まだ間に合う??人気のブラック~グレー系のデニムほぼラスト1モデルをピックしてみました。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

ここ一年ぐらい、定期的にこちらのブログでも触れてきたブラック~グレーデニム人気。

欲している方にはもう大体行き届いた?かとは思いますが、それでも未だ人気は衰えず、やはりウェブアップすればすぐに売れるといった状況。

20FWシーズンにオンラインストアにアップした商品の中で、もうほとんど売り切れ状態ではあるものの、ラスト1(もしくは2)が意外とゴールデンサイズだったというモデルがいくつかありましたのでピックアップ。

ワンウォッシュ程度のシンプルなブラックデニムでステッチも同色のクールな一本。

リヨセルやレーヨンの混紡素材という事で滑らかなタッチの生地感。

穿き心地も軽く、本当にストレスフリーです。

内側のロイヤルブルーのタグとブラックのコントラストがクールでカッコいいですよね。

ラスト1本でサイズは30インチ、ゴールデンサイズです。

 


MODEL:J688STG
MATERIAL:表地:再生繊維(リヨセル)48%  コットン24%  レーヨン(モダール)22%  ポリエステル4%  ポリウレタン2%<br>
パッチ部分:牛革
COLOR:ブラック
PRICE:90,200en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

ブラック系のボディーを、ウォッシュ加工によってグレートーンまで色落ちさせたこちらのモデル。

これ系のジーンズの中では比較的カジュアルな印象で、クールながらもカッコつき過ぎない絶妙な塩梅といった感じでしょうか。

ビビッドカラーや派手な柄物のトップスを中和する力はピカイチです。

これまたラスト1本でサイズは31インチ、需要の多いサイズです。


MODEL:J622
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:ダークグレー
PRICE:62,700en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

 

先程のモデルに続き、こちらも結構色が落ちてはいるものの、同色系のステッチを採用しているという事もあってカジュアルながらも落ち着いた印象のこちら。

トップスがブラックでもしっかりとカラーコントラストがうまれ、モノトーンスタイルながらも重くなり過ぎないんですよね。

個人的にはブラック・ホワイトのほかにはキャメル~ブラウンなどのトップスとの組み合わせがオススメ。

カジュアルリッチなデニムスタイルに仕上げてくれます。

こちらは28と31の2サイズが各一本づつで最後となっております。


MODEL:J622
MATERIAL:表地:コットン98% ポリウレタン2%<br>
パッチ部分:牛革
COLOR:グレー
SIZE:28.29.30.31.32.33.34
PRICE:53,900yen
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

シーズンを少し振り返ってみました。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

 

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)大阪店で取り扱うモデルで、20年秋冬シーズン中にアップする予定となっていた商品は、先週で全てアップを終えることができました。

ウェブアップした商品を少し振り返ってみると、「ああ、こういうのもそういえばあったな…」とか、「これ思ったよりすぐに売れたな…」といった感じで色々と思い出すものですね..

ここ最近アップしたブルーデニムは上のような感じで、ヤコブらしい色気のあるモノから綿100のガシッとしたリアルヴィンテージライクなモノまで、それぞれに魅力がありました。

 

ブラック~グレー系は未だ人気が衰えず、ウェブアップしたあと比較的早い段階で売れていくことが多かったですね… この感じはまだまだ次のシーズンも続きそうです。

想像以上に早く旅立っていったのが、唯一のブルゾンだったムートンxパデッドナイロン。アップして1週間ちょっとで全3ピース中、2ピースがお嫁に行きました。

高級ダウンブランドぐらいでしか見かけることがないであろう、非常にモダンでハイブリッドなコンビネーションが洋服好きの方に刺さったようですね。 存在感抜群のとてもスペシャルな逸品でした。

 

最近は少し型数が減ったカラーパンツですが、その分厳選されたものがピックアップされています。

毎年地味に売れるニット類もありましたね…

ニットも型数は毎年少ないものの、すごく魅力的なモノばかりなのでもっとブランド側で種類が増えることを願っています…

スウェットアイテムも地味にヒットアイテムなののですが、やはりデニムブランド故にそもそもの種類が少なく、1型のみのアップとなりました。

春夏シーズンは、Tシャツをメインにトップスも少しバリエーションが増える傾向ですので、期待したいですね。

20FWシーズン中にウェブアップした一部をサッと振り返ってみました。

なお、21SSニューシーズンの商品が徐々に店頭には到着しつつありまして、3月上旬にはグジオンラインにてアップが始まるかと思います。

一旦ウェブアップがお休みとなりますが、ニューシーズンスタートの際はこちらで告知させていただきますので、ぜひお楽しみに!

