『laboの放課後』
labo生から見たguji京都店!

最近お昼ご飯はドーナッツとコーヒーです。

こんにちは、楠木です。

少し仰々しいタイトルをつけた本日のブログですが、決して京都店に対して言いたいことがある!!というようなことではなく(汗)、guji東京店の3ヶ月の研修を終えてlaboに帰ってきたぜ!と思ったらguji京都店での研修を今現在させて頂いているんですが、laboratorio店でも担当していますレイアウト変更を京都店でも担当させて頂いています。

店舗が変わるともちろんですが見せ方や考え方を変えるんですが、自分がウインドウで表現したいイメージと実際施行してみて出来た印象が何か違うなぁということがよくあります。

毎回振り返りながらこうしたらイメージと近くなるんやなぁとかこういう方がカッコええやん!!というのが作った後にいつも思います。

ラフ案を作成するときにこういうのが浮かんでたら完璧なんやけどなぁと思いながら完成した後に思いますが、とりあえず今月の京都店のウインドウを見ていただきましょう!!

今回はバルバをフィーチャーしたウインドウを作りました!

スタイリングを見せるのとアイテムを見ていただくパートに分けたんですがバルバのナポリらしさも出ているんではないでしょうか!?

京都店のウインドウを作る際は螺旋階段を何往復もするんですが、今回もだいぶ上り下りしました(汗)

ライトの角度やレンガの置き方、全体のバランスなど外から確認して何度も微調整を繰り返すんですが、もうちょっとこうやなっていう積み重ねでだいぶ変わるので微調整はおろそかにできませんね!

laboratorio店でもそうですが京都店でやるときも施工の進め方やもっとこういうふうに考えてみようというのをいつも教えていただくので、これからもっともっとカッコイイビジュアルを作れるように精進していきます!

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

カーディガン以上ブルゾン未満のCHIOTO
ZANONE(ザノーネ)カーディガン1型



こんにちは、岸田です。
本日ご紹介するアイテムはZANONE(ザノーネ)のスタンドカラーカーディガンです。
CHIOTOと呼ばれるスタンドカラーカーディガンは、ハリのあるしっかりとしたミドルゲージの生地を使用したアウターでもインナーでもお使い頂ける万能なアイテムです。


ミドルゲージのしっかりした生地で襟の立ち方は綺麗で細身のシルエットですので、スマートな印象のカーディガンです。腕の部分もタイトですのでコートのインナーにお使いして頂いても腕がもたつくようなことはないはずです。
シャツとの合わせ以外にカットソーとも合わせて頂けるので、カジュアルにモックネックと合わせたオフの日のコーディネートはオススメです!!

laboratorioではネイビーとホワイトの二色展開ですが、gujiでは4色で、またカシミア素材のラグジュアリーモデルも展開しております。
さらには伊勢丹京都店とのコラボレートモデルでメランジ調も展開しておりますので、是非ご覧くださいませ。

MODEL:CHIOTO/810740/Z0229
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ホワイト・ネイビー
SIZE:44・46・48
PRICE:52,920yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『laboの放課後』
今季買ったもの〜則包編〜

最近の休日はもっぱらサウナに通って”整う”事にハマっております。則包です。

どういう事かと言いますと、”サウナ→水風呂→外で休憩”

単純にこのルーティンを3セット程こなしていくだけです。

本当に単調な作業なんですけど、恐ろしい事に2セット目の後半ぐらいから煩悩が完全に消え去り(笑)、それはなかなか体験する事のない”究極のリラックス状態”になる訳です!所謂、脳内麻薬と言われているアレです(笑)。

このサウナのようにエンドルフィンが出るわけでは無いですけど…同じくらい気持ちを高ぶらせてくれる時が、自分の服や小物などのアイテムを買った時では無いでしょうか。

本日は、少し前に楠木が紹介しておりました”今季買ったものシリーズ”を引き継ぎまして、私がご紹介させて頂きますので、宜しくお願い致します!

まずは…こちら。

今季の私の一張羅でもあるStile Latino(スティレラティーノ)のフランネルダブルスーツです!!

