NO CAMEL!NO 2017FALL&WINTER!?

ということで、突然ではございますが今僕は2017年秋冬のファッションウィーク真っ最中のイタリアはミラノにおります。

先週の月曜日にフィレンツェに到着しまして、1年に2度開催されますメンズファッションの祭典PITTI UOMOに参戦させて頂いた後、場所をファッションの聖地ミラノに移しまして、今年の秋冬の商品のバイイングと作戦を立てるネタ探しに奔走しております。

本来であればもう少し早く来年の傾向を当BLOGでご報告したかったのですが、何分にもワインを・・・もとい、来月の3日に控えました弊社の社運を掛けたリニューアルの準備で朝からメールや電話のやり取りに追われておりまして、本日初めてBLOGを更新させて頂きますことをお詫び申し上げます(汗)

さて今回のイタリア出張で感じたこと、それは打ち出しがどこも近くて、またそれが明確なので、弊社の独自性をどこまで表現できるかが”鍵”になるということです。

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんし、その方達にとっては耳にタコができるかもしれませんが、英国調、クラシックという傾向はより強くなってきていることは明らかです。

もう1つの目立った傾向は本日ご紹介させて頂きます”色”について。

特に秋冬に関しまして、2015年のマローネ エ アズーロから2016年はグレーが新たにプラスされ、そして2017年のキーカラーはキャメル!この色に他なりません。

以下ズラリとキャメルご覧下さい⬇︎

⬆︎ISAIA
⬆︎Belvest


⬆︎LARDINI

⬆︎TAGLIATORE


⬆︎ERNEST


⬆︎PASINI


Centotrenta代表 加藤いさお氏(?_?)

ちなみに差し色としてパープルも期待しておりましたが、提案は少なく感じましたので、ここは個人的にお勧めしたいとは思っておりますが、兎にも角にも目立ったのはキャメルでした。

salottoの基本はもちろんネイビーとグレーですので、どこまで、どういった形でキャメルを取り入れるかは課題ですが、何らかの形でキャメルを提案したいと思っておりますので、是非ご期待下さいませ!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

奮闘の足跡が!? salotto di guji ヴィジュアルプレイバック!



弊ブログに目を通していただいている方は恐らくかなりの割合で弊社の他のブログもチェックいただいていると思います(感謝)。

たくさん分けられていて判りにくい!というご指摘も頂戴していたこれらのブログ(汗)、昨年末にウェブ担当スタッフの念願叶いちょっとばかり形式がリニューアルされました。

それらの各ブログでも既にアップされているのをご覧の方も多いと思いますが、salotto di guji でもこの半年を振り返るディスプレーの総集編をお届けしたいと思います。

今回のセールはインパクト重視でマネキンを装飾してみたんですが、一見突飛な印象のようで東京都内の有力ブランドなどでもこういう演出はメジャーでして アイデアを参考にさせていただきました・・・





シーズンのスタートとなる8月はキーカラーをリズムよく組み合わせたコーディネイトで、今年の傾向をわかりやすくヴィジュアル化してみました。

ブルー、ブラウン、グリーンというカラーが有機的に絡み合うところから「Organic Structure(有機的構造)」というコンセプトの8月、しかしISAIA(イザイア)はカラーの提案が相変わらず巧みですよね(惚)・・・





今シーズンのキーヴィジュアルとして掲げたのが『五感』

五感を刺激するヴィジュアルとしてsalotto di guji は9月「触覚」に因んだディスプレーを敢行しました。

「Vintage Touch」と銘打って経年によるテキスタイルの変化に注目し、質感にスペシャルな存在感のあるアイテムをフィーチャー。

ステッカーが唯一無二な雰囲気となっているGLOBE TROTTER(グローブトロッター)や、もはやヘリテージと呼べるほどに歴史を紡いだMACKINTOSH(マッキントッシュ)のモーターサイクルコートなど希少なアイテムが店頭を飾りました。

