19FW Luca Grassia(ルカ グラシア)

オンライン担当の西出です。

引き続きメインコレクション19FWから。

いろいろブランドの展示会をまわっているなかで、ワンブランドオンリーでショールームを構えているところもあれば、いくつかのブランド合同で展示会を行なっているところもあります。
輸入代理店は複数のブランドを抱えているのが通常で、今はgujiでは展開がないブランドでも一応後学のため、そして今後のオーダーに繋がるかもしれないので動向やクリエーションを確認しておきたいということもあり、チェックするようにしています。

そんな中、姉妹店ringで展開していたブランドで凄く気になったところがありましたのでちょっと箸休め的にご紹介させていただきます。

それが表題のLuca Grassia(ルカ グラシア)です。

ナポリのサルトリアとして確固たる地位を築きつつあるLuca Grassia、まだ若手の職人ながら、ファンタジックでモードに通じるモダンなセンスを持つサルトとして早くから注目されていました。
名門アットリーニで修行して、周囲からの絶大な期待のもとデビューしたブランドということでファーストシーズンからある種厳しい目で見られてきたところがあり、コレクションを重ねるごとにどんどんクリエーションの精度を高めてきたブランドです。
そもそもアットリーニで修行するためには卓越したテクニックが必要で、仕立てについての賞を獲得しないと働くことが許されないとか・・・。

そんなLuca、サルトブランドなので基本的にはジャケットやスーツといった重衣料が中心ですが、私が今回最も心惹かれたのがコートコレクションです。
ベーシックなチェスターからロング丈のモダンなタイプ、ベルテッドのシングル・ダブルとポイントを押さえたラインナップの中、特に秀逸なモデリングを見せているのがラグランスリーブのタイプ。

肩の運動量をとり、スポーティーでストレスのない着心地を生むデザインのラグランスリーブ、クラシックなブランドでは必須のデザインです。
ただ、Luca Grassiaのモデリングは一味違い、上襟から肩のラインにかけて、十分なゆとりを持たせながら美しく傾斜するように削り込まれたバランスが非常に秀逸で、数多くのラグランコートを着てきた私的にはベストオブベスト、今のところナンバーワンの出来栄えです。

ハンドソーンのテクニックが云々という魅力もありますが、そんなことはあくまでも付随的なものであると言わんばかりの完成度。シルエットの優雅さとエレガンスが突出していました。
特にトップ画像のダブルブレストタイプ、軽やかさを活かしながらダブル特有の重厚感が表現されていて、凄く格好良い仕上がりでした。

そしてこちらもダブルブレストですが、もう少し構築的でウエストシェイプを効かせたモデルです。
クラシカルな色気を漂わせつつ、スーツやジャケットに合わせなくとも優雅に決まってしまうスペシャルな雰囲気、これはLuca Grassiaならではでしょう。

文句なしに格好良いコレクションでして、私の中の悪い虫が騒ぎ始めてしまいました。
そう、個人オーダーです。

詳細は半年後のバルコーネブログにおける“極私的収集物”でご紹介させて頂くと思いますが、本格的にgujiないしはsalottoで展開してほしいと思っていますので、取りあえず実際に私が着て、その良さをバイヤーにプレゼンしたいと思っています。

ちなみにringのブログや通販サイト用のスタッフ着用撮影も私が行なっていますので、長らく注目し続けていました。毎シーズン入荷したものを試着していましたし、長所も短所も肌で感じながら様子を伺ってきたブランドなんです。
そんな中、19FWシーズン新作のコートは今までを圧倒するくらいの仕上がりになっていて、一発で魅了されてしまったんです。

今後gujiで展開されることがあれば、それは私の猛烈プレゼンによりバイヤーが洗脳されたと思ってください・・・汗。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19FW BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)

