『gujiの縁側』
Norwegian Rain(ノルウィージャンレイン)POP UP フェアー開催決定!

18FW Norwegian Rain①
balcone di guji 虎の穴 vol,2〜Norwegian Rainを訪ねて〜

弊社guj大阪店にPOPUPスペースが存在しているのは皆様ご周知の通りかと思いますが、その隣のbalconeスペースも今シーズンはいつも以上に取り組みを増やし、PINE(パイン)やCasely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)のイベントなど、様々な皆様に楽しんで頂けるイベントを企画してまいりました。

本日は、そのイベントの第三弾のお知らせです!

次なるブランドは、昨日初日の出品を終えスペシャルコンテンツも公開し、僕たちの推しもいつも以上に“マシマシ“なNorwegian Rain(ノルウィージャンレイン)!!

東京にもフラッグシップショップのオープンが決定するなど、更なる飛躍の予感を感じさせるブランドです!!

控えめな発注でお馴染みな僕たちですが(汗)、この期間中はバリエーションも“マシマシ“でお送り予定です!熱

期間は11月9日からと、丁度コートが必要となってくる時期かと思いますので、是非この機会にcontemporaryなアウターを手に入れては如何でしょうか!?

弊社通販サイトでも、イベントと同時に順次公開予定ですので、ご期待ください!!

間違いなく注目度が上がってくるブランドですので、皆様お見逃しなく!!

Norwegian Rainの商品ラインナップはこちらから!!

[期間]11月9日(金)〜11月26日(月)
[場所]guji大阪店 balconeスペース

明日も、Norwegian Rainのご紹介です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Norwegian Rain(ノルウィージャンレイン)
アウター2型
2018fwCollection!

昨日のgujiの縁側でも予告しておりましたが、balcone diguji虎の穴~Norwegian Rainを訪ねて~もうご覧いただけましたでしょうか?

マイケルとアレックスの両氏に弊社メインバイヤーが迫った、今回の対談。

なかなか珍しい機会だと思いますし、今まであまり知らないな。。。ちょっと派手かな。。。と思っていた方にこそ読んで頂きたい内容に仕上がっているかと思います。

Norwegian Rain(ノルウィージャンレイン)のルーツは、ただインパクト重視のアイテムではなく、雨の多いノルウェーの町で、雨と共存できるようなお洒落な雨具を提案するという所からスタートを致しました。

そのコンセプトをベースに、一度見ると忘れられないインパクトがあるデザイナーのマイケル氏は、もともとはテーラーとしての背景をもっておられましたので、その背景を軸とし、そこにレインコートらしい機能性とデザイン性が共存させたのが、Norwegian Rainのアイテムです。

classicでありContemporaryと、まさに僕たちbalconeにピッタリなブランドだな、と個人的に再認識致しましたし、このブランドを好きになって頂けるような内容になっているかと思います!!

本日からは、そんなNorwegian Rainのアイテムを張り切ってご紹介致します!

Norwegian Rainの中でシーズンを問わずラインナップされている定番でありベストセラーのアイテムが、このRAINCHO!

balconeでもいつも高い人気を誇っておりますし、弊社レディースのbigliettaでも早々に完売したようで、独特なスタイルなのですが男女の垣根を超えたアイテムです。

レインコートとポンチョをMIXしたこちらのアイテムは、太めのアームホールにたっぷりと見頃をとったシルエットで、羽織るだけでmodeで今っぽい雰囲気が出るところがポイントです。

僕個人的にも一昨年に購入して愛用しているのですが、雨の日はもちろんそれ以外の日も着用しているお気に入りのアイテムです!

秋口の寒い時期から中にインナーダウンを着れば真冬も対応可能ですし、そして春先も活躍が叶いますのでホントに重宝するアイテムなんです。

パンツも細い太いを問わずどんなシルエットでも合わせられ、ウエストもベルトで絞ることができますので、見え方はまさに自由自在!

今シーズンも取り合いになりそうな予感です。。。

MODEL:RAINCHO/8952820
MATERIAL:表地:ポリエステル100%
襟部分:カシミア100%
部分使い:牛革
裏地:ポリエステル55% レーヨン45%
COLOR:ブラック
SIZE:XS
PRICE:108,000yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

チェコの首都、プラハの名が冠されたのが、こちらのスタンドカラーのコート!

テーラーの背景を持つマイケル氏らしく、スーツスタイルにも合わせられるようなスタイリッシュで懐の深いアイテムに仕上げられています。

しかしこのコートには驚きのアイデアが!!

