2020F/W MARNI(マルニ)

オンライン担当の西出です。

姉妹ブログの「balcone di guji」ブログにていつもの“極私的収集物”アップしました。
ちなみに今まさに2020年F/Wシーズンのプレコレクション中。
今回のシーズンも個人オーダーが多くなりそうな感じです・・・汗

ということで、MARNI(マルニ)のプレコレクション。
2020S/Sからスタートした(らしい)プレコレクション、私は前回は見ていないので、プレコレクションは初めてです。

内容としては、ベーシックどころ、MARNIらしさがありながらデザイン控えめなリアルクローズが多いという印象ですね。
コレクションものは、ミラノコレクション終了後すぐにミラノのショールームで拝見します。
コレクションピースは正直難しいアイテムが多いので、プレコレクションで選んだものが中心の構成になりそうです・・・。

その中で凄くいいなと思ったアイテムが2つ↓

チェックの中綿フーディーと、ホワイトのカバーオール。
特にフーディーはボリューム感、モノトーン配色など好みズバリなので、

#欲しい
#これがもしピックアップされなければ
#やるしかない
#そう
#個人オーダーを・・・

とハッシュタグ語りをしたくなってしまいました。

で、最終的には両者ピックアップ。
どうしよう・・・汗
ミラノのコレクションも見たいしな・・・汗

ブロークンなニットも素敵でした。
ざっくりしていてややバルキーなタッチ、固めの編み地でパキッとシルエットが出るタイプ。
こんなデザインですとパープルなんか素敵ですよね。

今年直営店では凄く人気ですぐに完売してしまったらしいジップタイプのカバーオール。
20万くらいと「ちとお高いな・・・」と思いましたが、シルエットは最高、素材の雰囲気も、着れば着るほどいい感じになりそうな雰囲気です。
肩位置の設定、アームの太さなんかが完璧です。

スニーカー。
元ネタは勿論アレですよね。

芸が細かいのか何なのか・・・。
ボリューミーなシューズが多いMARNIですが、このくらいスッキリしたデザインがやっぱり好みです。

後半のニットやカバーオールはピックアップしていないですが、他には今シーズン瞬殺だったツチノコバッグであるPVCのトートもいくつかチョイス。
ウォレット系も少し選びましたので、ある程度充実の品揃えになるかと思います。



今日の気になる↓

Joshua Ellis(ジョシュア エリス)のカシミアグラフチェック大判ストール
BEGGも良いけどJoshua Ellisもね・・・な62,700円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W LARDINI(ラルディーニ)

オンライン担当の西出です。

今シーズンgujiで取り扱ったアウターで最もヒットしたのがこのLARDINI(ラルディーニ)のカシミアのチェスターコートでした↓

まだ残暑厳しい時期に入荷し、すぐにサイズ掛けを起こし追加オーダーするもそれも今残り僅か・・・。
最高級のカシミアでありながら比較的リーズナブルな価格で提案されていて、従来のシルエットの美しさも手伝って爆発的な人気を獲得したんですが、来年はコンセプトを変え、装い新たに再登場の予定です。

それが↓

このマーク。
ブランドのアイコンになっているブートニエールが、矢印みたいな感じに・・・。

100%WSというのはカシミア100%の意味ですが、トピックはその下のテキストです。
そう、100%の中の一部にリサイクルカシミアを用いたサステナブルカシミア、いわゆる“エコカシミア”を使用したコートに進化します。

日本はサステナビリティの分野ではかなり遅れていると言われています。
ヨーロッパ諸国では以前から取り組みが続けられていて、どうも次の秋冬シーズンにその機運が爆発しそうな模様。
どのブランドもこぞってサステナブルを叫んでいます。

レザーを使用しないであったり、再生繊維を用いたコレクションを発表したりアプローチは様々ですが、LARDINIではカシミアでエコを表現。
再生するために多くの工程が必要なので通常リサイクルファブリックはちょっとお高くなるんですが、お値段ほぼ据え置き、何ならほんの少しお安くできるかもしれないというプライスに整えてきました。

