2020S/S GABRIELLE PASINI(ガブリエレ パジーニ)

オンライン担当の西出です。

コアなファンを多く獲得し、確固たる人気を誇るブランドGABRIELLE PASINI(ガブリエレ パジーニ)。

オーナーでありデザイナーでもあるPASINI氏のオーラと奇抜なスタイリングから独特な存在感を放っているわけなんですが、実はアイテム自体はシンプルなものも多く、意外とリアルクローズとして着られるものも多くあります。
ただPittiでのプレゼンテーションや氏のスタイリングを見ていると「そうやって尖った感じで着ないといけないブランドかな・・・」と思ってしまうのも事実。

確かにシンプルでコンサバなアイテムですとLARDINIやTAGLIATOREでいいような気がしますし、かといって飛ばし過ぎるとお客様を完全に置いていってしまう・・・。
なかなか丁度良い塩梅を選ぶのが難しいブランドなんです。

ズラッとサンプルが並んでいるのを見ると、意外と普通やん・・・と思ってしまいますよね。

あるにはあるんです。
でもそれがGABRIELLE PASINIである必要があるか。
これをベースにセレクトするようにしています。

こういうのはいいですね。
注目の白ですが、織りに変化があるタイプ。
過去のブークレほどファンシーではなく、ツィードのような固さや重さがないタイプ。

こういったジャガード系、バティック・ネイティブ系の柄はブランドとして得意とするところですが、選ぶと必ず残してしまう鬼門アイテム。
世界観を作るにはいいですが実際着るとなるとグッと難易度が上がるので、この辺はスルーすべきかと。

悩ましいのがこのあたり。
モノトーントレンドが叫ばれる中、カウンタートレンドとして“色”が注目されていて、久しぶりにタータンチェックやマドラスチェックが気になります。
いいんですけど、どうなんでしょう・・・汗
いいんですけどね・・・。

という事で、ベーシックに1.5捻りくらい加えている生地を選びオーダーしてきました。
内容が気になられたら店頭スタッフにお尋ねくださいね。

ちなみに、2020S/Sシーズンより、ジャケットをハーフキャンバスのphilosophyからアンコン仕立てのJET SETに変更(回帰)しました。
プライス面を鑑みphilosophyにしていたんですが、春夏らしい軽やかさと仕立ての美しさを際立たせるならJET SETかな・・・という事になり、変更です。

とはいえスーツにするとお値段が2割くらい変わってきますので、スーツのみphilosophyでご用意です。



今日の気になる↓

MARNI(マルニ)の定番シャーリングパンツ
スキニー好きのお客様も魅了してしまうリラックスフィットのパンツでして、本当にシルエットが美しい69,120円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020S/S moncao(モンサオ)

オンライン担当の西出です。

この春から取り扱いをスタートしたシャツブランドmoncao(モンサオ)、スタッフ受けもよく、お客様にもご好評を得ています。
スタッフ受けが良いブランドは取り扱いスタートシーズンはイマイチ微妙な反応を頂くことが多いんですが、このブランドはそうならずセールスも好調です。

やはり他にはない独特な素材感と、トレンドを巧みにつかんだちょっと緩めのシルエットというのが評価を得たポイントですね。
後は水面下で進んでいるシャツ回帰。
これだけスタイリングがカジュアル化してきてニットのバリエーションが増えてくると、そろそろシャツが着たくなりますよね。

かく言う私も今シャツがマイブーム。
ジャケットやセットアップのインナーはニットTが良いですが、シンプルなカジュアルスタイルにはシャツが着たい今日この頃です。

という事で表題のmoncao(モンサオ)、2020S/Sも良い感じでした。

この辺りは今年もご好評を頂いたステッチシリーズ。
細かなミシンステッチや、インパクトのあるハンドステッチでストライプ・チェックを表現したシリーズです。
柔らかな風合いのカディコットンを使用しながら、エスニックな雰囲気が出過ぎないところもmoncaoの魅力です。