こういうのに男心はくすぐられるんですよねぇ〜





ショップ横断企画として共通テーマの10月。

HERNO(ヘルノ)にフォーカスをあてる当月、salotto di guji ではラグジュアリーなカシミヤのダブルフェイスが何と言ってもアイコニックでした。

ストレスフリーなその着用感がイメージされるようにエアリーな見せ方にトライしてみましたがその苦心の跡が見え隠れしておりますね、はい・・・





什器のショップ間のシャッフルも最近は積極的に行い、新鮮さを保つことにも注力しております。

balcone di guji から運び込んだのはライトアップが可能なアクセサリー向けのテーブル。

ドレスショップでありながら 近未来的でスペーシーな空気が漂うこんなレイアウトもたまには気分も変わって良いもんです。

マネキンの使い方、これって基礎中の基礎のようでけっこうこだわりが発揮されるポイントだったりします。

向きや角度、特に目線なんかは仕上がりの完成度に大きく左右しますので侮れません(汗)・・・





ちょっとパーティーを意識したセレクトの12月はモノトーンの世界観を雪のパウダーを小道具に表現してみました。

salotto di guji には専用のショーウィンドウが無く エントランスの一部分でこじんまりとディスプレーを行なってきましたが、なかなかこれが常に新しいアイデアで演出するのもスペース上 骨が折れる作業でもありました・・・

そういう意味では来月のリニューアル後はより幅広い表現ができそうでこれまでよりも可能性を感じます!

gujiのそれぞれのカテゴリー、それぞれが魅力的に映るヴィジュアルを今後も追求しながら 無い知恵をギュ〜っと絞り出して(汗)、この春も頑張っていかなきゃなぁと肝に命じている次第ですので 新しいショップがオープンの際は是非ともお立ち寄りくださいませ!

 

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

今年を締めくくるのは・・・?
MARIA SANTANGELO(マリア サンタンジェロ)
ヘリンボーンコットンウールネル別注シャツ

11062204115-01

 

他のアイテムはこちら!
ネクタイ   【SOZZI
ジャケット  【BELVEST




今年も残すところ僅か・・・

店頭に鎮座するクリスマスツリーやハービスプラザ名物の特大ツリーを見るともうそんな時期かぁと感慨深くもありますが、私自身は聖夜の予定も特になく・・・ と誰も興味はないですよね(汗)

とはいえ近づきつつある大阪店リニューアルの準備にこれから奔走することを思うと嬉しい半面、焦りにも似た気分でなんだか気もそぞろな状態・・・

文字通り社運を賭けた一大プロジェクト!是非お楽しみにしてください(願)

という 年の瀬感満載 の書き出しですが、商品のアップは本日が最終。

何かない!?ひねり出したところ1つだけあったのがMARIA SANTAGELO (マリアサンタンジェロ)の唯一遅れていたコットンウールの起毛ネルの弊社別注モデルです。

気持ち小衿で ほっそりボディがキモの別注モデル、色気ムンムンなノリが大好きなナポリものには珍しいクリーンでピュアなホワイトネルは聖夜にも相応しいほどにロマンティックな出来栄えです。

世代的に懐かしい響きの「ビエラ」のシャツ、本来は綿と羊毛の混率は同等に近いんですが、コットン85%のウール15%ということで殊更仕上げのタッチに重きを置いたリッチな風合いが素敵です。

イケてるビジネススタイルを標榜している salotto ではある意味レアなリラックスしたヌケ感は、思いの外スタイル問わず活躍してくれそうな気がします!!



11062204115-17

MODEL:ENZO-A15/F356925-2AA
MATERIAL:コットン85% ウール15%
COLOR:オフホワイト
SIZE:37・38・39・40・41・42
PRICE:27,000yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

2017秋冬!salottoのテーマは”セクシックな紳士”です(?_?)

先日の東京出張の折、系列店含めた弊社のバイヤーが集まる良い機会に恵まれまして、今後のバイイングの在り方や どうすれば販売のSTAFFに買い付けてきた商品の思い入れを伝えれるか等、珍しくミーティングを行いました。

その中で、お陰様でSTAFF数も店舗数も増えて、以前の様に適当に・・・もとい、雑談であ〜でもない、こ〜でもないと商品の思い入れを伝えていては 多くのSTAFFに満遍なく伝えきれなのではないか?という話になりました。

やはりシーズン毎にテーマが必要ではないか?それに則ったバイイングが必要ではないか?

今更ながら、という話になりまして・・・

我がsalotto di gujiはテーマを何にしようかなと悩み中です(?_?)

