SUMMER SALEの季節です!!

こんにちは、楠木です。

7月1日から始まるツール・ド・フランスに向け”主役級”の選手の出場が次々に決まっています!

有力選手や個人総合で2連覇中の選手も出場が決まり、熱気が高まってきましたが

laboratorioでもついにSUMMER SALEが6/24よりスタートいたしました!!!!!

店頭及び弊社オンラインサイトにてこの夏の”主役級”のアイテムたちが
多数セール対象になっておりますのでお早めのチェックをオススメいたします!!

お時間ございましたら、辺鄙な場所ではありますがぜひ覗いてみてください!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

laboratorio一期生最期の奮闘記〜卒業編〜後編

暮れ〜なずむ〜町の〜 光と影の〜なか〜・・・

もうええっちゅーねん!!って感じですよね(汗)被せにいきたくなるのは関西人の性なんであしからず・・・(汗)

というわけで昨日のブログに引き続き、本日も康本、小林によるguji laboratorio卒業ブログをお送りさせて頂きます〜!!

約一年に渡るlaboratorio生活の中で、最も印象深かった出来事は?という問いに対し、色々あったけどやっぱり「イタリア出張」「ring TOKYOでの武者修行」、特に印象深いこの二つに絞ってお話させて頂きます!!

というところで前編が終わりましたので、本日はその続きから参ります!!


(小林が参戦した2016年の夏のPITTI UOMO)


(康本が参戦した2016年の冬のPITTI UOMO)

康本 小林:いやぁ〜思い出すね〜!!(シンクロ)こう見るとフォーメーションが全く同じなんですね(笑)

康本:小林君が行ったのがちょうど一年前になるんかぁ〜(小林が夏、康本が冬のPITTIに参戦しました)指くわえてlabから羨ましいな〜と思ってブログとか見てたんやけど、実際初めてのイタリアどうやった?

小林:興奮して鳥肌が立つって、こういう事なんやって実感した瞬間やね!(笑)イタリアに降りたった時のボルテージは人生でぶっちぎりのナンバーワン!なんか嬉しすぎて?感動し過ぎて叫びたくなる感じ!逆に康本君冬のイタリアどうやった?

康本:僕も似たようなもんで、人生で一番楽しくて感動した時間やった!!だって自分が世界一カッコいいと思う世界を肌で感じれたってこの上ない幸せじゃないですか!?(興奮)あっち見てもこっち見ても雑誌で見た人やし、トレンドの最先端に居れることが嬉しくて嬉しくて・・・(嬉し泣き)

小林:その気持ち、分かります(笑)PITTI時の高揚感は言葉では表現しにくいのですが、あの時は気持ちが高ぶり過ぎて、PITTIが始まる前に各ブランドのブースを見たり、ファッショニスタを観察したりと毎朝、朝活していたのを覚えてます。

康本:朝活ね。したした(笑)終始落ち着きなかった記憶が・・・(反省)遊びで来てるわけじゃない!!って何度も自分に言い聞かせていたのですが、感動バロメーターが振り切りすぎて壊れてしまったんです(汗)実際全く遊んでいたわけではありませんが、確実に誰よりもPITTIを楽しんだという謎の自信はあります!!(笑)

labスタッフ:なんだかお二人とも話し出すと収拾がつかなさそうですね・・・(汗)たくさんお話しされたいとは思いますが、この後東京でのお話もして頂きたいので、お二人ともイタリアでの感動はハイライトという形をとり、特に印象深かった出来事を3つご紹介してください!!それでは先にイタリアへと旅立った小林さんからどうぞ!!・・・3つだけですよ!!(笑)

小林:え、3つですか!?そんなん酷ですわ〜〜 !ご紹介したい事が沢山あり過ぎて絞りきれないんですが・・・(汗)でも僕の中で1番の衝撃は、プリモさんのショールームですね!

小林:コチラのショールームでは今や飛ぶ鳥を落とす勢いがあるStile Latino(スティレ ラティーノ)のラテンな色気溢れる魅惑のコレクションを初め、gujiの絶対的エース!?のシャツブランドBOLZONELLA(ボルゾネッラ)も並んでおり、見る人を虜にしてしまう圧巻のコレクションばかり!(興奮)

ringの絶対的エースブランドStile Latinoの当主であり、生粋のナポレターノ(洒落人)ヴィンツェンツォ・アットリーニ氏にお会いできたのも本当に感動でした。

出張時はファッション以外にもイタリアならではの美味過ぎる料理や美しい街並なども感動の嵐なんです。

小林:ミラノに来れば、絶対に食べたいのが魚介料理!地中海で捕れる魚は日本とは違い、濃厚でしっかりとした味があるんです!是非、ミラノに行かれた際は魚介料理を味わってみて下さい!(笑)

小林:何と言っても、忘れられない一生の思い出!?となるであろう初PITTI UOMO!最先端のファッショントレンドを直に感じることの出来るPITTI UOMOは感動の連続でした!詳しくは~イタリア出張フィレンツェ編~をご覧下さい。

康本:続きまして康本の選ぶ感動ハイライトTOP3に参ります〜!!3つだけでなく同率一位がいくつもあるのですが、泣く泣く厳選してお話させて頂きます(汗)

まずはいきなり被ってしまいましたが、被ってでも書きたい!!と思わせるほど僕の体に稲妻を走らせたStile Latinoのコレクションでございます!!

