今の気分にピッタリ?なスウェット風ニットと、コアな層から支持されるスペシャルエディション。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)622モデル 2型、ニット1型

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のトップスのラインナップとしてはお馴染みのニット類。

春夏シーズンという事もあってやや薄手のコットンニット素材を使用しており、着る時期的にもベストタイミングかと。

これまでリリースされてきたものと共通するのは、やはりそのカジュアルな雰囲気でしょうか。

今シーズンのこちらのモデルにしても、スウェットライクなルックスのラフなニュアンスが前に出た特徴的な仕上がりとなっています。

こういった上質だけど見え方がカジュアルという高級ニットは、一昔前ですと一部のコアなファッション層に消費されていたイメージですが、今となっては広く一般的にも人気なアイテムとなりましたよね。

ほんのりユルさのあるシルエットに遠目には本当にスウェットのように見えるディティールデザインと仕上げ、本当に文句の付け所がない一着だと思います。

MODEL:J1123 36102/2384-V
MATERIAL:表地:コットン100% 部分
COLOR:ブルー・チャコールグレー
PRICE:47,300en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のラインの中でも、リミテッドエディションと並んで高額なシリーズが「スペシャルエディション」と呼ばれるライン。

リミテッドが割と硬派なイケメンだとしたら、こちらはちょっとユーモアのある洒落モノといったイメージでしょうか(?)

このコレクションに共通するのが、レザーパッチのデザインがすごく凝っていて取り外し可能になっているという事。

そうです、もしもう一本別のスペシャルエディションをお持ちであれば、パッチの取り換えが可能なんです。

クリエーションに関しては、やはりちょっと一味違った遊び心のあるデザインのモノが多く、こちらに関しては薄い色のインディゴにあえて目立つような赤のカラーステッチを採用しています。

生地はやや薄手でとても柔らかい風合いに仕上がっており、気温の高い時期であっても一般的なデニムと比べてストレスを感じさせない一本となっています。

 

MODEL:J622 33106/2308-W3
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:108,900en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

最後のこちらは、先ほどと恐らく同様の生地を使用し、色は結構濃い目に残したタイプ。

先ほどは赤のカラーステッチだったのに対し、こちらはグリーンを選ぶあたりにやはりイタリアンブランドらしいセンスを感じさせてくれます。

生地も同様にやや薄手でとても軽い穿き心地。

膝には適度にアタリがでており、良い感じのカジュアルさありますよね。

これからの時期、スリッポンやサンダルといった軽い足元でサラリと穿きこなすのが気分かと思います。

 

MODEL:J622 33105/2308-W1
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:1106,700en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)しては少し珍しい?ジャケット&ウエスタンシャツ。
クールなブラック系デニムも必見です。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のアウターカテゴリーとしてはちょっと珍しいガチのテーラード。

とはいっても、デニムをメインとしたカジュアルスタイルに合うように2パッチポケットで筒袖というカジュアル仕様なので、ちょとしたお出かけなんかの時にサラッとブルゾン感覚でラフに羽織って頂けます。

インディゴデニムを思わせる様な落ち着いたミディアムブルーの色合いがまた秀逸で、デニムブランドならではの発想のクリエーションといったところでしょうか。

コットンホップサック生地で仕立ても軽やか、今の時期の最適な一着です。

 

MODEL:J5012 36112/2409-N
MATERIAL:表地:コットン100% 部分:ポリエステル65& コットン35%
COLOR:ブルー
PRICE:104,500en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

 

デニムブランドとしては、あって当たり前なウエスタンシャツですが、何故だかこれまでほとんど見かける事がなかったんですよね。

デニムジャケット同様、お客様からの要望も多かったこういう鉄板シャツ、ようやくの登場といったところでしょうか。

良い意味でオリジナルに忠実な雰囲気で、トレンド云々関係なく永遠の定番ワードローブとして着て頂けること間違いなしな一着です。

一年通して、しっかりと役割があるのでヘビロテは間違いなしだと思います。

MODEL:J8067 36118/6528-W2
MATERIAL:表地:コットン100%
COLOR:インディゴブルー
PRICE:47,300en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