前後にバスト辺りから裾までジップが走っておりまして、それを開くと何とシルエットがAラインに変化し今っぽいオーバーサイズコートに早変わり!

例えば、タートルのニットにウールパンツを合わせた定番のstylingに合わせても、ジップを開けると閉めるとではかなり見えががりが変わりますし、料理のしがいのあるアイテムではないでしょうか?

しかもジップを開ければ隠しポケットまで登場する辺り、ニクいですね。。。

遊び心のあるドレスstylingから軽妙なカジュアルstylingまで、一粒で二度美味しいとはまさにこのコートのためにあるような言葉です!!

MODEL:PRAGUE/8952836
MATERIAL:表地:ポリエステル100%
襟部分:カシミア100%
部分使い:牛革
裏地:ポリエステル55% レーヨン45%
COLOR:ブラック・ネイビー
SIZE:XS・S・M
PRICE:151,200yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、gujiの縁側です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『gujiの縁側』
balcone di guji 虎の穴 vol,2

どうも、こんにちは通販担当の泉です。

子供の面倒を見ながらもアニメを鑑賞する時間を作ることに必死になっている10月中旬、よーやくこのコンテンツをアップすることが出来ることになりましたので予告というか告知をさせて頂きます。

balcone di guji 虎の穴VOL,1 THE GIGIにあらためて聞きたい5つのコト』、このコンテンツから早半年、、、第一期があれば第二期もあるのがアニメ界では通例ですので、いつも通り鼻息荒くやっちゃいました。

と言うわけで虎の穴 vol,2はNorwegian Rainです!

各媒体で露出の多いお二人ですが、意外とこういったインタビューはあまり見ないような気がします。

なので必然的に超貴重な体験をさせて頂いたわけでありまして、関係者の皆様には感謝しかありません。

お二人の考える日本についてや、ブランドのこれからのことなど濃密に語っていただいていますので、是非お楽しみに。

実はオーダーしていた商品もちょうどいいタイミングで入荷してきましたので、出品と合わせて17日に公開しますのでよろしくどーぞ!

guji-online

ginlet

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

MARNI(マルニ)
タンカース型ブルゾン・トレンチコート・レザーウォレット
2018fw collection!

18FW MARNI②
18FW MARNI①
『MARNIの部屋』

今シーズンからMARNI(マルニ)をWEBサイトで展開が出来る様になり、balcone(バルコーネ)での展開を知って頂ける可能性が広がった様に思えます。

よくメゾンブランドなどは、WEBサイトでの掲載にセグメントを付けていますが、その理由としては、WEB上では様々な販売店があるためです。
正規メーカーや代理店から買い付けせずに販売しているところもあり、価格なども自由に変更してしまう可能性もあります。
何より、メーカー側はブランディングを崩す告知にはかなり敏感になっています。

と、様々な大人の事情からだと思いますが、balconeは勿論、MARNIジャパンから仕入れをしております。

僕達の様な小さい会社ですと、WEBでの掲載が弊社のブランディング向上に繋がり、WEB上での販売だけで無く、実店舗に足を運んで頂けるきっかけにもなります。

ですので今後は、実店舗での取り組みや、WEB上での取り組みも出来、発信力を強めれますので、balconeではかな〜り力を入れていこうと思っております!!
また、昨日ご紹介した京都店の『MARNIの部屋』
も今後は更に良い空間を作って行きたいと思っております!!

2018年秋冬のランウェイショーでは、緑や黄色、オレンジなどの目を引く色の使いが目立ちました。
元々、ポップな配色使いが得意なブランドですので、それを巧みに散りばめるセンスは、MARNIならではです。

タンカースの様なデザインは、本来野暮ったく男くさ〜い雰囲気を醸し出しますが、MARNIのそれは違います。

リブの太さのバランスや、素材の光沢感、ポケットのバランス、少し緩めなシルエット、野暮ったさは皆無でいて、むしろ高級感さえ感じます。
SERAPHIN(セラファン)も同様ですが、ジップは敢えてWジップにせずに、前開きで着ることでバランスも取れて来ます。

無駄なデザインは一切無くし、レザーやウール以外の素材で高級感のあるブルゾンを作成するところに、流石の一言です。

中綿も入っていますので、これからのシーズンのアウターに最適ですよ〜

MODEL:JUMU0007LW
MATERIAL:本体:ポリエステル100%
リブ部分:ウール100%
裏地:キュプラ53% レーヨン47%
中わた:ポリエステル100%
COLOR:オリーブ
SIZE:44・46・48
PRICE:164,160yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