キーワードは先日のBLOGでも申し上げました、英国調クラシック、エレガント、そして弊社の永遠のテーマでもあります色気、です。

ということで、表題の”セクシックな紳士”はまだ候補の段階です。

もちろん期待して頂ける程の情報ではないとは認識しておりますが、決まり次第ご報告させて頂きますので少しだけご期待ください。

さて、これで終わりも何なので、2017年秋冬のお勧めをほんの少しだけご紹介させて頂きたいと思います。

プレコレクションがほぼほぼ終了しまして、これから年明けのPITTI、そして本コレクションへと続いていくバイイングですが、まだまだ道のり半ばですので、本日はほんの少しだけ。

img_5484

img_5485

FOX BROTHERSの生地は手に触れるとイタリアのそれとは全く風合いが異なります。

どちらがいいか?

愚問です!?

これは好み以外の何物でもないですが、ここ最近の英国調の傾向から申し上げますとFOX BROTHERSの気分です。

この生地で何を仕立てるかはまだ内緒です㊙︎

img_5604

こちら公表はされていませんが恐らくイタリアの生地だと思います。

タッチが少し柔らかくて滑らかです。

こういった生地も今年同様に、いえ今年よりも多く見かけると思います。

img_5488

img_5562

注目の色と素材は、断然キャメルです。

多くのというよりもほとんどのジャケットブランドにコレクションされていました。

カシミアはもちろん最高ですが、カシミアとは違うツヤ感は来年のsalottoのテーマを考えると外したくても外せません。

img_5601

img_5660

タック入りのパンツはもう何もいうことがありません。

もちろんノープリーツもご用意しておりますが 明らかにプリーツの波はきています。

ビジネススタイルにおきましては、トレンドが急に180°変わることはありませんので、ノープリーツもNGではありませんが、プリーツ入りも是非取り入れてみて下さい。

ちょっと新鮮な気持ちになって、ちょっと沈みがちな月曜日の朝も足取り軽くなるかも?

img_5482

img_5665

これは好き嫌いが分かれますが、ちょっと男臭いキャバリーツイルも多くのブランドにコレクションされていました。

このちょっとカントリーで男臭いテイストはこれからお勧めですが、恐らくそれ程売れないかなぁ・・・とは思っておりますので salottoではほんの少しスパイスとして。



img_5877

ベルベットの1ボタン、ピークドラペルはイタリアの色気を存分に感じることができますが、今の傾向からは些か逆行しているかもしれません。

でもSTAFFからのリクエストにもあったように、色気があってこそのgujiではないか!?ということでこちらも展開する予定です。

このジャケットにタック入りのグレンチェックパンツなんていいかもしれません。

まさに我がsalottoの2017の進むべき道かもしれません。

今はまだプレコレクションを見て何をお勧めしていくべきかと悩んでいる段階です。

これからこのおぼろげなイメージを固めていこうかと思っておりますので、またご報告させて頂きます〜!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

二匹目のドジョウはいるのかもしれません!?
MUNGAI(ムンガイ) シャンブレーレースポケットチーフ&リネンポケットチーフ

img_1636

他のアイテムはこちら!
ジャケット  【BELVEST
シャツ    【GUY ROVER
ネクタイ   【ISAIA

 

 

ポケットチーフとしては珍しく、空前のヒットとなったMUNGAI(ムンガイ)の刺繍チーフ。

どんなジャンルにも流行りがあることを再認識させられましたが、そのヒットの要因となったのがSNSという事にも驚かされました。

作られたトレンドではなく、消費者から自然発生的に生まれたホントの意味での流行だったという事はSNSでユーザーが発信することの拡がりと可能性を示しています。

新鮮な驚きとともに ある意味では影響力の強い小売店からのローカルな発信も色々なものを巻き込んでのムーブメントになり得るということでもありますのでもっと頑張らなきゃと発奮材料にもなりました!

salotto di guji から生まれた新しいトレンドが近い将来媒体で取り上げられるなんてこともあるかもしれませんよね(妄想)・・・

そんなビッグヒットに続け!とばかりに素材を変えてこちらはシャンブレー×レースのニューヴァージョンで二匹目のドジョウを狙ってみた次第なんです。

もともとはレース刺繍が専門のMUNGAIということで、そこは餅は餅屋で良い塩梅の手仕事の温かみこそがキモとなっているわけでして、女子のランジェリーのようなフェミニンで繊細なあの感じではございません(汗)

という訳で 安心して胸元に突っ込んでいただけますのでちょっとしたハズシとして活躍するのは間違いないとお約束いたします!