今週最後はこちらのデニム。

個人的に最強だと思っているダークグレートーンに色落ちさせたブラック系ジーンズ。

真っ黒なものほどシャープさやハードな感じがなく、クールなイメージがありつつもインディゴデニム的なカジュアルさも併せ持っているイメージでしょうか。

トップスに黒を持ってきてもしっかりとメリハリがでますし、ビビッドカラーとの相性なんかもいいんですよね。

生地は薄手ですごく滑らかなストレッチ性の高いモノですので、気温の高い時期もストレスを最低限に抑えてくれると思います。

個人的にも超オススメな一本です。

MODEL:J622 30241/1841-W1
MATERIAL:表地:コットン90% ポリエステル8% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:ダークグレー
PRICE:67,100en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ほんのりモードなグレーデニムとほっそり大人なライトチノ
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J688 1型、BOBBY 1型

本日1本目はこちらのJACOB COHEN(ヤコブコーエン)のグレーデニム。

結構ライトトーンでとても軽い雰囲気で、クールながらもいい感じにカジュアルなジーンズに仕上がっているといったところでしょうか。

これまでも何度かお伝えしてきましたが、グレーデニムのいいところはどういった色も上手く中和してくれること。

イエローやレッド、オレンジにグリーンなど、ビビッドで印象の強めなカラーをインディゴデニム同様、すごくナチュラルな印象にしてくれるんです。

ほんのりモードな雰囲気がベースにあるので、クールにキメるならホワイトやブラックアイテムのみで構成したモノトーンスタイルがオススメ。

一般的なデニムカジュアルスタイルを、ほんの少し大人にしてくれる有能なジーンズなんです。


MODEL:J688  30705/2124-W2
MATERIAL:表地:コットン97% ポリウレタン3%
パッチ部分:牛革
COLOR:グレー
PRICE:71,500en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

2本目はこちらのほっそりとしたシルエットが印象的なチノ。

素材は比較的ライトな生地感で、製品洗いされていることもあってラフな表情に仕上がっています。

やはりJACOB COHEN(ヤコブコーエン)と言えばそのスッキリとした美脚シルエットがウリという事で、カジュアルながらも決してラフ過ぎない絶妙にクリーンな雰囲気が流石といったところでしょうか。

これからの時期は、やはり足元にはサンダルがオススメ。

例えば、洗いざらしのコットンもしくはリネンのシャツをサラッと羽織って、写真のようなレザーのストラップサンダルを合わせるのが鉄板。

気にせずガンガン穿けるので、夏のヘビロテ確定の一本だと思います。


MODEL:J622 71073/566-V
MATERIAL:表地:コットン96% ポリウレタン4%
パッチ部分:牛革
COLOR:ベージュ・ネイビー
PRICE:53,900en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ベストなタイミングで春アイテム入荷しました!
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)デニムジャケット1型。カラーパンツ1型、ホワイトデニム1型

恐らくこの入荷を待っていた方も多いはず!という事で、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)21SSシーズンのデニムジャケットが入荷しました!

昨シーズン入荷したタイプと色合いやディティールなんかも含めてかなり近いデザインでして、良い感じにカジュアルな雰囲気に仕上がっています。

しっかりとしたヴィンテージウォッシュ加工が施されており、部分的なアタリや色濃淡がしっかりと表現されていて、存在感も抜群。

とりあえずは、春物のニットなんかをインナーに合わせて頂き、気温の上昇と共にインナーをカットソーに変えて頂くのが良いかと思います。

春秋はメインアウターとして、冬はコートのインナーにと年間通して活躍する場も多いので、やはり納得の一着を手に入れておきたいところですよね…。

襟裏の刺繍など、ちょっとした遊び心を感じさせるディティールも満載な、魅力的な一着だと思います。

MODEL:J8064 36113/1372-W
MATERIAL:表地:コットン92% ポリエステル6% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:71,500en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

 

以前に比べて少し入荷する種類は減ったものの、安定した人気を誇るJACOB COHEN(ヤコブコーエン)のカラーパンツ。

本日ご紹介するのは春夏らしい軽やかな素材感のタイプで、パキッと強すぎない色合いなので抵抗なくはいていただけるかと。

足元はスリッポンやサンダルといった、今の時期ならではの涼しげなものととてもマッチするんです。

気温が高くなるにつれて軽装になっていくこれからの時期、こういった一定のインパクトのあるパンツは、シンプルなスタイリングでも見栄えを良くしてくれるのでオススメです。