 

ヤコブコーエンの商品はこちらから

 

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ヤコブ コーエン スタッフブログ      ~La Dolce Vita Italiana~

こんにちは、ヤコブ コーエン ハービスプラザ店スタッフブログへようこそ。

スタッフブログ担当の青木です(・_・)ゞ

先日はバレンタインでしたね!

前回のブログでもお話ししたのですが、私はチョコレートが大好きなので、今のような時期は様々なところでチョコレートが見られるのでテンションが上がりますY(^o^)

百貨店などではベルギーやフランスなどの有名なチョコレートブランドがたくさん並んでありますが、実は我々ヤコブ コーエンの本国イタリアもチョコレート文化には自信があるのです!

私は学生時代にイタリアのペルージャという町に留学していたことがあるのですが、そこはイタリア国内で絶大の人気を誇るチョコレートブランド「Perugina(ペルジーナ)」のホームタウン。

↑Peruginaの大人気シリーズ「baci(バーチ)」

さらには年に1度ヨーロッパ最大のチョコレートの祭典「Eurochocolate(エウロチョコレート)」も催されます。このお祭りでは世界中から有名なチョコレートブランドが出店を出し、ペルージャの中心街全体がチョコレートの匂いに包まれるという、チョコレート好きの私にとっては天国のようなイベントです!

このブログを執筆中、懐かしくなりEurochocolate公式ホームページを訪れたところJapanの文字が…!

なんと2019年から日本でも開催されているということで、大阪でも開催されたことがあるそうです!

ですが今年は残念ながら東京限定で開催とのことでした行くことはできませんでした(ToT)

来年に期待するしかないですね!

↑Eurochocolateの公式ロゴ、かわいいですね~

 

最後におすすめ商品のご紹介!

オンスが高くしっかりとした生地でJ688の形に仕上げたこちら。

柔らかい生地のジーンズを多く取扱う弊店の中では珍しいタイプですが、例に漏れずストレッチ性があるうえ股上が深めのJ688なので、そこまで履き心地を心配する必要はなさそうです!

上記の商品はオンラインショップにて販売しております

 

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

Eurochocolateが日本で開催されたりするように、日本でもイタリアの空気が感じられるのはイタリア好きな私としては本当にありがたいです!

とはいえ現地で本物を体感するのが一番なので、早くまた自由に海外に行けるようになることを願うばかりですね。

Arrivederci!!! Ci vediamo presto!!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

カジュアルだけど落ち着いた雰囲気。この塩梅が実は難しかったりするんです。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J622 LIMITED 1型

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のデニムとしては、比較的スタンダードな部類に入る雰囲気なヴィンテージウォッシュタイプのこちらのモデル。

ジーンズとしてはかなり汎用性が高いであろうミドルトーンに仕上げられており、特にクセもないとあってあらゆるスタイリングにスッと馴染んでくれるんですよね。

カジュアルながらもどこか落ち着いた印象なのは、やはりステッチのカラーチョイスでしょうか。

一般的なヴィンテージウォッシュタイプのデニムの多くが、オレンジやイエローといったスタンダードなカラーのモノを使用しているのに対し、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)では、こちらのモデル以外にも生地に馴染みの良いカラーのステッチを採用しているタイプが多く見られたりします。

こういった色のメリハリがつかないステッチにすることで少し落ち着いた印象になり、ラグジュアリーなアイテムともグッと合わせやすくなるんですよね。

 

同ブランドの最もハイエンドなコレクションであるリミテッドラインは、基本的にセルビッジデニムを使用しており、通常はいわゆるスタンダードな赤耳の生地が多いのですが、こちらはなんと耳部分にブランドロゴが刺繍されている比較的希少なタイプ。

ここに限らずなんですが、ヤコブコーエンのデニムは着用時には見えない部分に刺繍を施したり、またメッセージ性のあるタグなんかを付けていたりなど、非常に贅沢な”大人の遊び心的ディティール”が満載でして、こういったクリエーションに対する姿勢が長きに渡って支持される理由なんだと思います。

穿き心地の快適さは言わずもがなのこちらのモデル、是非お試しください。

 

 

MODEL:J622 LIMITED 30848/1904-W2
MATERIAL:表地:コットン99% ポリウレタン1%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
SIZE:30.31.32.33.34
PRICE:92,400 yen
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

少し珍しい?コットン100%のジャパンデニムを使用したリミテッドラインです。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J622 LIMITED デニム1型

とても軽やかな雰囲気の淡い色合いが印象的なこちらのモデルは、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)の中でも”最もハイプライス”なこだわりのコレクションとして人気の「リミテッドライン」の一本。