新たな提案としてウォッシャブルシルクを用いたシャツやシャツジャケットもありました。

特に良かったと思うのがシャツジャケットです。
シルク特有の光沢感が控えめ、張り感がありながらしなやかなタッチとムードのある発色。

光沢を強く、ラグジュアリーな雰囲気を漂わせることを主としたシルク製品とは全く違うアプローチで生まれていて、シルクにしてこの力の抜け具合、本当に素晴らしいバランスでした。

カーディガンのように着られるシルクジャケット、かなり新しいと思いますし、新しいながらしっかりリアルクローズとして機能させるあたり、凄くセンスの良いブランドだと思います。



今日の気になる↓

SUNNEI(サンネイ)のワークシャツ
硬派なアイテムですが独自の感性でストリートに落とし込んだ一着。このデザインでとろみのある素材、新鮮過ぎる56,160円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

TAVERNETTA da KITAYAMAさん

オンライン担当の西出です。

出張組はイタリアで美味しい食事をしていると思います・・・ので、私も気分だけでもと思い行ってきました。

TAVERNETTA da KITAYAMA(タヴェルネッタ・ダ・キタヤマ)さん。

大阪の南船場にある、雑居ビルの奥まった一階にある隠れ家的なイタリアンです。
前情報によると肉料理がお得意とのこと。

それにしても、グルメブロガーの人の記憶力って凄いですよね。ちょっと時間が経つとどんな料理だったか写真があっても忘れてしまいます・・・。
これはアスパラを使った何かやったな・・・、美味しかったけど。
これはチーズをくるんであげた何かやったな・・・、美味しかったけど。

そんな記憶しか残っていないんですが、美味しかったことは確かですので、ここから料理の写真です↓

アスパラを使った何か。上品で美味しかった記憶があります。

チーズをくるんで揚げた何か。意外とさっぱりしていて美味しかった記憶があります。

これはウニのパスタですね。
定番なだけあり美味しかったです。

お肉にはサマートリュフをかけて下さいました。
トリュフがあると凄く贅沢な気分になれますね。



という事で、美味しく頂くことが出来たんですが、今回はワインがちょっと変わっていた様子。

赤ワインなんですが、自然派カメ壷醸造というグルジア発祥の醸造方法でして、カメの中にブドウを入れ、密封して地中に埋めて発酵させるという昔ながらのナチュール製法。

グルジア観光局のホームページによると↓
世界3大長寿国のひとつ、グルジア。大陸性気候に恵まれ、「ぶどうのルーツ」とも言われるところ。この地で生まれたワインの歴史は紀元前8000年までさかのぼる。シルクロードの西の端、コーカスの山から湧き出たミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種からワインが誕生した。最古から受け継がれてきたグルジアのワイン酷造方法で最も鍵となるのが「Qvevri(クヴェヴリ)」と呼ばれる大型の壺である。 このクヴェヴリ製法とは、ブドウを壺の中で(この壺の内側はオーガニックの蜜蝋でコーティングされていてる)発酵させるのだが、さらに壺を地中に埋めることで一定の適温での発酵が実現されるという。この製法こそがワイン作りの起源になったのだが、今なお行っているのは唯一グルジアだけ。樽での発酵では絶対に生まれない豊かな果実感を持った身体に優しいワインが出来上がる。タンニンも豊富に含まれており、活性酸素をも抑制する効果も持つ健康にも良いワインだ。完全な手作りだからこその無添加で個性的なワインの仕上がり。まさに歴史と伝統、品質の良さ、酷造技術、3拍子そろった本物のワインの味わいを生み出す壺なのである。

とのこと。

こちらはガスコーニュのタンニン強めのタイプ。
お肉料理に合う赤ワインでした。



今日の気になる↓

MARNI(マルニ)のスキッパーシャツ
アシンメトリーなパターンで、デザイナーズブランドらしいオリジナルなムードを漂わせる59,400円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Pitti3日目、guji的には2日目のスタイル

オンライン担当の西出です。

トロントラプターズ、おめでとうございます!!
近年稀に見る接戦、非常に見ごたえのあるNBAファイナルでしたね。
ここ最近はどうせゴールデンステートウォリアーズ(楽天がスポンサーしているチーム)が勝つやろ・・・みたいなシリーズが多かっただけに、来期以降の潮目が確実に変わるであろう結果となりました。

