RENCONTRANT(レンコントラント)
モックネックニット・スキッパーポロニット
2018fwCollection!

2018FW RENCONTRANT①

2018FW RENCONTRANT セーブルについて

昨日のblogはご覧になられたでしょうか。

そのぐらい、RENCONTRANT(レンコントラント)のカシミア×セーブル素材は肌触りと質感の出る素材で、機能的でいて、スタイルの幅も広いという優れ物なニットなんです!!

あまり言い過ぎるのも、しっついと言われそうですが、、、まだある別モデルのご紹介を本日はしたいと思います!!

gujiの今季のイチオシのニットデザインはモックネックです!
もはや、gujiだけでは無いとは思いますが、昨年からその人気は高く、今季はこれでもかと各ブランドでオーダーをしております。

お客様と話してるとよく聞くのですが、ジャケットのVゾーンやアウターを着た際の首元に何かを欲してしまうみたいです。。

確かに、何も無いのはスッキリ見えますし、シャツの襟も見えて、それはそれで問題無いと思いますが、何か入れたくなる寂しさも分かります。。

ですので、例年タートルネックの需要は高く、実売期には品切れが続出しておりました。

今年はその心配も無いぐらい、タートルネックを仕入れていますが、それに勝ってるぐらいモックネックを仕入れております。

その中で、ミドルゲージで、最高級の素材を使用したモックネックはRENCONTRANTだけです!

ボタンのデザインが新鮮で、首を強く締めるように見えず、素材の柔らかさを感じさせます。

モダンでいて、フェミニンなモックネックはここだけですよ〜

このモデルに関しては、見える様にスカーフを巻いても良いと思います!

MODEL:OB-03
MATERIAL:カシミア80% セーブル20%
COLOR:グレー・ブラウン・ネイビー・ブラック
SIZE:XS・S・M
PRICE:49,680yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

襟の大きさや前立ての太さを見ると無骨さを感じてしまいますが、着用すると意外と⁉︎良い塩梅に収まる魔法のRENCONTRANTのスキッパーニットは、編み地や素材の良さが、そうさせるのかもしれません。

柔らい素材ですが、首を入れるとスキッパー部分もスッとしっかりラインを出してくれるので、一枚技でも見栄えの感じるニットです。

インナーはカットソーのタートル、モックネック、クルーネックが良いかと思います。

首元に何かを入れずに済むのも、このデザインの良さですね。
更にこの素材であれば、言うことないですね〜

逆に、スカーフを入れるのも、洒落てますね〜

と言ったように、意外と⁉︎汎用性の高いモデルなんです!
こちらも捨てがたいですね〜

今季は昨日ご紹介したモデルと合わせ、この4型です!!

全てオススメですが、やはり今季はモックネックかな⁉︎⁉︎

MODEL:OB-04
MATERIAL:カシミア80% セーブル20%
COLOR:ベージュ・グレー・ネイビー・ブラック
SIZE:XS・S・M
PRICE:51,840yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日はRENCONTRANTの『Mix styling』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
上に戻る