敬遠してた訳ではないのですが、グレー系のスーツやジャケットをあまり所有しておらず、常々気にはなっていたので遂に手に入れることができました…。

自分にとっては本当に新鮮なので、ジャケットとパンツをバラしてデニムに合わせたり、ニットで合わせたりと様々なアイテムに使えるので日々試行錯誤しております。

ブラックでシャープにキメるのも良いですが、今季はブラウンを基調に合わせて見ても、メランジの柔らかい雰囲気を生かして使えそうです。

そしてお次は新進気鋭のブランド、ACATE(アカーテ)のクラッチ”BREVA”です!!

シュリンクレザーの雰囲気が良く、A4サイズよりコンパクトなサイズになっているので使い勝手の良さも素晴らしいです。

後は何と言ってもこのデザインです!どんなコーディネートにもスッと馴染んでくれるミニマルなデザインも購入に至った大きな要因です。

そして最後はCrockett&Jones(クロケットアンドジョーンズ)の”HARVARD2″です。

最近はタッセルしか履いてない…と言っても過言ではないほど常に履き回しておりましたので、これを機にタッセル一辺倒はやめようかなと決意したのであります(笑)。

アンライニングなので足馴染みが非常に良く、履き慣らす段階で足が痛くなりにくいのが本当に嬉しいです…。

傷が付きにくく、デイリーユースでの使い勝手の良さから最近はこればっかり履いてしまっております(笑)。

と、いう事で完全に私的な見解でのご紹介でしたが、少しでもご参考にして頂ければ幸いです…。

店頭にも並んでおりますので、ご相談等ございましたら何なりとお申し付け下さいませ!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

モダンなパンツに新色追加
PT01(ピーティーゼロウーノ)パンツ1型



こんにちは、岸田です。
本日はPT01(ピーティーゼロウーノ)のコットンパンツをご紹介致します。といっても新色追加のご紹介ですので、二回目のご紹介ですね。

今や定番となったGENTLEMAN FITはSUPER SLIM FITと比較すると股上が深く腰回りに少しゆとりがあるシルエットが特徴です。ややゆとりのあるシルエットはまさに今が旬ではないでしょうか。
SUPER SLIM FITのほっそりとしたフィッティングが好きな私もGENTLEMAN FITを試着してみました。確かに腰回りのゆとりや股上の深さが変化していてリラックス感のあるフィッティングです。腰回りのゆとりはありますがテーパードはしっかりと効いていますので、細身のパンツがお好きな方も挑戦しやすいかと思います。


ライトグレー・ネイビー・ブラックの三色で展開しておりましたが、ベージュが新たに入荷しております。ベーシックなコットンパンツですので、汎用性は高く様々なシーンでお使い頂けると思います。
また、PT01は裏地が毎シーズンで異なっています、今シーズンは画家サルバトーレ・ダリとルネ・マグリットの作風である”シュルレアリスム”からインスパイアされたコレクションで、裏地もこちらに関連したものになっております。
こういった見えない部分にもこだわりがあっていいですね。

MODEL:The ELEGANCE of IRONY GENTLEMAN FIT CPGT11ZP0MAG/TT02
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
COLOR:ベージュ・ライトグレー・ネイビー・ブラック
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:32,400yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『laboの放課後』
Play×Wear×Character=Tennis!!

皆さん、こんばんは。

初めましてのご挨拶が先でしょうか。

京都店勤務の信田<ノブタ>と申します。

gujiの若手を中心とした徒然草、『laboの放課後』にてなぜ38歳のアタクシが筆を執るのかと、

部活の現役生が楽しく和気あいあいと企画運営しているイベントになぜ卒業OBのようなアタクシが

先輩『よぅ!楽しそうにやってんなぁ!でもこうした方がもっとよくねぇか!?』

現役生『・・・っす。』

みたいなことをするのかと申しますと、実は私、guji京都店に勤務しながら自身でcamisimoというwebショップを運営する研修生という立場でして、

実際は上記のような先輩後輩の関係性ではなく、むしろlaboの皆さんと共に日々、切磋琢磨している駆け出しですので、

今回のブログの件も、浅ましく自分のお店を宣伝しようと・・一つのいい経験になると思い担当させていただきました。

というわけでして、少しでも興味のある方はちらりとでも覗いていただけやすと幸いでごぜぇやす。(ゲス顔)