さらに色。
2019年モデルのカシミアと、ほぼ同じ発色を実現。
なかなかできる事ではない、私たちには計り知れない技術が詰まっているようです。

これは来年も大いに期待出来そうです。

ちなみに、来年から少しこの定番コートの着丈が長くなるそうです。
私たちは今まで多くのブランドで「着丈を長くしてほしい」という感じで別注を行っていましたが、実は今回ブランドの意向とは逆に、初めて「着丈を長くしないで、今年と同じ感じにしてほしい」という逆リクエストをお願いしました。

ビジネス&カジュアルで汎用性を考慮すると今のバランスがベストかな・・・と考えていまして、これ以上長くなるとファッションの要素が強く出てしまい、好みがわかれてしまうのではないか・・・という懸念から現状をキープしてもらいよう依頼。

実現すると結果的には別注になります。
お楽しみに・・・という感じではないですが、たぶんこっちのほうが良いと思うんですよね・・・。



今日の気になる↓

ZANELLATO(ザネラート)のブランディーンPVCキャンバストートバッグ DUO GT
この色、物凄く素敵じゃないですか・・・?な91,300円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W FILIPPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ローレンティス)

オンライン担当の西出です。

FILIPPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ローレンティス)。
多くのブランドを取り扱っている豊田貿易さん肝煎りのニットブランドでして、gujiでは未だセレクトには至っていないものの個人的に注目しているわけなんですが、来秋冬シーズンのコレクションもなかなか良かったように思います。

コレクションの量もちょっと増えているような・・・。
取り扱われるショップも少しずつ増えてきているようで、大手セレクトショップでも来春からスタートするとか・・・。

今回私が気になったのはカシミアコレクションでして、ブランドの中ではラグジュアリーゾーンにカテゴライズされています。

糸はカリアッジ社の物を使用。
トッド&ダンカン社の糸を使うブランドが多い中、こちらはカリアッジ社という事もありちょっと色味が独特で、綺麗ですね。

このミドルゲージなんかはイエローなんですが、ちょっと微妙に違う色が混入されていて、凄く奥深い見え方になっています。
レモンイエローはちょっと派手過ぎる・・・と思われる方も、これだと案外いける・・・となるかもしれないセンスの良い発色だと思います。

gujiには既に多くのニットブランドがありますが、実はこの感じのタイプってないと思うので意外と人気が出ると思うんですが、どうでしょう??



今日の気になる↓

Cruciani(クルチアーニ)のミックスゲージタートルネックニット
ハイエンドニットブランドとして確固たる地位を築いている51,700円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W Solleciti(ソレシティ)

オンライン担当の西出です。

本日は日帰りで東京出張でして、とりあえず予定されているプレコレクションは年内最終日。
次は来年7日からスタートするPittiでリスタートを切ります。

私たちgujiはイタリアのクラシコをベースにしたスタイリングを提案していますが、その中でちょっと異彩を放っているのが“balcone di guji”カテゴリーでして、MARNI(マルニ)CellarDoor(セラードア)COVERT(コーベルト)などコンテンポラリーなカジュアルスタイルを提案しています。

そんな中で新たに取り扱いをスタートする予定なのがSolleciti(ソレシティ)。1945年スタートの、意外なほどに老舗ブランドです・・・。

で、SOLLECITIの中でもキャメルヘアー100%のラグジュアリーコートを展開しているのがETHIQUEエティークと銘打たれたコレクションでして、昨年初めて拝見したときからWEBで販売したいなぁと思っていたんですが、一旦スルーされていました。

で、今回改めてコレクションを拝見し、なんとbalconeカテゴリーにて展開することが決まりました!!

試着するバイヤー高階もご満悦?の様子。

ブランドの織りネームはこんな感じ。
シンプルです。

ちなみにこのSolleciti、オフィシャルサイトを見る限り明らかにウィメンズオンリーのブランドなんですが、上手くバランスをメンズサイズに整えて(もしかすると単純にメンズ用にサイズアップしただけかも・・・汗)提案されていまして、このあたりの上手さはさすがセンスの良いハム&エッグショールームさん。
ハム&エッグショールームさんには世界一美しいベルジャンシューズで有名なBAUDOIN & LANGE(ボードイン&ランジ)や驚くほど軽くしなやかなニットであるRENCONTRANT(レンコントラント)などがラインナップされていることは既報済み。