遂に王朝も終焉か・・・。

という事で表題のトピックに。

今回の集合写真は入り口ではなく、本館横のスペースですね。
昨日とは打って変わってカジュアルに・・・。
相当な暑さで心身ともにやられたのでしょうか・・・、それともスタイリングの傾向が軽めに、カジュアルに流れていることを受けてのスタイルなのか・・・。

代表田野は相変わらずのモノトーン推しですが、昨日よりもより軽やかな印象で、羽織は無し。
気持ち裾幅にゆとりを持たせたシルエットのパンツはこれからの流れにピッタリですね。

コンサバが売りの田野が穿いているだけに、全体の流れとしてもギュンっとしたテーパードは緩やかになっていきそうです。

バイヤー岩佐もモノトーン。
ライトウェイトのリネンセットアップはコンテンポラリーブランドのBARENA(バレナ)から。
ダブルジャケットなんですが仰々しさはなく、モノトーンでありながらリラックス感と軽やかさが際立っています。

バイヤー高階はニットシャツをオーバーサイズで。
肩の落ち具合や絞りのないボックスシルエットが良い意味で力の抜け具合を表現しているんですが、袖丈がやや長めになっているところがポイントですね。
肘までかかるくらいのバランスは今までの半袖シャツには少なかった傾向。
デザイナーズブランドなどが取り入れ始めている仕様なので、来年にはファクトリー系もそれに続くか・・・というところです。



今日の気になる↓

RENCONTRANT(レンコントラント)のボタンレスカーディガン
涼しい素材で上品で、さっと羽織れるニットが今一番欲しいアイテムかもしれません。27,000円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Pitti2日目、guji的には初日のスタイル

オンライン担当の西出です。

早速現地からgujiスタッフのスナップが届きました。

インスタやらブログやら、いろいろやっていますので既にご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、一応・・・。

恒例の入り口での集合写真。何故か笑顔。
今回はここ最近の最低遂行人数の5人(うち一人はWEB担当の猿渡なので、カメラ係です)。なので、画像には代表とguji、ringのバイヤーのみの登場です。

出来れば店舗スタッフの若手なんかも雰囲気を感じに連れていってあげてほしい・・・、もしくは古参スタッフも定期的にイタリアの今に触れてほしい・・・という感じですが、何分微妙にお店も忙しい時期。
なかなか理想通りにはいかないですね。

という事で、各自を見ていきましょう。
まずは代表の田野↓

来秋冬、その次の春夏のビッグウェーブとして浮上しているモノトーンスタイルを先取り。
ブラックを基調としたゴリゴリのモノトーンスタイルです。

グレーのタイと、かなり以前に「アルバザールで買ってきて」といわれ私が買ってきたであろうウォレットチェーンがポイントです。

続いてバイヤーの岩佐↓

なかなかの派手ないでたち・・・汗
でもPittiですと全く浮かず、むしろ落ち着いて見えるので不思議ですね。

ワインレッド(敢えてボルドーといわず)のダブルブレストスーツにストライプタイ、白ではなくグレーのシャツというも良いですね。

ラストはバイヤー高階↓

何か嬉しいことでもあったのでしょうか・・・、スーツに見えてスーツじゃない感じ。
コンテンポラリーセクションを主に担当しているので、パンツはワイドなストレート。
裾幅広めのシングルというのがモダンですね。



今日の気になる↓

D’AMICO(ダミーコ)のスターリングシルバーフェザーバングル
夏になるとお守り代わりに身に着けたくなる21,600円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ドメニコさんは灼熱のPittiでも涼しそうです

オンライン担当の西出です。

ここ最近夏のpittiは涼しかったんですが、今年はどうも暑い様子。
気温が高くなれば「松岡修造が来た」なんて言われる時代ですが、もしかして今イタリアにいたりして・・・

早速様々なサイトでPittiのスナップがアップされていますね。
私もそれらをチェックするのが好きでして、WEB担当としてgujiスタッフがもしかするとスナップされているかも??もしされているとリポスト的なことをして啓蒙活動に努めないと・・・と思っているわけです。