インディゴデニムとしてはかなりライトトーンに仕上がっており、良い感じに”抜け”のあるカジュアルな雰囲気が魅力的なんですよね。

ちなみに下の画像で「いつのと何か違うな…」と感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうです、実は同ブランドとしては珍しい”ボタンフライ”タイプなんです。

なぜか?と申しますと、こちらのモデルは、これまたJACOB COHENではあまり見かける事のないコットン100%のデニム生地を使用している関係で、加工による縮みを考慮してジッパーではなくボタンフライというワケなんです。

基本的にはJACOB COHENのデニムの大半がストレッチデニムを使用しており、そのストレスのない穿き心地を好まれる方も多い中、コットン100%デニムの良いところは?と聞かれると、やはりその風合いでしょうか。

ヴィンテージデニムに代表されるような”古き良き時代”の雰囲気のデニムを彷彿とさせる、少しゴワっとした特有の風合いがたまらないといった感じの一本で、過去に古着を通った年代の方には刺ささりやすい雰囲気といたイメージ。

 

生地はこだわりの日本製セルビッジデニムを使用、ヴィンテージウォッシュ加工によるアタリの雰囲気なんかも抜群でこれまた「文句なし」といったところでしょうか。

シルエットは人気No.1のタイトストレートである622モデルを採用しており、ストレートラインながらもスッキリと綺麗なシルエット。

同じリミテッドラインの中でも特にハイプライスな一本ではありますが、同ブランドらしいカジュアルでリッチな本当に素晴らしいジーンズだと思います。

MODEL:J622 LIMITED  30841/1862-W3
MATERIAL:表地:コットン100%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
SIZE:30.31.32.33.34
PRICE:110,000n
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ヤコブコーエン スタッフブログ ~どんなときでも楽しみを~

こんにちは、ヤコブ コーエン ハービスプラザ店スタッフブログへようこそ。

チョコレートが大好きで、小学生のとき『DEATH NOTE』のLに影響されて板チョコをよく食べていたスタッフブログ担当の青木です(・_・)ゞ

お正月が完全に過ぎ去り、そのあとは2/14にむけて様々なイベントが用意されるわけですが、弊店周辺で言うとどうやら阪急うめだ本店でバレンタインのイベントが開催されているようですね!

例年は地下1階と地上10階のみで催されているところを、今年はなんと全階にて催されるようです!

各階チョコレートを軸に様々なテーマで私たちを楽しませてくれそうですので、皆樣ももしチョコレートがお好きであれば是非遊びに行ってみてください\(^o^)/

でもどうせ行くなら全階周りたいですよね。そうなるとある程度動きやすい服装。ボトムスは柔らかいコットンパンツが良さそうですね!

柔らかくて動きやすい。そしてバレンタインといえばのチョコレートも表現できるこちらのコーデュロイパンツを履けばイベント感満載で気分も上がることでしょう!ブラウンなので日常的にも気軽に履くことができるため素晴らしい活躍ぶりを見せてくれそうです(´▽`)

上記の商品はオンラインショップにて販売しております

なかなか人と触れ合うことが良しとされないこのご時世だからこそ、いつも支えてくれている大切な人と何かを共有できる機会にしたいですね。

Buon San Valentino!!! Ci vediamo presto!!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

独特のブルーの色合いが印象的な688モデルと、”遊び心のあるこだわり”を持ったLIMITEDライン
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

青みがかったインディゴ?のようなイメージの、少し独特のブルーの色合いが印象的なこちらのモデル。

恐らくですが、通常のJACOB COHEN(ヤコブコーエン)のジーンズとは少し違った染料が使用?されており、且つかなりストレッチの効いた生地という事もあって、どことな~くですがカラーパンツ風にも見えなくない…といった感じでしょうか。

モデルのベースには688を採用していますが、他のモノと比べて少しタイトな印象の仕上がり。

通常のノーマルなデニムジーンズよりも少し軽やかな雰囲気で、独特なニュアンスの色という事もあって”その他大勢に埋もれない”オリジナリティーを感じさせる一本なんですよね。

個人的なイメージとしては、レザーシューズよりもスタイリング写真のようなスニーカーを合わせる気分でして、トップスは少し緩めなニットなどクリーンで大人、それでいてほんのり抜け感のあるアイテムが合う感じなのかなと思います。

一見プレーンな様でほんの少し主張があるこちらのモデル、少し気分を変えたい方にオススメです。

MODEL:J688  30827/1603-L
MATERIAL:表地:コットン97% ポリウレタン3%
パッチ部分:牛革
COLOR:ダークブルー
SIZE:29.30.31.32.33
PRICE:67,100en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