今シーズンのMARNIのアイコンにうさぎなど、動物系のモチーフを散りばめています。
プラダで経験を積んだフランチェスコ氏の持ち味は“脱力系のカワイイ”をいかにファッションとしてみせるか。

うさぎのニットはかなり人気で完売だとか。。

そのうさぎのデザインをボタンに削る形で取り入れ、一見はダークで重さとスマートさを兼ね備えたロング丈のコートも、スマートとPOPがMIXされ着ている人、見ている人にも楽しさを与えます。

ウールのツイール素材のため、生地のハリや光沢感はありますが、とてもしなやかで、歩いて初めて、このコートのエレガント感が出ます。
ショーの一番最初のモデルが着用していましたが、かなりのインパクトがあり、最高のショーに幕開けにはぴったりでした!

MARNIの良さの一つに、ショーで使われたモデルも、タウンユースでの着用が全く問題なく出来ます。

このコートを着ているだけで、どのコートにも負けない雰囲気を出しますので、これはかなりイケてますよ〜

MODEL:TUMU0004CU
MATERIAL:表地:ウール100%
裏地:キュプラ53% レーヨン47%
COLOR:ブラック
SIZE:44・46・48
PRICE:275,400yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

そして、今期最後のご紹介は、MARNIのレザーウォレットです。

見ての通り、折りたたみ式ですので、とてもコンパクトな財布ですが、ここでも配色の面白さが際立ちます。

全体的に丸みのあるデザインで、パンツ後ろポケット入れの方には、かなーり最適かもしれません。
財布は極力、鞄収納での持ち運びが一番良いですが・・

さっと取り出すその一瞬でも、ファッションを発信できるMARNIの革小物シリーズは、展示会ではどうしても目が引かれてしまいます。。汗

本日で、今期のMARNIの全てのセレクト商品をご紹介しました!
大阪店、京都店のみの展開ですので、是非袖を通しに着てください〜

MODEL:MI0004Q0L
MATERIAL:牛革
COLOR:オリーブ×イエロー・ブラック×ベージュ
SIZE:10×7×20(横幅×高さ×全長※単位はcmです)
PRICE:55,080yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、『gujiの縁側』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『gujiの縁側』
京都のMARNI(マルニ)の部屋⁉︎

弊社の展開しているブランドの中でも、「スーパーブランド」と言っても過言では無く、メンズレディース問わず知られ、正に”超有名”なブランドが、MARNI(マルニ)です。

毎期のランウェイショーをファッションの発信でもあるミラノコレクションで圧巻なショーを全世界に発信しています。

店舗限定で展開している為、お客様の中では、まさかbalconeがそんなブランドもやってるの⁉︎と思われる方が多いともよく聞きますが、年齢問わず、テイスト問わず誰しもが知っていて、クリーンなイメージがあるのが、MARNIです。

MARNIのミラノコレクションの内容も含んだイタリア出張報告はこちらから!!

僕達が展開しているのはMARNIの中でもごくごく一部であり、本当にショボ発注ですが、このブランドに対する思い入れは大きいものがあります。

もっと数多くオーダーしたい!
もっと知ってもらいたい!
もっとお客様とMARNI談義がしたい!
もっとファッションに触れたいし、触れて頂きたい!

こんな強い思いを持ちつつも、今まではうまく表現が出来なかったのですが、京都店で新しい試みをしてみました。

京都店名物の店内の螺旋階段の下にポツリと☝️マークが目立つポップが…

何だろうと思い近くまで行くと、MARNIのロゴが…

指で向けられた通り螺旋階段を気をつけながら上がって行くと…

何やら謎の部屋が!

狭い店内のロフトの様にある3畳も無い無機質な部屋。
そこに、ズラっと目を引くデザインの洋服達が見えてきます。

そうです。

『MARNIの部屋』を作りました。

ここまで大体的に展開もしたことは無かったのですが、思い切って作ってみました!