 

 

img_16212

MATERIAL:コットン100% レース部分:コットン
COLOR:ライトインディゴ×ホワイト・インディゴ×ネイビー
SIZE:25.5×25.5(cm)
PRICE:6,480yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

 

 

img_1629

 

 

salotto di guji で実はもっとも売れているMUNGAIの白のリネンチーフ。

ホント良くお買い求めいただいているゆえに現在は完売ということでご迷惑おかけしております(汗)

只今オーダー中ですので しばしお待ちを・・・使い勝手とリーズナブルなお値段でいつも大人気なのは至極納得ではありますが、有り難いのは何も「白」だけじゃありません!

清潔感の「白」のみならず、リッチな「ベージュ」やはたまた男の定番の「ネイビー」やセクシーな「黒」といったラインナップもかな~り有能なアクセント。

特に「黒」なんかは遊びなれたオトコに相応しい点からも salotto di guji 的にはもっと定番化しても良いと密かに猛プッシュしているアイテム・・・

これこそ弊社発のトレンドにならないかなぁ~(祈)と勝手に夢見てはいるんですけどねぇ・・・

 

 

MATERIAL:リネン100%
COLOR:ベージュ・ネイビー・ブラック
SIZE:35×35(cm)
PRICE:3,240yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

gujiの永遠のテーマは色、艶、夜、でした(汗)

 

毎年、毎シーズンこの時期になるといつも同じことを思います。

本当に時が経つのは早いです。

年々早くなっている気がするのは歳のせいかな・・・

あかん、あかん、久しぶりにsalotto BLOGを書くのに暗くなってしまいました(謝)

しかも恒例の?「プレコレクションスタートしました!BLOG」というのに。

 

img_0007

 

ということで、来年2017秋冬のバイイングがいつものISAIAを皮切りに始まってしまいました!

始まりはいつも新しいコレクションとの出会いに胸が躍りますが、その反面いい物がなかったらどうしようかな・・・という少しの不安が入り混じる、どちらかと言いますと心地のいい高揚感と緊張感です。

いくつかのブランドの新しいコレクションをチェックさせて頂きました。

ズバリ!!来年の秋冬の傾向は・・・(?_?)

それは何と!?

まさかの!?

 

img_0004

img_0005
英国調です!!

クラシック、エレガントな風向きは更に追い風・・・

今年と一緒やん!?というツッコミは誰もが思っておられるかもしれませんが、ここはお題が一緒だとことさらバイヤーの腕の見せ所です。

しかも厳密にはお題は少し違いますからね。

ニュアンスがちょっと伝わり辛いかもしれませんが、英国フレーバーから英国テイストになるイメージです。

今年は香りを、来年は味わう感じです。

 

img_5478
僕達がお取り扱いさせて頂くジャンルはレディースやモードと異なりまして、トレンドが180度変わることはありませんので、ほんの少しの違いです。

そういえば 今回のプレコレクションのスタートに際してSTAFFに要望を募りましたが、英国調やクラシック、エレガントな傾向も分かるけれど、我がgujiの永遠テーマでもある色、艶、夜を感じさせる物も欲しいという意見がありました。

お客様の中にはやはりどこかイタリアらしい色気と言いますかセクシーさを求められている方も多いですし弊社にはそれを期待されているということでした。

英国調を自分なりに解釈して、弊社らしい提案をする必要があることを再確認しました。

もちろん我がsalotto di gujiはビジネスが中心ですので、どこまで色気を取り入れるかは大きな課題ではありますが、2017年の秋冬の salotto di guji は “エロシック” な英国紳士?目指します!?

 

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

年の瀬に滑り込みセーフ!
RING JACKET (リングヂャケット)×guji Loro Piana( ロロピアーナ) ブラックスーツ&ジレ

17162200028-01

他のアイテムはこちら!
シャツ   【VANGHER
ネクタイ  【TONELLO
シューズ  【santoni



昨日大阪市内で催されたLEONの15周年を祝うパーティに招待いただき参加させていただきました。

美女を伴ったちょい悪オヤジたちに紛れて、弊社の若手スタッフとのむさ苦しいコンビ(汗)で参加をさせていただいたんんですが、普段はあまり縁のない華やかなパーティーで恐縮しつつ楽しませていただきました!

そのパーティーの壇上で編集長の前田氏のスピーチにもありましたが、モテるを追及した15年間 そして更なる仕掛けを来年以降も用意しているとの事でまだまだその勢いは衰えることを知らないようです。

詳細はこちらのブログでもご紹介しております。

恐れ多くも弊社も今年で10周年を迎えたわけですが、来年は移転増床リニューアルオープンをsalotto di gujiもgujiも控えており新たな転換点となることと思いますので是非是非、今後の弊社にもLEON同様に乞うご期待でございます!!