さて、今回は私のお店の紹介は程ほどに致しまして、大好きなテニス(←唐突)のプレイヤーとそのウェア、そして少しそのキャラクターについてお話ししたいと思います。

まずは、

Nick Kyrgios<ニック・キリオス>

オーストラリアのテニスプレイヤーです。

個人的に大好きな選手でして、ウェアはNIKEですね。

ご覧のように『ん?テニス?』となるウェアですが、NIKEは色使いやデザインなど、比較的こういった“攻めたデザイン”が多いように思います。

ですので自然、『どうしてこれを選んだ・・・?』となる選手も毎大会ちらほら見受けられますが、キリオスはこういったウェアをカッコよく着こなします。

彼の場合はそのキャラクターも相まって、こういった王道ではないデザインが非常に似合います。

そのキャラクターというのがいわゆる“抜群の才能と破天荒な性格(でも自分より弱い立場の人にはめっちゃ優しい)を併せ持った天才”です。

男子が厨二心をくすぐられて仕方ない設定です。

彼はよく、試合中に怒られています。

ちなみにポケモン大好きです。

ファンの方に

『ポケモンGOよりテニスに集中しろ!フェデラーやジョコビッチはそうしてるだろ!』

と言われたところ、

『じゃあ、フェデラーやジョコビッチがこんな強い(ポケモンの)キャラを持ってるのか?』

と返したほどです。

正直、彼のエピソードは枚挙に暇がないので、興味のある方は是非検索してみて下さい。

ただ、才能は世界一です。記録にはさほど残らなくても強烈に記憶に残る選手です。

次は、

Andy Murray<アンディ・マレー>

“BIG4”と言われる偉大な選手の一人です。

ウェアはUNDER ARMOURです。

割りとモノトーンを基調としたウェアを好む気がします。

彼を紹介したいのは、むしろウェアよりもキャラクターですね。

テニス史に名を残す程に偉大な4人の現役選手を指してBIG4と言いますが、彼はタイトル数などからも長らく他の三人を追いかける立場でした。

また、ウェアやコメントからは素朴な人柄が伺えます。

そして、やや闇を感じます。

ただし、延々、不気味な人形の映画を勧めてくる岸田さんとは違い、共感できる闇です。

試合中はだいたいブツブツ言ってます。(リトルアンディと会話しています。)

そしてゲームが大好きです。ゲームのやりすぎで彼女に振られたというほどです。(←ちなみにこの彼女とはその後復縁し、現在は結婚しています。)

他のBIG4の三人がその並外れた強さと強烈な個性からテニス星人と例えられるのに対して、マレーは人間界最強と言われることがあります。

つまり、多くの人にとって、突出したキャラクターや傑出した才能を感じさせる選手ではないのでしょう。

ですが、オリンピックを連覇したテニス選手は男女を通じてマレーだけです。

2017年には世界ランキング1位にもなっています。

以前、某放送局のCMで

『彼らがいなければ

もっと勝てただろう

しかし

彼らがいなければ

ここまで強くなれただろうか?』

と言うフレーズがありました。

ただただ自分と向き合い続けて頂点まで上り詰めたスタイルは応援せずにいられません。

最後は、

Roger Federer<ロジャー・フェデラー>

さすがにテニスに興味がなくても名前くらいは耳にされたことがあるのではと思うテニス界の生ける伝説です。

テニスをしたことがある方なら誰もが憧れるような華麗なプレイスタイルが、もうホントたまりません。

ウェアはUNIQLOです!