意外と、ブランドイメージやミラノのショールームにも似つかわしい展開が出来てるのではと思う感じです。

今季のお勧めのトレンチコートも、部屋の雰囲気と合い、イメージが伝わります、、

元々VP(ウインドウ)として使用していたスペースですので、外に向けてのマネキンもMARNIに彩られています。

外から見るとこんな感じです。
意外と目立ち、夜になると更に目立ちます。

勿論、直営店ほどの品揃えは無いですが、いつしかそのぐらい⁉︎

そうなる為にも沢山のお客様に楽しんでご提供していきたいと思っています。

balconeらしいMARNIのセレクトは他のブランドとのMixするスタイルも凄く洒落ています。

“balconeはcontemporaryであれ”

横文字と縦文字をMixしたこの言葉はbalconeの根幹です。
勝手に決めましたが。。汗汗

その代表ブランドがMARNIですので、是非京都店に見に来てください!!

明日も引き続き、MARNIのご紹介です!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

MARNI(マルニ)
フェアアイルニット・シャーリングパンツ
2018fw collection!

18FW MARNI①

今期のMARNI(マルニ)はオーセンティックなデザインや柄を織り込みながら、現代のスタイルをMIXさせたスタイルが目に付きました。

1年前になりますが、MARNIのミラノコレクションを拝見させて頂きました。
ミラノのMARNIのショールーム全面に砂利を敷き、そこに観客席として昔のゴーカートなどを置き、全体のテーマを強く打ち出した圧巻なランウェイショーでした。

ウォーキングするモデルも、少しご年配の方を敢えて採用したりと、老若男女問わ無いというメッセージを強く感じ、クラシックな要素と現代の要素を巧くMIXされ、純粋にカッコ良いなぁと思いました。

今期は、少し遅れた納品でしたが、ようやく揃って参りましたので、本日と2回に分けてご紹介したいと思います。

ウール素材では有名のスコットランドのフェア島が発祥の古典柄でもある、フェアアイルニット。
カラフルな多色使いと、数段にわたる幾何学模様が特徴なニットですが、ブラウンをベースに様々な色の糸が物にインパクトと個性を与えます。

シルエットは緩めですので、ざっくり大きく着るのがオススメです。

“オーセンティックをモードに着る”
矛盾した言葉ですが、コレクションブランドの大きなテーマの発信かもしれません。。

MODEL:GCMG0024Q0
MATERIAL:ウール100%
COLOR:マルチ
SIZE:44・46・48
PRICE:119,880yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

定番のシルエットのこちらのパンツは、ドレスでも使用される素材を採用し、こちらもクラシック要素を感じます。

ですが、ウエストはシャーリング仕様になっており、インプリーツの緩めなシルエットで、street特有の抜け感もあります。

このパンツは突出して、ワタリから裾にかけてのテーパードシルエットが美しく、こういったシルエットの本家でもあるMARNIのパンツは本当に美しく、洗練されています。

他ブランドでも、最近この様なシルエットのパンツが増えて来ましたが、やはりMARNIのパンツのシルエットが一番綺麗です。
ただ緩いだけでは無く、全てのパターンに拘りがあり、クラシックジャケットと合わせたスタイルも全く問題ありません。

個人的に春夏で同モデルのパンツを購入しましたが、履いて見て他のブランドとの差を強く感じましたので、是非一度試して見て下さい〜!

MODEL:PUMU0017A0
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ブラウン
SIZE:44・46・48
PRICE:69,120yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、『gujiの縁側』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『Mix styling』
〜Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)〜

18FW Casely-hayford⑥
18FW Casely-Hayford⑤
18FW Casely-Hayford④
18FW Casely-Hayford③
18FW Casely-Hayford②
18FW Casely-Hayford①
Casely-Hayford『Mix styling』④
Casely-Hayford『Mix styling』③
Casely-Hayford『Mix styling』②
Casely-Hayford『Mix styling』①

前回のPINE(パイン)からバトンを引き継ぎ、現在開催中のCasely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)POPUPイベント!

10月15日までの開催ですので、いよいよ大詰めを迎えました。

今後も僕たちbalconeでは、まだ他にもフェアーの開催を予定しておりますので、楽しみにお待ち頂ければと思います!

開催前には勿論このblogでも詳細を発表致しますので是非チェックを宜しくお願い致しますm(__)m

さて、本日はこの期間中最後のCasely-HayfordのMix stylingです!

最後を飾るのが、これから先欠かせないコートのstylingをご紹介致します!

トレンドのオーバーサイズシルエットのコートを、メインに使用したMix styling!

合わせたパンツもワイドシルエットで足元はスニーカーと、streetを意識したstylingです。

このstylingの一番の肝は色使いでして、コートの色味がネイビーですので今までのシックな流れですとインナーは靴はブラックやグレーを合わせたくなる所ですが、このstylingでは茶系の色を合わせています。

ネイビーに茶色を合わせるstylingは、イタリアのマローネアズーロな合わせで、イギリスのブランドであっても、今シーズンはマストで押さえておきたい所です!