そんなパーティーの急なお誘いにも焦ることなく対応できるスタイリッシュなブラックスーツの代表格が、もう既に何度となく追加オーダーしてまいりました弊社とRING JACKET(リングヂャケット)との名コラボと名高い?こちらのLoro Piana(ロロ ピアーナ)のフォーシーズンの輝きも眩しいブラックスーツです。

私のようなパーティービギナーにとっても大きな味方ですし、如何なるドレスコードにも動じないという熟練のエグゼクティブの方にも自信をもっておススメできるそんな一着。

何かと出番の予想される年末に何とか間に合った今回の追加。

そういえば今回ご招待いただいたLEONのパーティーはドレスコードもさほど厳格ではなく その方なりのドレスアップしたスタイルでしたが、ちゃんと正しく正装している方はやっぱり際立って美しく見えておりました!!



17162200028-02

17162200028-12

MODEL:GUJ-01/GUP-01/RE026F34
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ブラック
SIZE:42・44・46・48・50・52
PRICE:97,200yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

14062200028-01



いえ、もちろん無くても充分に恰好良く振舞えます。

けれどあれば余計に品格がグ~っとアップするのがジレの不思議なところ・・・

無くても良いんです!けどやっぱり!あった方が何かと良い。これもまた事実・・・

無駄なお肉を引き締めてくれるのも私的には有り難いところだったりするんです(汗)・・・



MODEL:V-04/RE156F10
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ブラック
SIZE:42・44・46・48・50・52
PRICE:27,000yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

やっぱり今年も、そして多分来年も・・・
INCOTEX(インコテックス)1NT035 ノープリーツウインドウペーンパンツ

13062204091-01

他のアイテムはこちら!
シューズ   【santoni

 

 

 

「神ってる」が今年の流行語大賞のようです。

ホンネを言えば日本シリーズも制し、ドラマチックな

幕切れとともに黒田投手の胴上げ、そして引退という

カタルシスが実現すれば 尚のこと”神ってた”わけです

が、まぁそれは高望みすぎるってもんです・・・

我々の世界に於いての今年の流行語は(ドラムロール)

「英国調」

です!! 恐らく・・・

予想通りでしたよね(汗)

すでにスタートしている17年秋冬シーズンコレクション

を見る限り来年も2年連続受賞があるかも?なほどに

勢いは衰えないこと必至なキーワード。

INCOTEX(インコテックス)もホームスパンが好調

だったりその傾向を如実に受けておりますが、こんな

ウィンドウペーンも実はご用意しておりました。

かなり前から入荷していたネイビーなんですが、もう

1色のグレーの到着を待ち続けたところのやはりと

いうべきかのドロップでして(汗)・・・

気を取り直して1色ですがお届けしたいと思います。

ベースはピンヘッド調の表情豊かな色出しの所に

乗っかるブルーのペーン。

ソフトで調和したコンビネーションで他のアイテム

とのまとまりも容易に決まりそうなあたりも嬉しい

ところです。

ここのところスキンフィットだブリッジフィットだと

展開も多岐にわたるINCOTEXのコレクションですが

こちらは王道のスリムフィットノープリーツでして、

英国調でありながら英国濃度もさほど強くなくかなり

多彩なコーディネイトで活躍してくれそうです。

なんだかんだこれまでず〜っと展開してきたウィンドウ

ペーンですが、今年もやっぱりやっちゃっておりまして

多分 来年もこの調子じゃ外せなさそうな予感大なんです

よね〜

 

 

13062204091-11

MODEL:SLIM FIT 1NT035-10777
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ネイビー
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:45,360yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

今シーズン2度目の・・・?
TATEOSSIAN(タテオシアン)スターリングシルバー カフリンクス CL6289 & タイクリップ TC0473

img_1611



気が付けば明日からもう12月。

今年も残すところあと一か月となりました(汗)

当ブログも16年秋冬もののご紹介はあと僅か、そして

本日のTATEOSSIAN(タテオシアン)ですが不思議な

事に本来は来春夏用のオーダー分がこんな時期に既に

入荷しているんです!?