MODEL:J688 30603/1836-V
MATERIAL:表地:コットン97% ポリウレタン3%
パッチ部分:牛革
COLOR:ターコイズブルー・ベージュ・コーラル
PRICE:53,900en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

 

春夏シーズンに限らず、定番ワードローブとして年間通して活躍してくれるホワイトデニム。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)でも毎シーズンいくつか入荷しては来るのですが、今回ご紹介するタイプはこれまでにないディティールが….

下の写真を見て頂くとわかりますが、なんと裾がカットオフ仕様になっています。

カジュアルデニムの加工として特に珍しいわけではありませんが、JACOB COHENではこれまでありそうで?なかったよりカジュアルな仕上げという事で、ある意味トピック的な一本かと。

控えめではありますが、膝あたりにダメージ加工が施されており、綺麗目にになり過ぎず適度に主張がありカジュアルホワイトジーンズに仕上がっています。

裾の処理が好みでなければ、もちろん通常のステッチ処理でも問題ありませんのでご心配なく…

MODEL:J622 71073/566-V
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:ホワイト
PRICE:53,900en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ヤコブ コーエン スタッフブログ ~新風~

こんにちは、ヤコブ コーエン ハービスプラザ店スタッフブログへようこそ。

担当の青木です(・_・)ゞ

新風吹き込む4月上旬の慌ただしさは1月のそれとは一味違います。

それぞれの居場所、関わる人々などの環境が変わり、人間性としての一定の変化が求められる。

私個人的なところでいうと、激動の社会人1年目が過ぎ去り、あれよあれよと2年目を迎えました。ここに新年度の抱負を述べるとすれば、自分が誰かに見られた時に恥ずかしくないような振る舞いを意識して日々生活していきたいです。

さて、あっという間に桜が散った4月中旬、2021年春夏の新商品が大量入荷したことを皆様にお伝え致します!

細部にハイクオリティが宿るリミテッドエディションは期待通りの完成度で、今シーズンも皆様にご満足頂けると確信しています!

定番のインディゴや人気のブラックはもちろん、少しウォッシュのかかったタイプやグレー、ホワイトといったように多様なお色味をご用意致しております。

メインラインにもお色味や生地などが様々なパンツをご用意しております!

春夏らしくパッチやデニム自体のトーンが明るいものが多く、店内の雰囲気も自然と開放的になったように感じています( *¯ ꒳¯*)

既にいくつかのパンツはグジオンラインショップでも販売しておりますので是非ご覧ください。

というわけで今回のおすすめ商品は新商品からこちらをピックアップ!

赤、茶、青の3色展開のJ688モデルのカラーパンツです。自粛疲れも吹き飛ぶ春夏らしいお色味が素敵ですね(^-^)

ワッフル生地で通気性などの履き心地も抜群。今夏の為に1本は用意しておきたいところです!

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

実は今年の秋冬からは製造工場の変更などに伴い、お馴染みのパッチやモデル名などに少々の変化がございます。従ってJ622やJ688といったモデルのジーンズが手に入るのは今季限り(゜Д゜)

最後にお気に入りの一本を探してみてはいかがでしょうか??

それではまた次回まで…

Arrivederci!!! Ci vediamo presto!!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

隠れ人気アイテムなヒッコリーパンツ&海を感じる軽やかなジーンズJACOB COHEN(ヤコブコーエン)J688 2型


1シーズンに1型あるかないか…程度にしれっとJACOB COHEN(ヤコブ コーエン)大阪店に入荷してくるヒッコリーストライプ柄のパンツ。

あまりこういったタイプのパンツを穿いたことがない方からすると、一部のコア層向け?なモノかと思われがちですが、実は結構人気が高く毎回しっかりと在庫がなくなるんです。

そんなヒッコリーパンツですが、ワーク由来のモチーフとあって、基本的にはラギッドな雰囲気のモノが多いかと思いますが、こちらはそういったイメージのベースを残しつつもモダンなパンツへと昇華させています。