またインナーに使用したRENCONTRANT(レンコントラント)は、今シーズンの僕たちbalconeの激推しブランド!

カシミアなど素材感のあるアイテムを今シーズンの僕たちは積極的にピックアップしているのですが、カシミア×セーブルの超上質素材はその気分にマッチしますし、何より上質である故、着ているときの高揚感が段違いです!

騙されたと思って!?(笑)今年の冬の相棒に是非選んでみて下さい~!


coat【Casely-Hayford
pants【Casely-Hayford
knit【RENCONTRANT
shoes【NIKE

明日は、スーパーブランドのご紹介です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)
スウェット2型
2018fw collection!

18FW Casely-Hayford⑤
18FW Casely-Hayford④
18FW Casely-Hayford③
18FW Casely-Hayford②
18FW Casely-Hayford①
Casely-Hayford『Mix styling』④
Casely-Hayford『Mix styling』③
Casely-Hayford『Mix styling』②
Casely-Hayford『Mix styling』①

本日で、怒涛のCasely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)出品ラッシュも最終日!

この期間にbalconeにしてはかな〜り多めの15アイテムをご紹介しましたので、なかなかのバリエーションになっているかと思います!嬉

この圧倒的なバリエーションも今月15日までですので、是非この機会をお見逃しなく!!

ここ数シーズン、メゾンブランドのコレクションでもこぞってstreetをMIXした提案がなされており、そのムーブメントもまだまだ冷める気配がございません。

Casely-Hayfordでも多数のそのようなアイテムが提案されており、更にコレクションブランドらしく息子のCharlie(チャーリー)の感性が遺憾無く発揮されております!

という訳で、最終日の本日はスポーティーなスウェットアイテム縛りでお届けいたします!

立体的に動きをつけた独創的なデザインが目を引くのが、こちらのスウェット!

立体の下はナイロンで切り替えを施し、よりスポーティなイメージを作り上げたアイデアに脱帽です!

珍しいデザインですので、洋服好きの方は食指が伸びるアイテムではないでしょうか!?

色味は発色の良いレッドで、色をさす今年のトレンドにはぴったりです!

グレーのウールパンツに単体で着用して、足元はスニーカーを合わせ、スポーツMIXで着用するのが個人的におすすめです!

MODEL:175-72239002
MATERIAL:表地:コットン100%
裏地:ポリエステル
COLOR:レッド
SIZE:XS・S・M
PRICE:39,960yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

streetが全盛の中、この手のハーフジップのスポーティなスウェットも個人的に非常に気になる存在です!

モデルもどこか懐かしいレトロなタッチが、一周回って新鮮ではないでしょうか!?

ネックの上までジップが走っておりますので、気分次第で見え方を変化させられる所もオススメポイントです◎

ブルゾンと合わせたくなる所ではありますが、こういうアイテムをあえてセットアップにインして、キレイ目steeetMIX stylingも乙ですね〜!

MODEL:175-71471002
MATERIAL:本体:アクリル40% ナイロン30% レーヨン25% ポリウレタン5%
リブ部分:コットン100%
COLOR:イエロー・ボルドー
SIZE:XS・S・M
PRICE:48,600yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日も、Casely-Hayfordの『Mix styling』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『Mix styling』
〜Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)〜

18FW Casely-Hayford⑤
18FW Casely-Hayford④
18FW Casely-Hayford③
18FW Casely-Hayford②
18FW Casely-Hayford①
Casely-Hayford『Mix styling』③
Casely-Hayford『Mix styling』②
Casely-Hayford『Mix styling』①
トラッドな要素とContemporaryな要素を上手くまとめることを得意とする、Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)!

現在開催中のPOPUPフェアーも、早くも本日で折り返しとなりました。

本日は、Mix stylingをお届け致します!

僕たちが根幹として掲げるstreet modeな雰囲気とも相性が良いですし、それでいてサヴィルロウを背景としたしっかりとしたもの作りをするブランドですので、子供っぽくない大人らしさがあるのがこのブランドの真骨頂!

それを僕たちなりに解釈したstylingを、本日はご紹介致します!

ガンクラブチェックのトップスに、トラッドなサキソニー素材のウールパンツを合わせ英国長を意識した、本日のMIX styling!

