスに優れている」と言えるアイテムばかりです。
是非最高のカシミアで秋冬のファッションを楽しんで頂ければ・・・と思います。

恐らく、この秋冬日本で一番カシミアアイテムのバリエーションが揃っているのはgujiだと思います・・・(願)



今日の気になる↓

Joshua Ellis(ジョシュア エリス)のカシミアタータンチェック大判ストール
様々なブランドのチェックを見てきましたが、ここほど美しいセンスを持ったブランドはありません。62,700円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

今最もスマートな 「モノトーン×イタリア」 MIXコーデ一挙紹介! 男の色気の作り方?????

オンライン担当の西出です。

最早弊社のオフィシャル動画かな?というくらい頻繁に登場させて頂いている『B.R.CHANNEL』。
昨日も弊社がらみの案件が放送されました。

今回はいつになくスペシャル??
何と、クリ坊と宮もっちゃんが同時出演!!という弊社のファンの方以外は何とも思わない豪華ゲストとなりました。

で、内容といいますと、“おススメのジャケット”です。
いたって普通の内容。グジ的お勧めと、リング的おススメを数着ご紹介するという極めてオーソドックスな宣伝動画。

でも、結局なんだかんだでこういった動画が内容も分かりやすいですし、心にもスッと入ってきますよね。
何か良いジャケットないかなぁ・・・と思っていたら、この中から選ぶと良さそうな気がしますし、個人的にはISAIA(イザイア)のトップチャイナを使用したカシミアジャケットが良かったかなぁと思います。

動画はこちらから↓

それにしても、最近動画を使ったコンテンツがかなり多いですよね。
ナノユニバースさんの「ティアモ ラ モーダ」、菅原靴店さんの「スガワラバール」、グローリーガイさんの「スグルストーリー」など。
他にもいろいろあると思いますが、クオリティ云々は別として、誰でもチャンネルを持って動画を配信できる時代。
どんな内容で動画を作り、興味を持っていただけるようにするかは企画者の腕の見せ所ですね。

そろそろグジも動画に本格参戦しないといけない時期にきているのかもしれません・・・汗



今日の気になる↓

ISAIA(イザイア)のカシミアジャケット
動画で紹介された一着で最高クオリティのカシミアを用い、軽やかな仕立てのセイラーを採用した297,000円。三色展開です。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
上に戻る