オンライン担当の西出です。

メインコレクションのご紹介第二弾、まずはBERNARD ZINSから。

溢れ出る知性で人気のZINS、ここ最近は少しカジュアルな提案やモードなイメージに上手く上品さを加味する味付けとして、いろいろなショップでの展開が増えているブランドでして、グジとしてもグジカテゴリーで展開するかバルコーネカテゴリーで展開するか検討中なんです。

個人的には特にワイドなシルエットが好みでして、そこにタータンチェックを乗せたコレクションが秀逸です。

インプリーツのワイド、股上深めでちょっと懐かしい感じがしますが、シンプルなニットなんかとスタイリングする凄く上品でいい感じですよね。
きっちりテーパードを効かせた今までのイタリアンファッションに合わせられるタイプもラインナップされていますが、ZINSはこの手のタイプの方が良さがストレートに出ているのではと思います。

この落ち感と生地のコシが生み出すエレガンス・・・、本当にうっとりしてしまいます。
私、恥ずかしながらO脚アンド短足、太脚という三重苦で美脚パンツ殺しなんですが、これはワイドシルエットなのに足が微妙に長く見える魔法のようなシルエットでして、一発で気に入りました。
生地の配色やチェックのパターンも絶妙で、これは是非展開してほしい・・・。
お値段も、思ったよりはお高くなく、かなりリアルなプライスでした。
売れない売れないと言われているワイドパンツ、遂にジンクスを破る時が来たのかもしれません。

足元にボードインのベルジャンシューズなんかを合わせると凄く素敵ですね。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

早得、早割

オンライン担当の西出です。

本日から2日間メインコレクションの東京出張なんですが、最近行きの新幹線が楽しみの一つになっています。
というのも、グリーン車で行くことにしているからなんです。

決して贅沢しているわけではなく、表題の通り、早朝割引があるから乗れているというわけなんですが、6時台の新幹線の右に“割引”というタグが付いていますよね。

こちら、早朝のグリーン車割引でして、通常よりもかなりお安くなっています。

それがこちら↓

早朝であるということと、少し早く予約するという条件がありますが、通常18140円のところ、約4000円程安い14440円に。

これに乗ってしまうと東京に9:30くらいに着きますのでちょっと時間をもて余すんですが、ちょっとホテルに荷物を預けに行ったり、コーヒーを飲んだりとゆっくりできて、逆にフレッシュな気持ちで展示会に臨めるので重宝しています。

何より、ちょっと広い席で車内も空いていますし、リラックスできるところが最高です。
こうしてグリーン無しでは生きていけない体になってしまい、まんまとJRさんの術中にはまっているというわけなんです。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19F/W オカベ&パートナーズさん

オンライン担当の西出です。

そろそろ展示会のネタが尽きてきましたが、今週も東京に伺いますので、その時に新しいネタを入手してお伝えしたいと思います・・・。

で、表題のオカベ&パートナーズさん。こちらは非常にセンスがよく、新しい提案を常に行ってくれるかなり気合の入ったエージェントさんです。
トップ画像のずらりと並ぶシューズ・・・、そう、弊店スタッフもいわゆる“ゴリ押し”しているBAUDOIN & LANGE(ボードイン アンド ランジ)を擁するエージェントさんです。

以前は中目黒のマンションの一室がショールームでしたが、今では青山に引っ越しをされ増床、まずます絶好調の空気感を漂わせています。

あやかりたい・・・

エージェントさんに勢いがあると、取り扱っている商品すべてが良く見えてしまうという空気補正が入りますのでこちらも気を引き締めないといけないんですが、毎度バイヤー陣がホクホク顔でショールームを後にしていることからますますセレクトに磨きがかかっていることが伺えます。

そんなオカベ&パートナーズさん、今回はちょっと趣向を変えて、ブランド毎ではなくショールーム切りでずらっとご紹介してみようかと。

冒頭のBAUDOIN & LANGEに始まり、こちら↑はキャメルヘア100%のラグジュアリーなボアコート。
ブランド名は“ソレシティ”、まだ無名ですが、圧倒的な存在感があり、個人的にも凄く気になるブランドです。展開されるかどうかは未定・・・ですが、なんとかバイヤーを説得してご覧頂きたいブランドです。
一番奥に移っているダブルが最も恰好良くてラグジュアリーだと思いますが、素材にボリュームがあるので、実際はシングルタイプのほうがリアルなのかもしれません。