その要素をベースにアイテムはコーチジャケット、パンツはワイドシルエットと、僕たちらしいcontemporaryな色もしっかりと感じるstylingになっております!

ここ最近は、この手のstylingにはスニーカーを合わせることが多かったと思いますが、かstylingではチャッカブーツを合わせ、英国調のムードをより高めております!

秋冬シーズンでもローファーを合わせるのがもう定着化しましたが、昨シーズンからじわじわとブーツもまた復権の兆しです。

首元にはシルクスカーフをインし、stylingに艶と華やかさをプラスしたところもポイントです!◎


coach jacket【Casely-Hayford
pants【Casely-Hayford
inner【Casely-Hayford
scurf【Pierre-Louis Mascia
shoes【F.LLI Giacometti

明日は、最後のCasely-Hayfordのご紹介です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)
ニット4型
2018fw collection!

18FW Casely-Hayford⑤
18FW Casely-Hayford④
18FW Casely-Hayford③
18FW Casely-Hayford②
18FW Casely-Hayford①
Casely-Hayford『Mix styling』③
Casely-Hayford『Mix styling』②
Casely-Hayford『Mix styling』①

まだまだCasely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)のご紹介が続きます!

いつもより一日の出品量をかな~り増やしているのですが、ホントに沢山のアイテムをこの為にご用意いただきまして、こんなにたっぷりとご覧頂ける機会はなかなかないかと思います!奮

3回目の出品の本日は、ニット縛りで!

今シーズンはニットが豊作!と以前のブログでもお伝えさせて頂いておりましたが、Casely-Hayfordでも今シーズンは様々なデザインで提案されておりました!

他とはひと味もふた味も違う珠玉のニットコレクションを、本日はお届け致します!

先にご紹介しておりましたイエローとピンクのロングスリーブのクルーネックに、この期間限定でネイビーもご用意してみました!

フィッシャーマンタッチな糸を使用したこちらのニットは、ストイックさとmodeが融合したCasely-Hayfordらしいニットに仕上がりました!

単体で着用しても雰囲気が出るのはコレクションブランドならではですし、色味はベーシックですのでstylingにも取り入れやすいのではないでしょうか。

コートやセットアップのインナーはもちろん、旋風吹き荒れるレザーstyleにもオススメです!

MODEL:175-72730003
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ネイビー
SIZE:XS・S・M
PRICE:62,640yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

今シーズントレンドなのが、ニットベスト!

僕も今シーズン違うブランドでニットベストを購入したのですが、きちんと見える品の良い表情にハマってしまいました!惚

またニットベストは英国発祥のアイテムということもあり、嫌味なくトレンド要素を加えられるところが嬉しいです。

トラッドライクなアイテムですが、シャツのみならずモックネックのカットソーなどと合わせてstreetに着こなすのもオススメですよ!

MODEL:175-72630001
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ネイビー・レッド
SIZE:XS・S・M
PRICE:52,920yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

優し〜い編み地が特徴的なのが、こちらのVネックニットです。

一見プレーンなイメージですが、首回りは編み地を切り替えることで動きを出し、ポケットを付けることでアクセントに一枚で着ても様になるという、非常に気の利いた一着に仕上がっております。

この手のシャツのインナーはシャツ一辺倒のきらいがありましたが、今シーズンはクルーネックやタートルネックのカットソーとレイヤードを楽しむスタイルもありですよ〜!

MODEL:175-72541001
MATERIAL:本体:合成繊維(ポリクラール)90% ウール10%
裏地:ウール100%
COLOR:ネイビー・グレー
SIZE:XS・S・M
PRICE:42,120yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

見頃はクルーネックニット、袖はシャツに切り替えが施されたこちらのアイテムは、まさにCasely-Hayfordらしさといいますか、遊び心を感じさせるアイテムなんです!

シャツのカフスは長めに設定されておりましてmodeなエッセンスを感じることができ、細かいところにも抜かりはありません。

とはいえ奇抜な匂いは一切なく、シャツとニットをレイヤロングしたような見た目ですので、とっつきにくさは皆無かと思います!

トップス単体でもインパクトがあり、袖がシャツの分細いアームでも厚手のニットと違い引っかかりがございませんので、かな〜り使い回しが効く一着かと思いますよ!

MODEL:175-72339002
MATERIAL:本体:コットン100%
リブ部分:コットン95% ポリウレタン5%
COLOR:ネイビー・ホワイト
SIZE:XS・S・M
PRICE:45,360yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、Mix stylingです!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031