“映える”小物で差をつけませんか?
-Kinloch-
camisimo vive benissimo.

皆さん、こんにちは。

camisimoのノブタです。

お店のInstagramなどを編集していますと、同じような写真の中から少しでも写りの良いものをなんとか選ぼうと心がけて、まさに目を皿のようにして男前に写っているものを、いや、商品の魅力が伝わりそうなものを決める訳です。

昨今の表現で言うならば“ばえる”写真を選び出すということになります。

この“映(ば)える”か否かという判断基準は、画像で溢れているSNSではもちろん重要なことですが、実際のコーデの中でもかなり大事なことなのではと思います。

特に徐々に薄着になっていくこれからの季節、単調になりがちなコーデの中にほんの少し足して頂くだけで周りに差をつけるような、同じようなカッコウの男性にウンザリ気味の女性の目に留まる、そんな“映える”アイテムをご紹介したいと思います!

あ、先にお伝えしておきますが、今日はかなり画像メインのご紹介となります。

“ばえる”アイテムということでご容赦ください。

Kinloch/キンロック【国内正規品 2019春夏】シルクプリントプリントスカーフ  15,660 円
↑商品の詳細はこちらをご覧ください。

2013年にイタリアはミラノでスタートしたKinlochですが、モチーフをポップで遊び心のあるデザインと配色に落とし込んだプリントが非常に特長的です。

まずはそのデザインに目が行きますが、製品としてもとても高い品質を備えています。

これらはシルク製品が有名な北イタリア・コモにおいて有名メゾンのプリントを行う工場で高い水準の伝統的技術を持つ職人たちの手によって生み出されており、その品質は非常に滑らかで光沢のあるシルクツイルの生地や職人の手縫いで仕上げられるパイピングからもうかがい知ることができます。

現在展開しております7種類を一挙にご紹介です。

多色使いの物や比較的色数を絞っているものなど様々ですが、実はどれもベースとなる色が決まっていまして、実はこれが“挿しアイテム”としての使いやすさを保ってくれているんです。

と言うのは、そのスカーフのベースとなる色とコーデの中のその他のアイテムの色を合わせる、もしくは近い色を拾っていただくだけで、まずハズしてしまう心配はないかと思います。

店頭でこういった小物類をご案内させて頂いても敬遠しがちの方は一定数いらっしゃいまして、その理由としては『なんか、どう合わせるの?』という方が比較的多いように思います。

ですが、上記のようにベースの色とその他のアイテムを合わせて頂ければ、後は自動的にKinlochの良センスな配色が絶妙な按配の挿し色となって“映えて”くれるという訳なんです。

例えばパンツと合わせて


カットソー:CRUCIANI
パンツ:giab’s ARCHIVIO
シューズ:Amb

結び目より先をインナーの中にしまう、やや控えめな挿し方も良いのではないでしょうか。

靴の茶系とインナーの黒があるので、パンツや羽織りと色が違っても問題なしですね!


カーディガン:スタイリスト私物
カットソー:CRUCIANI
パンツ:SIVIGLIA
シューズ:スタイリスト私物

ベースでなくアクセントの色とシャツを合わせてみました。


シャツ:Finamore
パンツ:RICHARD J. BROWN
シューズ:Amb

そもそもアイテムの配色や発色が素晴らしいので、“挿しもの”として非常に使いやすく秀逸かと思います。

“映えるスカーフ”、きっと重宝して頂けるのではないでしょうか。

↓ご紹介の商品はこちらからもお買い求めいただけます。是非ご覧ください。
Kinloch/キンロック【国内正規品 2019春夏】シルクプリントプリントスカーフ  15,660 円

camisimoのオンラインサイトはこちらをクリック→camisimo楽天市場店
インスタグラムですといち早く新入荷の情報をお届けできますので、是非ともフォローお待ちしております!!!
camisimoのインスタグラムアカウントはこちらをクリック→camisimo_kyoto
guji laboratorioのインスタグラムアカウントはこちらをクリック→guji_laboratorio

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
上に戻る