ブランドとしては無染色のキャメルヘアーを使用した、文字通りキャメルカラーのコートが最もおススメではあるそうですが、コンテンポラリー感を強く感じるブラックに絞ってbalconeでは展開する予定です。
染色工程が入るのでどうしても無染色のキャメルに比べるとタッチがガサッとなってしまいますが、ボアの雰囲気とボリューム感、羽織ったときのクールな雰囲気はブラックが特に素晴らしく、balconeにフィットするのはやはりブラックなのかな・・・という印象です。

恐らくこのブランド、既に取り扱われているショップはクラシコ寄りの提案だと思いますが、私たちは少し違った角度でおススメしようかと。
とりあえず店頭に入荷しましたら、是非手に取ってご覧頂きたいアイテムです。



今日の気になる↓

SANTONI(サントーニ)のプレーントゥレースアップムートンブーツ
足元にボアというのも非常にラグジュアリーです。275,000円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

BEGG&CO(ベグ&コー)パーソナルオーダーフェア@guji大阪店スタート

オンライン担当の西出です。

先日guji東京店で開催し、非常にご好評を頂いたBEGG&CO(ベグ&コー)のパーソナルオーダーフェア、ところをguji大阪店に移し、年末までのロングランで開催する運びとなり、昨日よりスタートしています。

この圧倒的な量のカラーサンプル・・・。
通常ペラリとした色見本的なもので、それを見つつ想像を膨らませてオーダーするというのが一般的なんですが、そこはスコットランドの雄であるBEGG、全色サンプルありというすさまじい意気込み・・・汗
現物を見ることが出来ますのでわかりやすく選びやすい、近年稀に入る親切なパーソナルオーダー会となります。

という事で店内入口付近はBEGGがジャックしていまして、圧巻の物量になっています。
画像に映っている繊維のほとんどがカシミアという圧倒的ラグジュアリーさ。

パーソナルオーダー頂いた分はこの上品なボックスに入って納品されるそうです・・・。
高級感が違います。

ブランドのロゴにもなっているアザミ。
これを使い、カシミアを起毛させていきます。
これを使ってあのタッチになる・・・、想像できないかもしれませんが事実です・・・。



今日の気になる↓

BEGG(ベグ)のカシミアソリッドマフラーARRAN
全30色からオーダー出来る至高のマフラーは48,400円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

忘年会2019@la-pignata(ラピニャータ)さん

オンライン担当の西出です。

ちょっと早い気がしないではないですが、先日gujiグループ通販部門とウィメンズ部門で忘年会を行いました。
場所は大阪本町でプーリア料理を提供されている『ラ ピニャータ』さん。

そういえば少し前に忘年会をしたような・・・という記憶から既に一年経ったという現実 汗

特に変わり映えのしない一年を過ごしているから早く感じるんでしょうか?
それとも、いろいろ新しいことに取り組んだり環境を絶えず変化させていると、この一年は長かった・・・という気持ちになるんでしょうか?

とにかく、何事もなく無事に忘年会を迎えることが出来たというのはある意味では幸せなことなのかもしれません。
来年はWEB部門として何か新しいことに取り組みたいなと思っていまして、その可能性があるのが動画、もしくは少し違った形でのオンラインショップの運営。
とにかくこの厳しいアパレル不況を乗り越え、なんとか10年、20年と存続していける会社にしたいところです。

ということで美味しい料理を↓

スタッフの平均年齢はそこそこですが、忘年会ではやっぱり飲み放題ですよね・・・!!
ビールはピッチャー、ワインはデキャンタ、カクテルはワインに自分たちでジュースを混ぜるスタイルです。

前菜は揚げパン、ポルペッティ、キッシュみたいな見た目のジャガイモのオーブン焼き、具詰めパプリカ。

生ハムと洋梨には毎週空輸されるブッラータを。

サラダ的なものにはカルパッチョやエビが。

白子は焼きを入れることで香ばしく、クリーミーに。

炭焼きのお肉はちょっとピンクに映り過ぎました・・・

白ワインが進むペスカトーレビアンコ。

という感じで鋭気を養うことが出来ましたので、そろそろ始まる2020S/Sシーズンの撮影、出品準備に取り掛かりたいと思います。



今日の気になる↓

PIACENZA(ピアチェンツァ)のカシミヤヘリンボーンマフラー
イタリアの名門マフラーは良心的なプライスが魅力です・・・という27,500円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

