『gujiの縁側』
gujiに入って思う事

どうもこんにちは、通販担当の泉です。

アシスタントバイヤーの庵住さんからやんわりと『出張行ったんだからブログの一つでも書いてくださいよ~』的な事を言われましたので現在カタカタしております。

今回、僕が出張へ行った主な目的はla favola(ラファーヴォラ)のデザイナーである平さんへのインタビューを行うためでした。

毎度デザイナーさんのお話を伺うのは楽しみな部分が80%、あとはヘタな事言ってその場が凍りつかないか、という不安が20%ぐらいでしょうか。
人見知り&緊張しいなので前日は夜も寝付けません、という事は全くありません、もうのび太ばりにぐっすりです。もしかすると年齢を重ねてそういった感覚器官が図太くなっているのかもしれないです。

前職で一応、大手と言われていた(当時の雑誌ではそう表現されていました)セレクトショップに勤めていたんですが、その時はデザイナーさんから直接話を聞く、という機会自体がありませんでした。ちなみにバイヤーとも直接会うのは半年に一回あるかないかという感じ。

そうなると、どうしたってブランドや商品への情報密度は薄くなります。
結果、お客様に中途半端な情報しかお伝えできなくなってしまうという悪循環に陥ったことも当時はありました。

なので、gujiに入ってからグッと、いえ、グググっとバイヤーとの距離感が近くなりブランドや商品の情報の濃さが非常に高いな~と感じれるようになりましたし、わからなければ直接聞くことが出来るというというのは販売をおこなう側からすると、とても心強い部分があります。

そこから更に踏み込んでデザイナーさんから直接話を聞ける、というのは非常に有難い事なんです。
これほど密度の濃い情報を語ることが出来るのは作ったその人以外にいないわけですから。

これまでも様々な方にお話を伺うことが出来ました。それをコンテンツの形にする際、テキスト化という作業が入るわけですが、個人的には聞いたお話をできるだけ『そのままの状態』でお伝え出来るように心がけています。

なるべく足さず、なるべく引かず、という感じです。

なんかカッコつけた感じになってますが、出来る限り見て頂く方にもその場の雰囲気が伝わればいいなと思って作成しています。

という事で、コンテンツ絶賛公開中ですので是非読んで頂ければコートが欲しくなるはず!?

何卒、宜しくお願い致します。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上に戻る