ファンの方にはお馴染みのハイエンドコレクションシリーズである”リミテッドライン”。

ここ一年ぐらい、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)大阪店ではヴィンテージジーンズライクな仕上がりのモノが多かったのですが、最近は少しデザイン性を重視したモノなんかもチラホラ。

こちらのモデルもそんな一本でして、ヴィンテージウォッシュ加工が施されているもののヒゲやハチの巣といった特徴的なアタリは控えめに表現されています。

そしてステッチにはボディと色馴染みが良いカラーのモノをチョイスし、カジュアルながらも少し落ち着いた印象に仕上がっています。

何と言っても、やはり最も特徴的なのがいわゆる耳の部分にブランドロゴが入っているというところですよね。

この部分に限らずなんですが、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)はとにかく”内側”へのこだわりがハンパなく、ポケットの内袋や縫い付けられた多くのタグ、そしてメッセージ性のある刺繍など本当に手が込んでいるんですよね。

見えないからこそ逆にと言いますか、自己満足の極み的なこのクリエーションがトップブランドならではの遊び心なんですよね。

 

MODEL:J688 LIMITED   30847/1904-W1
MATERIAL:表地:コットン99% ポリウレタン1%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
SIZE:30.31.32.33.34
PRICE:93,500en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

カラーステッチがアクセントなライトトーンデニム&ほんのり無骨でタフなジーンズ
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J688 1型、J622 1型

非常に抜け感のあるライトトーンに仕上げられたこちらのモデル。

一枚目の画像の「ベルトピンフックの色」で何となく察した方はかなりのJACOB COHEN(ヤコブコーエン)通だと思いますが、そうです、ポイントに赤のカラーステッチを使ったデザインなんです。

2年前ぐらいまではJACOB COHEN(ヤコブコーエン)大阪店においても、色とりどりのカラーステッチを採用したモデルが一定数ラインナップされていたんですが、最近は基本ベーシック寄りになっていることもあってご紹介する機会が減ってしまいましたが…

だからこそ、こういったカラーステッチモノがすごく新鮮に映ると言いますか、遊び心があってより魅力的に見えますよね。

シルエットは人気No.1のJ622タイトストレートを採用、非常に柔らかくて伸縮性のあるデニム生地を使用しています。

生地的にオールシーズン着用可能、秋冬はシックで重厚なアウターのカジュアルダウン用に、春夏は思いっきりカジュアルに振るのもいいかと思います。

MODEL:J622  30887/979-W3
MATERIAL:表地:コットン92% ポリエステル6% ポリウレタン2%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
SIZE:30.31.32.33
PRICE:57,200en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

 

最近ご紹介したモデルの中では最も男っぽい雰囲気と言いますか、無骨でタフな印象のこちらのモデル。

見た目通り、実際手に取って見てもその印象通りでして、ほんのりガシッとした感じの肌ざわりな仕上がり。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のデニムは、ハラコパッチやステッチ使いなどデザイン的な部分のこだわりが前に出がちですが、それに負けず劣らず生地にも凄くこだわっているんです。

 

染料が天然インディゴだったりというのもそうなんですが、そのモデルの雰囲気によってすごく柔らかいデニム、逆にストレッチなしのごわっとしたデニムなど、適材適所的なファブリックのチョイスの仕方をしており、このモデルに関しては先程のモデルと比べて少しタフな印象のデニムを採用。

ビンテージウォッシュによる色の落ち感・表情も凄く生地感とマッチしていてとても男っぽく仕上がています。

そうは言っても、いわゆる一般的なゴリゴリした感じではなく、あくまでもモダンで洗練されたシルエットという事もあって「大人の為のカジュアルリッチなジーンズ」といったイメージでしょうか。

数年穿き込んだ色落ち感になっていますが、更にここから穿き込むことで、よりオリジナリティーのある雰囲気へと変わっていくのも大きな楽しみですね。

MODEL:J688  30802/1127-W2
MATERIAL:表地:コットン96% ポリエステル3% ポリウレタン1%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
SIZE:30.31.32.33
PRICE:59,400en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ヤコブ コーエン スタッフブログ ~順応していくこと~

こんにちは、ヤコブ コーエン ハービスプラザ店スタッフブログへようこそ。

コロナ禍で迎える最初の年末年始は家族とゆっくり過ごしたブログ担当の青木です。(・_・)ゞ 当初の予定を変更せざるを得なかった、という方も多かったと思いますが、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

2021年、今年も世界中で協力して頑張っていきましょう!