今のところまだ発見には至っておりませんが、このあたりをよく見ています↓

Pitti official

GQ

VOGUE

他にもHYPEBEASTやらインスタやらをチェック。
この時期のスナップ探しがなんだかんだでかなり忙しいんですよね。

白いスーツには白髪(銀髪?)が似合うのかも。



今日の気になる↓

SeaGreen(シーグリーン)のボタニカルプリントシャツ
アロハの様でアロハでない、大人が着られるプリントシャツは20,520円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

フィレンツェでの宿

オンライン担当の西出です。

今回のイタリア出張は事情があって私は不参加ですが、毎度フィレンツェでの宿探しは私の仕事。
限られた予算の中で最上の予約を求めいろいろと探しているわけですが、何せ5人以上になることもある大所帯・・・汗
Pitti時期のフィレンツェは世界中からバイヤーが集まってくるため宿泊価格が高騰していますので、ここでこの値段???というところがめちゃくちゃ多いんです。

前回はかなりいい感じの部屋をいい感じのプロモーション価格で予約出来たので、久しぶりの個室でした。

Cellai Boutique Hotel

会場であるバッソ要塞にも近く、綺麗なブティックホテルでした。

こんなスペースあったかな?
基本的には寝ているか朝食を食べているかしか過ごさないので、よくわかりません・・・。

ちなみに今回こちらに泊まろうとしたら、一人一泊2万円以上していたと思いますので、完全に予算オーバー。

前々回はアパートタイプで7人泊。7人×3日で15万くらいだったように記憶しています。
ひとり一泊1万円を切っていますので、プライス的には上々でした・・・が、アパートの向かいが植物園だったからか、深夜には蚊との闘いが繰り広げられました・・・眠

という事で今回は個室はあきらめ、再度アパート泊の線で探しました。
で、見つけたのがこちら↓

こちらで4人×3泊で7万円を切る価格。
一人当たり6000円未満という事で、今までのフィレンツェ泊で最安値を記録しました。

このアパートは2ベッドルーム、2バスルームという事で、イメージ的にはツインの部屋を借りている感じでしょうか。
とはいえ、ツインの部屋でもこの時期はそれなりにしますので、それよりかなり安くあげられたことになります。

写真だけを見るとかなり綺麗な感じがします。
是非Pitti組の感想を聞かせてほしいですね。



今日の気になる↓

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズド シャツ)の半袖シャツ
完全に市民権を得た半袖シャツ。ちょっとアメリカンな雰囲気が気分な23,760円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

お料理宮本さんのお料理

オンライン担当の西出です。

先日縁あってお伺いさせて頂いた東天満のなにわ料理の名店“お料理宮本”さん、大変おいしゅうございました。

料理の写真は撮らせて頂いたんですが、ネットやSNSにアップするのは控えてほしい・・・とのことでしたので、こちらではご紹介出来ないのが申し訳ないところ(食べログなどには何故かたくさん上がっていますが・・・)。
アップを控える理由はその時に伺わなかったのですが、後日ネットを見ていると、「コース料理の内容を楽しみにされている方もいらっしゃるので、後日ご予約されている方の目に入ってしまわないように・・・」との配慮だそうです。

大阪の和食がお好きな方であれば一度伺って損はない名店だと思いますので、是非お勧めです。
ちょっと遅めの時間帯ですと予約は取りやすいかもしれません。

で、こちらの店主の宮本さん、相当に洋服が好きらしく、クラシコイタリア系の洋服もとにかくお詳しい。
実際によく購入されているようで、先日gujiでも購入いただきました。
料理の話はもちろんのこと、ファッションの話でも楽しんで頂ける、相当お好きなご主人です。

その節は本当にありがとうございました。



今日の気になる↓

SUNNEI(サンネイ)のカットソー
まさにその通り、毎日着たい19,440円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ)の新商品

オンライン担当の西出です。

表題の通り、ACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ)の新商品が店頭に入荷しています。
本来なら5月中に入荷してくる予定でしたが、少し遅れてしまい今のタイミングになってしまいました。