ヒッコリーストライプとしてはやや濃い目の色合いなんですが、ヴィンテージウォッシュ加工によっていい感じにラフな表情に仕上げられています。

生地だけ見れば結構ワーク感強めですが、JACOB COHEN(ヤコブ コーエン)ならではのスッキリとした美脚シルエットを採用しており、ほんのりとした無骨さを匂わせつつも大人っぽいイメージに。

トップスやシューズ類は綺麗目なモノをチョイスする事でカジュアルになり過ぎず、モダンでバランスのとれたオフスタイルに仕上げてくれます。


MODEL:J688 30636/2329-W1
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:ヒッコリーストライプ
PRICE:62,700en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

とても爽やかで抜けのある雰囲気が印象的なこちらのモデルは、ポイントポイントで使用されたブルーのカラーステッチがアクセントになった、とても軽やかな仕上がりの一本。

アイコンディティールであるハラコパッチの配色なんかもジーンズの色合いとすごくマッチしていますよね。

クリーンでカジュアルさのあるホワイトやグレーのニットに軽やかなスリッポン、もしくは洗いざらしのシャツにレザーサンダルといった色気のあるカジュアルスタイルのイメージでしょうか。

 

時期的にもうそろそろ?アウターも必要なくなり、薄い色合いのジーンズの出番が多くなっていくかと思いますが、まだ用意がない方にオススメしたいのがこちらのモデル。

ほんのりサーフなどのニュアンスを感じさせる色の落ち具合+ブルーのアクセントカラーという事で、これからの季節にピッタリなんですよね。

夏のジーンズファッションを楽しむのに、必ず力になってくれるであろう一本だと思います。


MODEL:J688 30586/918-W3
MATERIAL:表地:コットン92% ポリエステル6% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:53,900en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ヤコブ コーエン スタッフブログ ~令和三年度~

こんにちは、ヤコブ コーエン ハービスプラザ店スタッフブログへようこそ。

担当の青木です(・_・)ゞ

昨日から新年度となりました。

4月。入学式や入社式など様々な区切りを経験し若者は胸を高ぶらせ、彼らを迎える人々もまた気持ちを新たにスタートを切る、という月かと思います。

しかし1年前の4月初旬。入学式も入社式も中止、登校や出勤すらできませんでした。

夏頃になってもいまだに教室に行ったことがないという新入生や、本社に出勤したことがないという新社会人もいました。

そしていつの間にか「ニューノーマル」が「ノーマル」になり、徐々に弊店にもご来店頂ける方が増え、経済活動が回復してきた頃に飲食店等の営業時間短縮。一度ほぐれかけたストレスが再度襲いかかる、というとても辛い状況でした。

各商業施設等の店舗への来客数の変動は国内の経済活動レベルの縮図のようなもので、それは弊店も例外ではなく、常に背水の陣で営業しておりました。

そんな状況下でも普段から弊店をご愛顧頂いている皆様のおかげで営業縮小などすることもなく、通常通りに商品が入荷し、それを皆様にご提案することができ、ご購入頂ける。

当たり前の事が出来る喜び。特に苦しい状況に追い込まれたアパレル業界にいる我々だからこそ、それを強く感じた令和二年度でした。

いつも支えて下さっている皆様へ、改めてこの場をお借りして感謝を申し上げます。

さて、気を取り直してここでおすすめ商品のご紹介です!

この1年を通して見ると、インディゴジーンズはもちろんですが、ブラックジーンズをお求めの方が多くいらっしゃった印象があります。

今後もその需要は続いていくことが予想されるなか、2021年春夏の新商品として、少し色落ちしたブラックジーンズがリミテッドエディションから登場です!

