良いパンツには愛と蘊蓄を込めて、です。
-giab’s ARCHIVIO-

みなさん、こんにちは。

そう言われても困るノブタです。

なんの話かと言うと、その昔、知り合いの女性にカシミアとウールの違いを説明するためにカシミヤ山羊の画像を見せた際、『え、無理』と言われて思ったことです。

どうも参考にした画像が悪かったのか、それまでに彼女の中にあったカシミアのイメージが良すぎたのか、“森の主”みたいなカシミヤ山羊の姿はイメージと違いすぎたようです。

結果的にネガティブキャンペーンになってしまったノブタのプレゼンの後も彼女がカシミア製品を愛好してくれていればいいのですが、そこは定かではありません。

一般的にはウールより希少で高品質なカシミア、当然のことながら価格も高くなってしまう訳ですが、当時の罪滅ぼしになるかはさておき、それには相応の理由があるということを今季も頼もしいあのパンツを引き合いにお伝えできればと思います。


giab’s ARCHIVIO/ジャブスアルキヴィオ【国内正規品】ウールカシミアクリースステッチパンツ【MASACCIO GOLD】 44,000円
↑商品の詳細はこちらをご覧ください。

まずはきちんとパンツの説明からしていきましょう。

スニーカーに合わせても、ローファーに合わせてもしっくりとくる美しいスリムテーパードが頼もしすぎてリピーターも多いgiab’s ARCHIVIOの【MASACCIO】ですが、こちらは生地やディテールに違いのあるラグジュアリーラインの【MASACCIO GOLD】と言います。

パンツのシルエットに違いはなく、サイドシャーリングやセンターのクリースステッチも同様です。

そのため、ウエストに融通が利くこと、デザインとしてアクセントになりつつ膝が出にくいというメリットももちろん【MASACCIO GOLD】に活かされています。

そして、【MASACCIO】では身頃と共生地で作られるドローコードが光沢のある撚り紐で作られ、先端のパーツもゴールドのパーツになるという、より高級感のある仕様になっています。

もちろん一番の特長は、正面はもちろん、背面から見ても美しいシルエットです。

スリムで脚を綺麗に見せてくれるのは当たり前なんですが、ストレッチ素材を混紡していないにも関わらずほとんど無駄な生地の溜まりはなく、製品が実際の脚の形に沿った造形によってスレンダーに見せてくれています。

そして、これは実際に穿いて試していただければ伝わることですが、ワタリやふくらはぎに過剰なストレスがかかる感覚もなく、脚の曲げ伸ばしの際にも無理を感じることもないと言っていい仕上がりになっています。

これは当たり前のようで実は簡単ではなく、生地や洋服への造詣が深く、パンツを立体的にデザインできる中新井氏のディレクションあってこそかと思います。

そんな【MASACCIO】とラグジュアリーラインである【MASACCIO GOLD】の最も大きな違いはやはり生地です。

今日ご紹介のパンツはウールカシミア、詳しくはウール90%、カシミア10%という混率になっていますが、この10%が大きな違いになって表れています。

さて、ここで冒頭の話に戻るのですが、そもそもウールとカシミアでは産出する動物が違います。

ウールはご存知の通り、羊の毛やその毛織物を指します。

もちろん保温性に優れ、有名な品種のメリノ種などは肌触りも良い毛織物製品を生み出しています。

一方でカシミアは、インド北部カシミール地方原産のカシミヤ山羊の産毛を使った毛織物で、一頭から取れる量は150g〜250gと言われています。

ちなみに羊一頭から取れるウールは4kgとも言われ、両者には大きな差があります。

しかもカシミヤ山羊の飼育数自体は羊の1/10程度ということもある上、採取の際は櫛で梳いて取らねばならないという手間の面でも大きな差があるんです。

ウールとカシミアの価格の差はこういった面から生まれるのですが、そうまでして得たい違いとはなんなのでしょうか。

まずは光沢感、こういった起毛感のあるサキソニー素材は、本来高級感を演出してくれる光沢というのは見て取りにくいのですが、100%ウールに比べるてカシミアを混紡することで明らかに高級感のある表地になっています。

また、これはそのまま触り心地の違いにもなっており、より滑らかで肌に抵抗を感じさせない生地に仕上がっています。

そして、もちろんのこと保温性が違います。

羊毛の太さは一般的に約20マイクロメートルと言われるのに対して、カシミヤは約15マイクロメートル、つまり毛の繊維がずっと細いということになります。

繊維が細いということは製糸にした際に繊維が細かく絡み合い、より多くの空気を留め置くため、体が発した熱を逃がしにくい作りになるということなんです。

しかも製品が多くの空気を含むということはより軽く、繊維が細かいということは肌触りが滑らかになるということでもあるんです。

長々とウールとカシミアの違いについてお話をしてきましたが、つまりはこちらは優れた生地です、ということは伝わったでしょうか…。


ブルゾン:MOLEC
カットソー:ANTICIPO
パンツ:giab’s ARCHIVIO
シューズ:ferrante

高級感のあるパンツですので、ジャケットはもちろんレザーなどと合わせてスタイルに品を加えるのにも適しているかと思います。

より良い物こそより詳しく知っていただきたいという思いを込めた【MASACCIO GOLD】、知った以上は買うしかない、と思っていただければ幸いなんですがいかがでしょうか。

↓ご紹介の商品はこちらからもお買い求めいただけます。是非ご覧ください。
giab’s ARCHIVIO/ジャブスアルキヴィオ【国内正規品】ウールカシミアクリースステッチパンツ【MASACCIO GOLD】 44,000円

↓camisimoの動画をご覧いただく場合はこちらからどうぞ。
camisimo MOVIE
camisimoのオンラインサイトはこちらをクリック
camisimo楽天市場店camisimo yahoo店
インスタグラムですといち早く新入荷の情報をお届けできますので、是非ともフォローお待ちしております!!!
camisimoのインスタグラムアカウントはこちらをクリック→camisimo_kyoto
guji laboratorioのインスタグラムアカウントはこちらをクリック→guji_laboratorio

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
上に戻る