肝心のアイテムは・・・、ルームディフューザーです。

今までルームディフューザーはCOLONIAの香りのみでしたが、新たにgujiでメインで取り扱っているBlu Mediterraneoのシリーズから登場です。

お馴染み一番人気の“ARANCIA di CAPRI ”、渋い香りで幅広い層から人気の“CHINOTTO di LIGURIA”、誰からも愛される“BERGAMOTTO di CALABRIA”、ちょっと甘めでありながら爽やかな“FICO di AMALFI”、紳士のダンディズムを最も感じさせる気がする“MIRTO di PANAREA”の5種類をチョイスしました。

家でもACQUA DI PARMA、体にもACQUA DI PARMA、手先にもACQUA DI PARMAというACQUA DI PARMA漬けの生活をすることが可能なんですが、ここまでくると完全に香りを感じる機能がマヒするのかも・・・汗
あくまでも適度な使用を心がけて頂くと、心身共に健やかに過ごして頂けると思います。

店頭ではすでに販売をスタートしていますが、オンラインでは近日中にアップする予定ですので今しばらくお待ちくださいね。
お急ぎの方はguji各店までお問い合わせよろしくお願いします。



今日の気になる↓

SUNNEI(サンネイ)のニットポロ
よく見たらACQUA DI PARMAカラーですが、爽やかに気持ちオーバーサイズで着たい45,360円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2020S/S Cisei(シセイ/チセイ)

オンライン担当の西出です。

ここ最近の最も熱い関心ごとであるNBAファイナル、ラプターズが3勝で王手をかけました。
チームプレーに徹しながら要所要所でショットを決めるエースレナード、優勝するとなるとファイナルMVP確実かと・・・。
派手なプレイが少ない分目立たないですが、本当に良いプレーヤーだと思います。

ちなみに、gujiでそんな感じにいぶし銀的な活躍をしているブランドが取り扱いスタートから10年を数えるCisei(シセイ/チセイ)

ここ最近の巾着型ドローストリングポーチがスマッシュヒットを記録しましたが、更に新しいクリエーションがなされていました。

定番のシュリンクレザー“リンドス”を用いたバックパックと折りたたみクラッチバッグです。
ここ最近バッグ業界は本当に元気がなく、財布が小さくなるのと同様にバッグも小さくなり存在感も控えめだったんですが、ここにきて大き目サイズが注目を集めるようになってきました。

ストリートのスタイルを見てもサコッシュ旋風は落ち着き、ビッグサイズなバックパックやショルダー、ボストンバッグかな・・・というトートもちらほらと。
その流れは確実にこちらのジャンルにも流れていて、トレンドを取り入れることに長けた日本人ブランドが上手くオーバーミドルに相応しい形で提案しています。

Ciseiはご存知フィレンツェで工房を構える大平氏が主宰するブランドという事で、シンプルなデザインですが絶妙に上品な雰囲気を漂わせるブランド。
あくまでもリアルなサイズ感で、エレガントなスタイルを提案しています。

4型あった新型のうち、2型をチョイス。
画像左に少しだけ映っているのはスクエア型のトートバッグ。こちらは今回はスルーです。
あともう一型は封筒型のおちゃれクラッチ?のようなタイプ。こちらも良いんですが、使い方が想像つかないのでスルーです。

よく見かけるバックパックデザインですが、サイズ感やポケットの雰囲気が絶妙です。
今回は単色でオーダーしますが、次回はもしかするとコンビなんかを採用するかも・・・。
意見としてバイヤー陣に出しておきましたが、没となりました・・・涙

クラッチもいいですね。
底マチがあるので意外と収納力があって、折り返しの幅は荷物に合わせて自由に決められるので、かなりコンパクトにもなります。
この感じ、待っていました。



今日の気になる↓

McRitchie(マックリッチ)のニットヘンリー
カットソーではなくニットというところがミソでして、男らしさにエレガンスが見事に注入された39,960円。

オンラインスタッフによるインスタアカウント↓
@guji_ginlet
こちらをクリックまたはタップお願いします~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
上に戻る