こういったアイテムをWEB限定で展開したらどうなるんでしょう・・・?
このご時世ラグジュアリーで高単価、量産品ではなくストーリーのある商品群をラインナップしたハイエンドWEBショップって受けそうな気がするんですが、難しいんですかね?
そういった需要は絶対にあると思いますので、何とか先んじて実現できるように頑張ります。

姉妹店ringで好評のNorlha(ノラ)・・・なんですが、こちらはNorlhaのファブリックを使い、日本で縫製されたガウン型?法被型?のノーカラーカーディガン。なんとあの有名な某ブランドとの協業アイテムになりまして、織りネームはそちらのブランドになっています。
こちらは展開予定になりますので、詳細はスタッフにお尋ねください。多くを語りたいところですが、それは実際に入荷してからにします。
争奪戦になったりして・・・汗

RENCONTRANT(レンコントラント)のニットもニューモデルが提案されていました。
基本的に糸は18F/Wシーズンと同じ、カシミアにロシアンセーブルをミックスしたスペシャルヤーンを使用していますので、他のブランドでは見られないタッチになっています。この雰囲気とタッチで想像する価格より4割は安い・・・と思います。ずっと言っていますが、本当に恐ろしいブランドでして、もしかするとニットの勢力図を変えてしまうかもしれない破壊力。

既に春夏シーズン分が少し入荷していますが、購入いただいた方の満足度が高かったのか、まだ着るには早い時期のアイテムながらすでに人気でサイズ欠けも起こっています。
決してあおっているわけではないんですが、早めに検討いただいた方が良いブランドになってきたようです。

フランスのカットソーブランドMASION CORNICHON(メゾン コルニション)

現在ではmade in Franceというタグの付くカットソーブランドはほとんどありませんので、かなり希少なブランドです。フランスらしい華やかさがありながら、デイリー感もしっかり感じクリエーションが素晴らしく、品があるんですよね。カットソーに品があるってオーバーミドルには非常に重要です。
特に19F/Wシーズンの提案は素晴らしく、バスクシャツを独自の解釈で再モデリングしています。
ストライプの柄出しや色もありそうでないポップ感があって、多色展開にてご用意させていただきます。いい感じでしょ?
脱セントジェームズ待ったなしかと思います。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19F/W DUNO(デュノ)

オンライン担当の西出です。

18F/Wから取り扱いをスタートしたDUNO(デュノ)、作りの良さとシルエットの美しさ、防寒性の高さすべてのレベルが高いのにプライスが割と控えめということで非常に高い人気を博したブランドです。
ショートタイプとロングタイプの2型をもともとはlaboratorioのみで展開する予定でしたが、仕上がりの良さから急遽guji本体の方でも展開することになり、セールになることなく完売したということでそのポテンシャルの高さを発揮していました。

この2型でした↓

春は薄手のナイロン中心にオーダーしていまして、こちらも近日入荷してくると思いますが、かなり良い出来だと思います。
このブランド、ナイロンを中心にした素材使いですがスポーティーさよりもエレガントさが前に出ているデザインになっていて、そのあたりが受けている要因だと思っています。

ダウンでも、ギア感やマウント感をあまり感じさせず、都会に溶け込んで、大人の男性の色気をしっかり漂わせてくれる感じでしょうか。ストリートで火が付いたビッグシルエットという感じではなく、あくまでも正統派なシルエットというところも安心感がありますし、トレンドに左右されず長く着れるテイストになっています。