真っ黒よりもキメすぎない、大人なコーディネートが出来そうですね。

昨年の同エディションにはなかったお色味なので、是非一度お手に取ってご覧頂きたいです(*´艸`)

画像引用:ASIA MEDIA BLOG – FREE ASIA’S MEDIA DOWNLOAD

私の好きなアーティストに「amazarashi」というバンドがいます。

彼らの作る曲はかなりメッセージ性の強いものが多く、聴いていると考えさせられることが多いのですが、昨年発表された『令和二年』という曲も例外ではありませんでした。

曲の最後に「僕に嘘をつかせた令和二年」という歌詞があり、心を揺さぶられました。

2019年、もしくは2020年が始まったころ、様々な約束を交わしたかと思います。

「来年は〇〇しようね」、「今年は△△に行きたいね」。そんな約束は全て嘘に変えられてしまいました。

しかし嘘にはならないものもあります。

それはその約束を果たしたいという想いです。

令和二年度は弊店も皆様に対して嘘をついたこともあったかもしれませんが、これからも変わらず皆様に多くの素敵な商品をご提案していきたいという想いは変わらず持ち続けておりますので、令和三年度もどうぞ宜しくお願い致します。

Arrivederci!!! Ci vediamo presto!!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ほんのりモード?なライトグレーデニム&縁の下の力持ち?的なインディゴデニム
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)622 1型、688 1型

最近では、すっかり一般的にも馴染みあるアイテムとなったハイトーンのグレーデニム。

モードブランドのジーンズコレクションにラインナップされていて、一部のファッション層に消費されているデニムのイメージがありましたが、最近では定番ワードローブになりつつあるような気がします。

こういったコンクリート系のグレーデニムの特徴は、やはりそのクールさと軽やかさを併せ持っているところでしょうか。

ホワイトデニムさながらのクリーンでライトな雰囲気、そこにモードブランドっぽいクールなカッコ良さがプラスされていて、シンプルなスタイリングでもなぜかすごく洗練されていて大人っぽいイメージに仕上がるんですよね。

合わすことのできるトップスやシューズの色も本当に幅広く、ベーシックカラー以外でいうと、レッドやイエロー、グリーンにパープルと、一見色合わせが難しそうなカラーを上手く中和してくれるんですよね。

個人的なオススメの組み合わせは、ベージュやキャメルのトップス~アウターとの配色でしょうか。

カジュアルでいてクール、どこか艶っぽさもある最強の色合わせです。


MODEL:J622 30302/7729-W4
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:ライトグレー
PRICE:49,500en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

良い意味で特に主張しないと言いますか、どういったテイストのスタイリングもうまく安定させてくれるのはやはりこういった一見なんてことないデニム。

Tシャツにスニーカーで思いっきりカジュアルに振っても決して子供っぽくならず、エレガントなジャケットやラグジュアリーなニットと合わせればいい感じに肩の力を抜いた雰囲気をプラスしてくれます。

ミドルトーンのヴィンテージウォッシュタイプ、まあ言ってみれば”一番使えるヤツ”的なデニムなんです。

やはり細かい部分を見ていくと、何てことなさそうで実はしっかりとこだわっていることがうかがえます。

アイコンディティールであるハラコパッチと色を合わせたカラーステッチをポイントポイントでアクセントに使用しており、デニムジーンズが本来持っているワーク感は控えめ、カジュアルながらもイタリアンブランドらしいリッチな雰囲気が漂っています。

合わせるパンツに悩んだときは、必ずこのデニムが解決してくれると思います。


MODEL:J688 30585/918-W2
MATERIAL:表地:コットン92% ポリエステル6% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:51,700en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

遂に登場!?ちょいユルシルエットのニューモデル&夏に涼しく穿けるジーンズ
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)SAWYER ・J688

21SSシーズンの商品アップがスタートして早3週目。

お店の方にも今のところ順調に新入荷が到着してきており、そんな中から本日も2型をアップしました。

まず一本目は、ある意味驚いた!?こちらの新型モデル。

ジーンズをメインに、それ以外のカタチ(チノっぽいものなど)もほんのたま~に登場するJACOB COHEN(ヤコブコーエン)ですが、そういった5ポケットデザイン以外のパンツも細身というのが基本のヤコブ…でしたが、なんと今回そのイメージを打破する一本となったこちら。

ヒップ周りから腿にかけてそれなりのゆとりがあり、裾に向かってテーパードの効かせつつ、クロップド丈にすることでスッキリとした印象を与える秀逸なシルエット。

そうです、昨今、カジュアルシーンでもスタンダードととなったちょいユルテーパードなシルエットなんです。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)大阪店の運営会社でもあるguji(グジ)においても、カジュアルカテゴリーでは、今となってはこれ系のシルエットが品揃えの非常に大きな割合を占めていると言っても過言ではないんですよね。