クリ坊の加齢なるインスタグラム術

オンライン担当の西出です。

先日放映になった服好きすぎる男の成功ストーリー、店舗拡大を続けるguji、その人気の秘密と裏側、その直後からクリ坊こと田野が運営するインスタグラムに異変が・・・

そんなに投稿を行っているわけでもなく、今でこそマメにアップしていますがそれもいつまで続くのか・・・と周囲を不安な気持ちにさせているクリ坊のインスタグラムがぶるぶる震えています・・・。

そう、どんどんフォロワーが増えているんです!!

そんなクリ坊インスタをちょっとご紹介↓

この投稿をInstagramで見る

またもや黄色🤔 #guji #biglietta #ring #ernest

田野浩志(Hiroshi Tano)(@kuribo0605)がシェアした投稿 –

と、こんな感じ。

CEO業の事には触れず、あくまでも洋服屋として、バイヤーとして、たまに弟分と、たまに良き父としてのポストが1~2日のペースでアップ。
皆様よろしければフォローお願いします・・・。

ちなみに、先日オンラインスタッフのインスタが縁起の良い数字になりました↓

フォロワー777のスリーセブン。
これからもよろしくお願いします。



今日の気になる↓

Stile Latino スティレ ラティーノのシングルベルテッドコート
フォックスのフランネルを用いたスペシャルアイテムはプライスもCEO価格な330,000円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W Bagutta(バグッタ)

オンライン担当の西出です。

都会的でクリエイティブなシャツコレクションを展開しているBagutta(バグッタ)
有名ブランドの生産を手掛けるテクニックの高さに加え、昨年までディレクターとして活躍した元PTのディレクターであるマリオ氏のクリエーションを受け継ぎ、さらに発展させているのは現ディレクターのピエトロ氏。

今シャツ業界はかつてない荒波にさらされていまして、特にカジュアルシャツを主体としていたブランドは軒並み苦戦中・・・汗
その中でBaguttaが輝きを放っているのは、従来のバランスではなく絶妙にモディファイさせた、ほんのりモードの風を感じさせるデザインが
他ブランドに比べ圧倒的に上手いからでしょう。

そんなクリエイティブなコレクションは2020F/Wシーズンも健在でした。

Baguttaらしい独特な色使い、シャツとジャケットの中間的バランスで単なるシャツジャケットではない独自デザイン、ブルゾンタイプにも一捻り加え、オリジナルな世界観を築いているのがわかります。
きっちりトレンドのモノトーンも抑え、従来からのファンを置き去りにしないようハイネックデザインも復活。
こんなに華やかで一味違うデザインが入っているのに、オーバーミドルが着ても無理しているように見えないというのも大きなポイント。

歳を重ねれば重ねるほど無理は禁物といいますか、変に老いに抗うよりもそれを受け入れて相応のスタイルを築くことが紳士への道と思いますので、そういった意味でカジュアルなシャツはこのブランドがかなり良い仕事をしていると思うんです。

まぁ、そんなに数が売れるものでもないとは思うので多くをご用意出来るわけではないですが、ちょっとした羽織り物としてかなりご期待頂いても良いのでは・・・という内容になっています。



今日の気になる↓

TAION EXTRA(タイオン エクストラ)のナイロンクルーネックデタッチャブルインナーダウンジャケット
そろそろ本格的な寒さに備えたいところな26,180円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020F/W Hevo(イーヴォ)

オンライン担当の西出です。

モダンなバランスと整ったプライシングで人気を博しているHevo(イーヴォ)、リブランディングといえるくらいデザインの方向性が変わっていて、なかなか出来る決断ではないな・・・と思いつつその躍進を眺めているわけですが、来年は更に素晴らしいクリエーションになっていました。

ショールームのメイン壁面には様々な新しいチェックパターンが。
Hevoのコートはデザインの完成度が非常に高く、柄物の生地はまだちょっと改善の余地があるかな・・・というのが多かったんですが、今回はそこにしっかりとした取り組みが見られ、どれも素晴らしい仕上がりになっていました。