19F/Wシーズンはお問い合わせも多かった、先ほどのスタイル画像の18F/W同型モデルで色違いを含むリピートオーダーと、ダウンベスト、そしてショート丈の新モデル1型を展開予定。
ちょっとロング丈のムードが収まってきていますので、ショートを多めに選んでいます。

布帛のコートはロングが引き続きですが、ことダウンに関してはショート丈へとトレンドが移行しているように感じますね。
そういった時にアウトドアブランドやストリートブランドはショート丈が多いので選びやすいんですが、DUNOは上品でありながらバランスよくラインナップされているので、ショート丈もピックアップしやすいんです。
デザインのセンスが凄く良いブランドだと思いますし、それだけではなく作りも丁寧で本格派・・・、人気になるわけです。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19F/W Norwegian Rain(ノルウィージャンレイン)

オンライン担当の西出です。

引き続き19F/Wの仕入れについて、本日はNorwegian Rain(ノルウィージャンレイン)をご紹介です。

実は意外と長~いお付き合いをさせて頂いているNorwegian Rain、初入荷は懐かしの2013年F/Wシーズンでした。
その頃はgujiが取り扱うブランドはもっとクラシコブランドに寄ったラインナップでしたので、異彩を放っていたのが印象的でした。

balconeやsalottoといったカテゴライズもなく、gujiの店内にスーツやジャケットと並んで展示されていたんですが、そもそもがビスポーク出身のデザイナーだけに、それでも全く違和感がなくまとまっていたことを覚えています。
実際そういったジャケットやスーツに合わせて着るコートというスタイル提案でしたので、スムーズに取り入れることが出来たんでしょう。

現在のgujiではbalconeカテゴリーでの展開となっているNorwegian Rain、お勧めのスタイリングは少しカジュアル提案になっていますが、スーツなどと合わせて頂いても勿論大丈夫ですのでご安心を。
展開している商品のテイストが広がりましたので、Norwegian Rainの持つ幅広いスタイリングに対応できるポテンシャルを以前よりも活かせるようになったと思います。

Norwegian Rainは基本的には“リサイクルポリエステル生地(日本製)を用いた完全防水のレインコート”というのがコンセプトの根幹でして、それをデザイナー独自のフィルターを通し、テーラリングの技術を用いながら仕立て上げるコレクションです。
なので、一言で言うと“お洒落過ぎるカッパ”ということになるんですが、雨の時だけに着るのはもったいな過ぎるくらい恰好良いんです。
デザインも独特で細かなギミックが散りばめられていて、非常に手が込んでいながら比較的リーズナブル・・・とは言えないですが、もっとしてもおかしくないと思えるプライスになっています。

ブランドを代表するアイテムは“レインチョ”といわれるデザインでして、レインポンチョですね、バサッと羽織って雨から守ってくれるイメージです↓

こちらは定番で毎シーズンご用意しています。人気があるので大体完売するアイテムですね。

そのほか新作が出れば吟味検討し、ちょっとお店に合わないかな?と思った場合は過去のデザインから選び生地や色を選びます。
Norwegian Rainは基本的には廃番という概念がないらしく、一度型を起こすとずっとオーダー出来るシステムになっているようなので、非常にありがたいブランドです。

今回は代表の田野も同席してのバイイングでしたので、いろいろ説明を受けていました。
そして、バイヤー陣、田野もお気に入りのコートが見つかったようで、ホクホクのオーダーとなったようでした。
キーワードは、“リバーシブル”です。

ちなみに、デザイナーのT Michaelさんはコラボレート企画として着物も手掛けていまして、そちらも展示されていました。
物は違いますが、着るとこんなイメージです↓

そんなNorwegian Rain(ノルウィージャンレイン)、只今guji大阪店にてモアヴァリエーションフェアを開催しています
Norwegian Rainのアウターにあまり季節感はないんですが、初夏シーズンにフェアを行うショップは他にはないらしく、今シーズンここまでのラインナップでご覧頂けるのはgujiだけ!!のはずですので、是非ご覧くださいね。