厳密に言うともう入荷して少し経ちますので、本当に

変なタイミングでロンドンから前乗りしちゃったという

ことなんです。

8月にアップしたのが秋冬の展示会でオーダーした分

ですので、現在はその在庫と今回の入荷とでけっこう

在庫は潤っている状態なんです・・・

で、今回初登場なのが こちらのネクタイピンでも既に

用いられたクリップをモチーフとしたカフリンクス。

留めるものという事でクリップという分かり易くも凄く

洒落の効いたデザインで、気付いたときにはニヤリと

させられること必至の語れるアクセ。

留め金側も目を凝らせばミニクリップというコダワリと

ギミック満載でTATEOSSIANらしいクリエイションに

唸らせられました!

真面目顔の紳士の袖口に輝くアイテムが意表を突かれる

遊びの効いたデザインなんて、最高にお茶目だと思いま

せんか!?



MATERIAL:SILVER925
PRICE:39,960yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。


img_1616



タイクリップも新作を。

比較的タイクリップはシンプルなものに的を絞って

展開していますので、その中では捻りの効いたデザイン

といえるかもしれません。

側面はブラックでコーティング、表面もフラットでなく

仕上げに一仕事加えることで見る角度によって乱反射

の効果をもたらします(輝)

ハレの舞台に相応しいそんな存在感あるアクセサリー

でVゾーンを演出するのも良さそうです!



MATERIAL:SILVER925
PRICE:24,840yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

小さきものは美しきかな
VANGHER(ヴァンガー)ミニレギュラーカラーシャツ&ピンホールカラーシャツ

11062201025-01

他のアイテムはこちら!
ジャケット  【TONELLO
スカーフ      【BEGG

 

 

いつの世も男子の本懐は「小さい」よりも「大きい」

だと思います。

人としての器の大きさもそうですし、具体的には言えま

せんが大きくて立派なモノに対する 憧れというか 畏敬

の念というか(汗)・・・

何についてかはご想像に任せるとして、とにかく「大は

小を兼ねる」というくらいですので根源的にそういう

モノなんでしょう、きっと。

とは言え 今のご時世的に少なくともこれだけは「大」

よりも「小」の方が優勢です!

よりすっきりとしてナチュラルなデザインが求められる

ここのところの風潮のなかシャツのカラーのボリューム

はかなり小さいものへ意識も移り変わってきました。

ミニカラー、しかもレギュラー気味のこんなニュアンス

がこれまで以上に出番も増えそうな気がします。

イタリア中部アレッツォを本拠地とする ALESSANDRO

GHERARDI(アレッサンドロゲラルディ)が展開する

レーベルのVANGHER(ヴァンガー)はsalotto di guji

では2シーズン目となりますが、前回に続いて 台襟が

低めの襟羽根短めのミニレギュラーカラーを今回も

新色のグレーを加えご用意しております。

スリムなナローシルエットとイタリア製らしからぬ

お手頃なプライスが売りでもありますので、salotto

di guji としてはTONELLO(トネッロ)の良き相棒と

して今後も ”大”きな期待をしております!!

 

 

11062201025-02

他のアイテムはこちら!
スーツ    【TONELLO
ネクタイ   【MATTABISCH

11062201025-12

MODEL:VAE-V1-5R/W070/000
MATERIAL:綿100%
COLOR:ホワイト・グレー
SIZE:37・38・39・40・41
PRICE:23,760yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

 

 

11062200025-01

他のアイテムはこちら!
スーツ    【RING JACKET
ジレ     【RING JACKET

11062200025-17

MODEL:VAE-75-5R/1029/000
MATERIAL:綿100%
COLOR:ホワイト
SIZE:37・38・39・40・41
PRICE:21,600yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

 

 

10年以上前にプチブームが来て以来のスポットライト

となりそうなピンホールカラー、しかもラウンドで

先ほどと同じくミニマムなスタイルです。

実を言うと、着たことのある方ならご存知かと思い

ますがこのピンを留めるのってちょっと苦戦する事も

あるんです(汗)

例えばダブルカフスのシャツはカフリンクスを留める

身嗜みの余裕があるライフスタイルをアピールする

効果もあるとかないとからしいので、こちらも同様に

ドレスアップの醍醐味を存分に披露してみては如何

でしょうか!?



11062202025-01

他のアイテムはこちら!
スーツ    【TONELLO
ネクタイ   【TONELLO

11062202025-17

MODEL:VAE-75-5R/W011/500
MATERIAL:綿100%
COLOR:ホワイト×ブラック
SIZE:37・38・39・40・41
PRICE:23,760yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。
宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
上に戻る