特に左から2番目のざっくりチェックと、この↓ブロックパターンのチェックが気に入りました。

ナチュラルな配色で、横には強い色を、縦にはマイルドな色を組み合わせた独特な見え方が素敵です。

その他、こんなタイプのショートブルゾンも↓

マウンテンパーカをモチーフにしたミニマルなデザインです。

横から見るとよくわかりますが、ウエストから腰にかけて優雅なシルエットが生まれるよう余裕をもたせています。
このあたりのバランス感覚が新生Hevoの持ち味でしょうか、一見普通に見えても現代のトレンドに合わせて再構築されていまして、その仕上がりが本当に絶妙なんですよね。

その他インラインにはなかった別注を依頼していて、来年もかなり期待の持てるコレクションになりそうです。



今日の気になる↓

BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)のブラックウォッチ1インプリーツワイドパンツ WALLIS
世界一知的なワイドパンツという噂の38,500円。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ』さんのシチリア料理

オンライン担当の西出です。

ここ最近のブログ内容通り、東京での2020F/Wシーズンのバイイングがスタートしていまして、東京での夜はスタッフ間のミーティングがあったり取引先さんとの会食があったりと息つく暇もないわけです。

そんな私の癒しの時間が

「定宿のファーストキャビン西麻布店の大浴場でバイヤー高階とゆっくり湯船につかりながら会社の将来について語る」

ことなんですが、この西麻布店、11月の営業をもって閉店するという衝撃のニュースがありました。

品川駅からバスで一本、ショールームへのアクセスも便利、狭いバスルームではなく足を伸ばせる大浴場があって5000円アンダーという、私にとってプライバシーを引き換えに欲しいもの全てが得られる稀有なカプセルホテルだったんです 悲

これからどうすれば・・・と途方に暮れつつ、近隣にファーストキャビンがないか調べたところ赤坂にありました。
赤坂・・・。
ちと微妙な距離感ではありますが、とりあえず一度試してみて、良ければ新たな定宿として認定したいと思います・・・。

という事で本題はこちら、『トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ』さん。

弊社代表のクリ坊こと田野が日本で最も愛するイタリア料理店であることは疑う余地もない感じでして、

田野ちゃん
石川ちゃん

と呼び合う仲・・・汗

今回縁あって一件目でお伺いすることが出来ました。
そう、一件目で・・・。

いつもドンチッチョさんの近所に宿泊しているクリ坊こと田野が、

「ちょっとパスタ一枚と軽くワイン飲んで帰ろか・・・」

と既に出来上がった状態で号令を発することによって伺うばかりで、もちろん私もそれなりに出来上がり、お腹の具合もいい感じの状態で食事するので正常な判断を行うことが出来ず、ただただ食べて飲んでを繰り返すというちょっともったいない来訪の仕方を繰り返していました。

今回はタクシーも電車も微妙な感じのところからかなりの早歩きで向かいましたので、心身共に万全の態勢で食事を迎えることが出来ました。

蛸のサラダ。
ここ最近蛸の値段が急騰しているという噂。
私も月2くらいでたこ焼きをしますのでその高騰を肌で感じていますが、そんなことは置いておいて非常に美味しい蛸でした。

白レバーのグリル焼き。
絶妙な火加減で焼くことでいい意味で舌にまとわりつく?感じ。
レバー好きは必ずオーダーすべき一皿です。

トリッパのオーブン焼き。
これまた絶品でして、今までのトリッパとは一味違う奥深さ。
チーズとソース、美味しいです。

レモンのパスタ。
クリ坊こと田野の大好物で、レモンパスタマニアの私も大満足。
細かくカットされた生ハムが入っていて、かすかに感じる動物性の肉感が絶妙なアクセントになっています。

ポルチーニとチーズのリゾット。
濃厚でありながらしつこくない、バランスの良さが際立つリゾットです。

ちょっとお酒が残っていたので、ブッラータと生ハムを。
鮮度を保った輸入が難しいとされるブッラータ、美味しく食べられるのは幸せなことですね。

ということで、美味しいシチリア料理が食べたい時は猛烈リコメンドなお店です。



今日の気になる↓

BEGG(ベグ)のカシミアソリッドマフラーARRAN
30色の中からお好きなお色でパーソナルオーダー可能な48,400円。通常のお値段と同じ、アップチャージ無しという奇跡です。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
上に戻る