オンラインショップでも販売しています。

以前こんな対談もさせて頂きました↓


(画像をクリックまたはタップで特設ページに)

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ)再入荷しています

オンライン担当の西出です。

今まで何度目の告知でしょうか、私たちのオーダー数の少なさに加え、ブランド自体の人気に拍車がかかっている現在、追加オーダーしてもなかなか入荷しなくなってしまったACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ)、ちょこちょこ入荷してはいましたが、大本命のこちらが入っていなかったんです。

そう、『ARANCIA di CAPRI』です。

今回こちらがやっと入荷してきました。

お待ちいただいていた皆様、長らくの間お待たせしまして申し訳ございませんでした・・・。
既にオンラインショップにはアップされていますので、よろしければご覧になってくださいね。

それにしてもACQUA DI PARMA、凄い人気です。毎日いくつか売れていまして、Blu Mediterraneoブルーメディテラネオシリーズは全8種類の香りがあるんですが、ここ最近全てが揃ったことがありません・・・。本当に凄いです・・・。
現在お求め頂ける香りは5種、追加オーダーはしていますが、いつ入ってくるのやら・・・汗。

これから暖かくなってきて、本格的に香水が活躍する季節。あくまでもつけすぎ注意ですが、爽やかな香りがすると男女問わず好感度が高まること間違いなしかと。
一応おさらいの為に見返したBR CHANNELの動画、こちらにも貼っておきますね↓

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

齋藤道場vol.8 公開中です

オンライン担当の西出です。

表題の通り、昨日19SSスタイルとなった『齋藤道場』公開しました。

こちらからご覧頂けます。

私はといえば、この企画の発案者で社歴もそこそこ長い・・・ということで師範のポジションからスタートしましたが、負けに負けを繰り返し、今や負け癖が付いた状態に・・・。
18FWシーズンの最終戦で何とか優勝したものの、トータルの戦績は振るわずということで師範の地位は早々にはく奪、今はいち門下生として精進しています。

ちなみに18FWシーズンの総合順位はこちらです↓ 優勝を5ポイント、準優勝を4ポイント、以下3、2、1ポイントとして計算しています。

総合優勝 館長齋藤 23ポイント
2位 初段井上 20ポイント
同率3位 初段泉・門下生西出 16ポイント
5位 門下生村岡 15ポイント

総合優勝はさすがの館長齋藤という結果となりました。

この企画を進めていて今回の公開で8回目になったんですが、自分のスタイリングがこんな感じで見られているんだな・・・というのが客観的にわかると同時に、女性には凝ったレイヤードなんかは全く理解されず、「シンプルで清潔感があって色がキレイ」ということがこんなに評価が高いのか・・・ということを肌で感じる良い機会になりました。

ちなみに私、序盤戦はちょっと勝手がわからず好みを押し出したスタイリングにしていたんですが、後半はちょっと保守的に、失点をしないスタイリングに路線変更しました。結果は上々で、後半戦はかなり評判が良かったです。
この構図、スポーツ界でも見られますよね。序盤は自分たちのスタイルを追求して結果を求めますが、結果が出なければ負けないように、残留できるように守備を整備して無駄な失点を回避する。

私・・・、守りに入りすぎていました。結果は改善されましたが、何となくもやもやした気持ちがぬぐえなかったんですよね・・・。

Pittiに来場しているいわゆるファッショニスタたちのスタイルは、たぶん受けないんでしょう・・・。でも、この業界にいる以上、守りに入らず、攻めの姿勢を貫き通さないとな・・・とも思いました。
やっぱりファッションはTPOをわきまえていれば自由ですし、特にイタリア人からは楽しんだもの勝ち、何でもありの精神が伺えますので、そのスタイルを日本で伝道する私たちはそんな心意気を忘れてはいけないと思うんです。