さて1月も後半を迎え、ようやく年末年始の忙しなさが過ぎ去り、昨年から続くニューノーマルな生活が帰ってきた今日この頃。休日でも引き続き不要不急の外出は控え、家族との時間や1人での時間を大切にしていきたいですね!

ニューノーマルな生活の浸透に伴い「リモートワーク」「オンライン〇〇」といったワードが市民権を獲得した今となっては、着る服も仕事といえど窮屈なものではなく少しゆとりのあるものを選ぶ方が多いと思います。ズボンともなれば特にその意識は強まるのではないでしょうか?

とはいえ大人たるもの、いつ誰に見られても問題のないよう常に装いを整えておきたい。そんな時にオススメしたいのがこちら!

コーデュロイ生地で暖かな印象もあり季節感を感じられ、デニムブランドのヤコブ コーエンらしい少しウォッシュがかかっているのが特徴の1本です。

カジュアルな装いでもいいですし、ジャケットなどきれいめな装いにも合わせられると思いますので、ちょっとカフェでパソコン作業、なんてときに最適なのではないでしょうか!

モデル:J622 カラー:グレー プライス:¥43,000+税

*オンラインショップには出品しておりません。

先日日本政府は、年始の明るい雰囲気とは無関係に世界的に影響を拡大し続けているこの未曾有の事態を危惧し、首都圏をはじめ、弊店がございます大阪などを対象に2度目の緊急事態宣言を発令しました。そのため皆様のご来店を促進することができないのが非常に残念でなりませんが、弊店はオンラインショップでも商品を販売しております。是非そちらもご活用いただければと思います!

それではまたお会いしましょう!

Restatevi a casa e ci vediamo presto ;)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

カジュアルながらも色気を感じさせるデイリージーンズ
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J622 1型、J688 1型


ブラックベースのデニムを、ウォッシュ加工によってグレーニュアンスな色合いに仕上げられたこちらのJ622モデル。

洗いをかける前は恐らくブラック(に近い)デニムですので、要は買ったその日から数年穿き込んで色褪せた雰囲気の状態を最初から楽しめるというワケなんです。

 

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)に限らずなんですが、やはりブラック~ダークグレーデニムというのは、ここ数年デニムシーンにおいてはインディゴをデニムを凌ぐ人気の高さでサイズが欠けるのもすごく早いんですよね。

勿論、昔からこういった色合いのデニムはずっとあるにはあるのですが、需要のある層がこれまでだとやや偏りがあった印象だったものが、ここ数年でデイリーアイテムとして一般的にすごく浸透した様な感じでしょうか。

その魅力の一つが、デニムをメインとしたカジュアルスタイルも、少しクールに大人っぽく仕上がるという点。

ジーンズらしいラフな雰囲気がベースにありながらもカジュアルになり過ぎず、ちょっぴり大人なイメージにしてくれるんです。

特にモノトーン系のアイテムでまとめると仕上がりが非常にクールで、Tシャツにスニーカーといったスタンダードなカジュアルスタイルも、ほんのりモードなイメージに。

オレンジやレッド、グリーンやブルーといった、少し派手目なビビッドカラーアイテムも、上手く消化してくれるという長所も併せ持っています。

ホワイトカラーステッチが全体を少し軽く見せてくれているのもポイントですね。

MODEL:J622
MATERIAL:表地:コットン99% ポリウレタン1%
パッチ部分:牛革
COLOR:ダークグレー
SIZE:30.31.32.33.34
PRICE:51,700en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

 

 

腿から膝にかけてとステッチ周りにアタリが表現されたこちらのモデル。

何となく無意識に感じている方もいらっしゃるかと思いますが、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)は天然のインディゴ染料を使用しているという事もあって、深みがありながらもどこか柔らかさのある色合いなんですよね。

特にこういったヴィンテージウォッシュ加工が施されているものは、色の濃い部分と薄い部分の陰影がすごくナチュラルと言いますか、とにかく雰囲気があるんですよね。

 

こちらのモデルは、一定の加工感がありつつも結構濃い目にインディゴが残されていますが、ホワイトカラーのステッチを採用する事で重くなり過ぎず、落ち着いたイメージの中にも軽さのある仕上がり。

イタリアンプレミアムデニムブランドらしいリッチで色気のある雰囲気、インディゴデニム特有のカジュアルでリラックスした雰囲気、その両方を上手く共存させた秀逸な一本となっています。

MODEL:J688
MATERIAL:表地:コットン99% ポリウレタン1%
パッチ部分:牛革
COLOR:インディゴブルー
SIZE:30.31.32.33.34
PRICE:58,300en
guji online shop
ginlet-rakuten
guji Yahoo shop
↑こちらでも販売しております。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
上に戻る