長く着用していたNIKEから今シーズン変更しました。

その契約内容は期間10年、スポンサー料は3000万ドル(!)と言われています。

つまり、現在37歳のフェデラーは引退後も公式のイベントなどでUNIQLOを着用する可能性が高いことになります。

もちろん契約内容は一般には明らかにはされませんが、一説にはフェデラーが現役中・引退後も望むチャリティ活動などにUNIQLOが協賛するなど

単に“スポーツウェアを提供して、宣伝をする”以上の意図があると言われています。

そうなんです、フェデラーがテニス界においてすでに伝説と言われるのは強さだけが理由ではないんですね。

彼の人柄とスター性を示すエピソードをいくつか挙げましょう。

・グランドスラム優勝回数は男子最多の20回。

・大怪我から復帰する度に必殺技を編み出して帰ってくる。

・大会優勝時のコメントではまず対戦相手を称える。

・怪我に苦しむ長年のライバル・ナダルに送ったコメントは『テニスが君を必要としている』

・テニスが好きすぎる。
→サッカーの試合を見に行ったが、他所で行われているテニスの試合が気になるため、サッカー場のスタンドでスマホでテニス観戦。
→自分が世界一位なのに、控室で見ていた他の試合に興奮して絶叫する。

・奥さんが買ってくれた洋服はダサくても着る。

聖人やん。

ほんで、テニスの神様がテニスの進化のために現世に遣わしてくれたテニスの化身やん。

さて、長々と好き勝手なお話をしてきましたが、もしもこれを機にテニスプレイヤー達のウェアや人柄に興味を持って頂けたらうれしいです。

もちろん、既にテニスが好きだという方はノブタに一声かけて下さるとなおうれしいです。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

あの人気のシャツに新色追加!!
Giannetto(ジャンネット)シャツ1型



こんにちは、岸田です。
本日はGiannetto(ジャンネット)のオックスフォードシャツに新色が追加されましたのでご紹介致します。
追加されたのですが…もうすでに欠けているサイズもございます。どうやら非常に人気のようですね。

giannettoで人気のVINCI FITですので、着丈短めのタックアウトでもすっきりとした見え方になります。もちろんタックインもできます!!
カジュアルなジャケットと合わせてタックアウトしたルーズな雰囲気も楽しんで頂けますので、タックイン以外での新しいスタイリングに挑戦できますね。


チャコールグレーとネイビーの二色の展開です。チャコールグレーのシャツはなかなか見ません、探されていた方は是非この機会に。
生地は少しハリ感がありますので男らしい印象ではないでしょうか。

オックスフォード生地はどのようなコーディネートにもお使い頂けますので、何枚あっても困ることはないかと思います。
定番のネイビーもいいですが、やはりグレーが気になります…

MODEL:VINCI FIT/9G14530V81
MATERIAL:表地コットン100%
COLOR:チャコールグレー・ネイビー
SIZE:36・37・39・41
PRICE:24,840yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

無地のようなボーダー
SeaGreen(シーグリーン)カットソー1型

こんにちは、岸田です。

本日ご紹介するのはSeaGreen(シーグリーン)のカットソーです。
同じ生地で春夏シーズンには半袖で展開しておりましたが、秋冬シーズンは長袖での展開です。


こちらのカットソーのボーダーは生地の凹凸で表現したおりますので、それほど主張はなく無地のカットソーのような感覚でお使いいただけます。無地のカットソーばかりでは飽きてしまいますので、たまには少し遊び心も…
よくあるボーダーアイテムのようなマリン感はありませんので、スタイリングに取り込みやすくどんなコーディネートにもすんなりはまりそうですね。

フィッティングはタイトではなくむしろボックスシルエットに近いような気がします。ですので、身体のラインがわかりやすく出るようなカットソーが苦手な方にもオススメです。
肌寒いと感じる時間帯が多くなってきましたので、ブルゾンやパーカーのインナーもそろそろ秋仕様に長袖はいかがでしょうか?

MODEL:MSG19A8074
MATERIAL: コットン100%
COLOR:ホワイト
SIZE:1(S)・2(M)・3(L)
PRICE:12,744yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『laboの放課後』
刈り上げ師匠に対抗して!

旬の物を食べると元気になった気がします!

こんにちは、楠木です。

もう10月の中旬にさしかかりつつありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私楠木はこの秋にやりたいことリストをこなすべく休日もなるべく外に出掛けるようにしていますが、だいぶ過ごし易い気候になってきましたね!

家に籠って読書や映画鑑賞するも良し、外に出て自分の見聞を広げたり体を動かしたりと何か新しいことに挑戦するのにいい季節だと勝手に思っています。

そんな季節に新しいニットに挑戦するのも如何でしょうか!?(強引)

先日の『laboの放課後』ブログで刈り上げ師匠が推しニットを紹介していましたが、それに対抗して!?楠木の推しニットもご紹介致します!