個性を大事にしながら、モテるファッションを追求していく、それが齋藤道場のあるべき姿なのかなぁと。
別に二部に落ちて収入が激減するわけでもないですし、いろいろ楽しんで頂けるようにこれからも頑張ります~。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

gujiのレシピ 9

オンライン担当の西出です。

セール中ということで少し期間が開いてしまいましたが、そろそろ春物で再開したいと思います。
意外と人気の企画『gujiのレシピ』通しナンバーでは9番目、19SSシーズンでは初。

では早速1スタイル目、HERNO(ヘルノ)のスプリングコートです(といっても秋も着ますが)。

ゴアテックスを使用したHERNOの定番コートですが、より春らしいイメージを強めるために全体の色のトーンを淡くしています。
“ライトさ”“軽さ”を重視したので、ジャケットはグレンチェックでも軽やかな仕立ての物を、デニムも濃紺ではなくブリーチ調のライトブルーを、インナーのニットもリネン素材をチョイス。足元のシューズもダークブラウンではなくサンドベージュということで、シックさよりも爽やかさを重視したスタイリングにまとめています。

春はこんな感じで軽やかに、秋はもう少し色を深くしてシックに着たいアイテムです。

2スタイル目はバイヤー・スタッフ一押しのHevo(イーヴォ)から、昨シーズンもご好評を頂いたアルスターカラーのシングルコートです。

仕立ては軽く、気持ちオーバーなシルエットなのでカジュアル使いをメインに考えられるかもしれませんが、だからこそクラシックなスーツスタイルと相性が良く、新鮮な見え方になります。クラシックを一段進化させることが出来るようなイメージでしょうか、お互いの長所を伸ばし合う関係でして、クラシックに先進性を、モードに説得力をという感じになります。なので、色合わせ的にはスタンダードなネイビースーツ×ベージュのコートというスタイルも、凄く新しく見えるんです。

3スタイル目はT-JACKET(ティージャケット)のバルカラーコートです。

こちらも春らしく、長すぎないニーレングスタイプをセレクト。ブラウンのコートにオレンジのカーディガン、ベージュのシャツと暖色レイヤードでトップスをまとめ、ボトムは爽やかさ重視でホワイトをチョイス。最近は冬でもホワイトパンツを穿くことが多くなりましたが、やっぱりなんといっても春夏のイメージですよね。ブラウン系のスタイルに非常に相性が良く、季節が変わったことを印象付けることが出来ると思います。
軽快さを強めるために、レザーバッグではなくキャンバスのミニポーチを合わせました。

というスプリングコートスタイル縛りで19SS gujiのレシピはスタートです。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓3月公開予定です。
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

19SSカタログ撮影

オンライン担当の西出です。

本日は朝6:30に店に集合し、19SS用のカタログ撮影に向かいました。
gujiでは経費削減?というよりかけられる経費がない 汗・・・ということで、モデルから撮影、カタログのレイアウトから印刷所への入稿まで全て自前スタッフで行っています。

で、今回ロケ地として伺ったのは、神戸塩屋の洋館「旧グッゲンハイム邸」。(ちなみに前回は兵庫県神崎郡神河町の砥峰高原。)
約100年の歴史を持つコロニアル様式の建物でして、今は何かとロケや雑誌の撮影などで使用されているとのことです。

この時期着替えが屋内でできるのは本当に助かります。
いつも良い意味でも悪い意味でも身軽な私たちは、人が全くいない駐車場の車の陰にブルーシートを引いてこっそり着替えたりしていますが、それも早朝だからこそ成せるわざ。ロケバスを手に入れて、優雅に着替えが出来るのはいつになることやら・・・。

ということで二階建の館全体を使って撮影を行いました。
guji、ring、biglietta全てのカテゴリーの撮影を同時に行いましたので、まあまあの団体行動になりました。
いつもは3~5人というところですが、今回は総勢11人・・・。頑張りました。カット数も一応今までで一番のボリュームになっていますので、ご期待頂ければと思います。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓3月公開予定です。
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
上に戻る