独特のメリハリの効いたシルエットでゆる~い雰囲気、普通に穿くだけでも「ちょっとこなれてるな…」といった印象を与えられる不思議なシルエット。

あまりこういったタイプのパンツに馴染みのない方は難しいように感じるかもしれませんが、無理に細く穿こうとしたり、逆にサイズを上げすぎたりしなければいい感じのニュアンスを出してくれるんですよね。

足元は少し素足の見える様な軽い印象のスリッポン、サンダルなどが比較的うまくまとまり、見え方も夏らしくてオススメ。

生地はレーヨン混の滑らかな肌触りの薄手のファブリックでして、しっかりしたシャツ生地?ぐらいの感覚でしょうか。

 

スレキのチョイスやフロントジップ部分の刺繍、ハラコパッチなどディティールに関してはジーンズと同様のデザインを採用しています。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のジーンズを持っていても持っていなくても、シンプルにおススメな待望のニューモデルです!

MODEL:SAWYER 35170/517-W1
MATERIAL:表地:コットン72% レーヨン14% ポリエステル12% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:64,900en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

 

先ほどのニューモデルと同じ生地を使用したこちらは、安定の688タイトストレートシルエットを採用した一本。

写真では少しわかりにくいですが、滑らかな肌触りのレーヨン混のファブリックでして、パンツに使用する生地としては結構薄い部類に入るので気温の高い時期にピッタリなんです。

夏本番に通常のデニム素材は結構しんどいな…という事でジーンズを敬遠されていた方も。これであればそういったストレスなく穿いていただけるのではないかと思います。

ウォッシュ加工によって部分的にほんのりアタリが出ており、デイリースタイルにスッと馴染んでくれる即一軍入りの一本。

インディゴの色もしっかりと濃く残っているので落ち着いた雰囲気もあり、それでいて季節感のある軽やかでカジュアルな雰囲気が魅力です。

MODEL:J688 30582/517-W2
MATERIAL:表地:コットン72% レーヨン14% ポリエステル12% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:57,200en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ホワイトステッチが軽やかな622と、丁寧にじっくり穿き込んだイメージの622
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)ジーンズ2型

21春夏のJACOB COHEN(ヤコブコーエン)の商品のアップがスタートして早2週目となった本日。

まず一本目はこちら。

やや青みの強い独特の優しい色合いが印象的な一本でして、ホワイトのステッチがより一層軽やな雰囲気を醸し出しています。

個人的なイメージとしてはややカラーパンツ的なニュアンスを感じると言いますか、一般的なデニムジーンズ特有のゴリっとした雰囲気が全くなく、洒落た雰囲気が前に出たイメージでしょうか。

トップスにはやはりホワイトアイテムがパッと思い浮かぶ感じで、コットンの軽やかでクリーンなイメージのニットや、更に気温が高くなってからは洗いざらしのシャツに足元はレザーのサンダルといった、ほんのりリゾート感をプラスしたスタイリングなんかがオススメ。

ネイビーやベージュ系のトップスなんかともすごく相性が良く、春らしい軽やかなジーンズスタイルを楽しんで頂けると思います。

 


MODEL:J688 30625/2303-W1
MATERIAL:表地:コットン97% ポリウレタン3%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:62,700en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

2本目はこちら。

良い意味で控えめと言いますか、特に目立た特徴がないのが逆に魅力の一本。

色落ちの雰囲気等も非常にリアリティーがあり、ノンウォッシュからじっくり丁寧に穿き込むこと数年といった感じのイメージでしょうか。

腿から膝にかけてのアタリも濃淡がそこまで強くなく、イエローステッチを採用していることでとてもオーセンティックな雰囲気で、スタンダードなイタリアンカジュアルをはじめ、シックなジャケットをメインとしたスタイルのハズシとしてや、アメカジっぽいニュアンスのカジュアルスタイルにもフィットしそうな一本。

汎用性が非常に高く、どんなスタイリングにも対応できて上手く落ち着かせてくれる縁の下の力持ち的なモデルだと思います。


MODEL:J622 30224/919-W1
MATERIAL:表地:コットン92% ポリエステル6% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
PRICE:47,300en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
上に戻る