私の推しは991(ナインナインティワン/キューキューイチ)です!

ジャケットに限りなく近い仕上がりになっているコチラのニットジャケットはシルエットもさることながら使っているウール糸も独自の糸でして、滑らかさや軽さを備えつつ、へたらない耐久性と空気を含みやすく保温性も高い、これさえあればニットジャケットは大丈夫!!な逸品なんです!

この秋冬は絶対ネクタイを締めるスタイルを今の所続いているんですが、タイドアップしても綺麗に収まるこのニットジャケットの守備範囲の広さが流石ですね!

松ヶ崎のジョンレノンと呼ばれていた?時からだいぶ髪の毛を切りまして、これからくる寒さからどう横の刈り上げを守ろうか考えているんですが、やはりニット帽は外せないですね。

カジュアルなアイテムではありますが、スーツやジャケットに合わせられる美しいニットキャップはなかなか見つからないので、このニットキャップは楠木の購入リストに追加です!

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ふわっとしたコーデュロイです!
BRIGLIA1949(ブリリア1949)パンツ1型

秋の贅沢、ひやおろしを飲みに行きたいです。

こんにちは、楠木です。

先日『laboの放課後』で美術館巡りをしたいですと言っていた手前、行かなあかんなぁと思いつつ行ってきましたが良かったです!!

また『laboの放課後』でご報告いたしますね!

それでは本日の商品紹介をしていきますね。

本日ご紹介いたしますのは、BRIGLIA1949(ブリリア1949)のコーデュロイパンツでございます!

今期注目生地としてコーデュロイ生地が一つ挙げられますが、いろんな印象のコーデュロイがあると思います。

洗いのかかってない綺麗に合わせていただくようなものやカジュアル感強目のコーデュロイなど様々で、何を選んだら分からへん!という方もいらっしゃると思います。

そういう時にまず最初の一本に選んでいただきたいのがブリリアのこのパンツなんです!

ストレッチが効いていてシルエットもスマート、イタリア製で価格も挑戦しやすいので是非とも履いてみていただきたいですね!

今季ジャケットやスーツ、シャツなどでもコーデュロイ素材がピックアップされていますが、まず取り入れやすいパンツから挑戦されてみてはいかがでしょうか!?

MODEL:9BG42521
MATERIAL:コットン98% ポリウレタン2%
COLOR:ホワイト・ライトベージュ・ブリック・ミディアムブラウン・ネイビー
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:27,000yen
guji online shop
ginlet-rakuten

*店休日のお知らせ*
laboratorio店スタッフの実地研修のため、10月は1〜8日、10日、17日、24日。31日をお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『laboの放課後』
刈り上げ推しニットはコレ!?

こんにちは、夏が名残惜しいので日焼けサロンに行ってる松戸です。(笑)

本日はすっかり秋らしい過ごしやすい季節の実需に向け推しニットをご紹介させて頂きます!刈り上げも購入して着用しております、ブランドにスポットを当てていこうと思います。

今シーズンから弊社でお取り扱いスタートする新たなニットブランドRENCONTRANT(レンコントラント)。

フランス人女性のインスピレーションを元に作られておりますので、どこか柔らかい雰囲気があり程よいヌケ感が女性から支持を得られる〝モテ〟ニットだと刈り上げは睨んでいます。(笑)

この風貌で言っても説得力は皆無ですが…

今シーズン弊社ではやっぱり良いもんは良いやろとカシミヤにフォーカスしておりまして、コチラの素材はカシミア×ロシアンセーブルという上質素材で掲げているテーマにドンズバなんです!

計4型で展開しており、個人的にはやはりクルーネック・タートルネックが良いかなと。

首元に程よいボリュームが欲しい方は弊社別注モックネック、ちょっと変化を付けたい方はスキッパーとかは変わりダネで面白いじゃないかなと思います。

シンプルなデザインだからこそ分かる美しさ、着心地も抜群なので是非今シーズン袖を通して頂きたい〝モテ〟ニットです。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
上に戻る