写真では少し伝わりづらいのが残念ですが、商品もプレゼンテーションも素晴らしい上にショールームもむちゃくちゃカッコイイんですよね!!出張中一番痺れた瞬間だったことは間違いありません!!

ring OSAKAにて始動するStile Latinoショップもそんな感動を感じてもらえるようにしたいです!!

そしてもう一つマストで外せないのがクラシコイタリアの最高峰、Kiton(キートン)のショールームに一人でお邪魔させて頂いたことですね!!

KitonグループであるSartorio(サルトリオ)のコレクションもそうでしたが、とにかく壮大なスケールにたじろぐばかり(汗)手に汗握る緊張感は二度と味わえない貴重な体験でございました!!

Kitonの創始者であり、クラシコイタリアの超重鎮、ナポリスーツの生き字引など、肩書きは無限に出てきそうなもんですが、伝説のサルトCiro Paone氏(チロ パオーネ)と写真を撮れたのは一生の思い出となりました!!

そしてこれまた小林同様初めてPITTI UOMOで過ごした時間は生涯忘れることない感動でございました!!

世界中の洒落者が集う世界で一番素敵な空間、そして何より行く先々で迎え入れてくれる素晴らしいコレクションたち!!本当はもっと写真もお見せしたいところなんですが、凄まじい量になるのでお時間ございましたら「イタリア奮闘記〜感動総集編〜」及び、イタリア奮闘記シリーズを是非ともご覧頂ければと思います!!

僕もファッション以外に建造物や食事も書きたいのですが、進行の妨げとなるのでグッとこらえます(笑)

labスタッフ:すみません、3つでも少し胃もたれが・・・(笑)お二人ともイタリアには並々ならぬ想いがあってこその感動だったのですね!!というか二人とも感動シーン似すぎでしょ!!(汗)さて、それでは最後に「ring Tokyoでの武者修行」中に印象深かった出来事を1つに絞ってお聞かせください!!(笑)

康本 小林:え!!たったの1つだけですかぁ〜!?

labスタッフ:お二人のイタリア愛を少し甘くみておりまして・・・まさかここまでボリューミーになるとは・・・(汗)というわけで申し訳ございませんが1つずつ宜しくお願い致します!!(謝)

小林:東京の経験はどれも濃厚過ぎて、未だに東京ロスが治りませんが(汗)やっぱり六本木という東京のホットスポットで4ヶ月間働けたのは自分自身を大きく成長させてくれたと思いますし、大きな自信となりました。

東京での武者修行中は、向こうならではの貴重な経験を数多くさせて頂いたのですが、その中でもTAGLIATOREの日本上陸5周年の記念すべきパーティーに参加させて頂いたのも印象的でした。

 

康本:ん〜これまた悩ましいですが、僕はやはり生でビスポークのトランクショーを経験できたことですかね〜!!今シーズンからringで取り扱いを始めたLuca Grassia(ルカ グラッシア)、その当代である若き天才サルトLuca氏本人の職人技を目の前で見れたのは感動でしたね!!


(まるで体の一部かのように針と糸を使用するLuca氏)

labスタッフ:お二人とも過ごした期間は同じでも、全く異なる貴重な体験をされたわけですね!!インタビューは以上です。お二人ともありがとうございました!!そして改めましてお疲れ様でした!!

康本 小林:こちらこそありがとうございました!!それでは最後はきっちり皆様にご挨拶させて頂き終了とさせて頂きます!!

小林:私、小林は6月からは新天地!guji京都店にて奮闘しております。必殺のゴールデンスマイルで皆様をお出迎え致しますので、宜しくお願い致します!!

康本:いや、ゴールデンスマイルってこれのことやろが〜い!!(笑)ってぐらい笑っておりますが、康本は6月から新天地!ring大阪店にて奮闘しております!!”スマイリー”の二つ名を頂けるほどお馴染みとなったキッツイ笑顔で皆様をお出迎え致しますので、宜しくお願い致します!!

康本 小林:それでは皆様、改めまして本当にありがとうございました!!今後ともguji labratorio、そして巣立った僕たちを変わらず温かく見守って頂けましたら幸いでございます!!


(共に激励し合う康本 小林)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

laboratorio一期生最期の奮闘記〜卒業編〜前編

仰げば〜尊し〜 わが師の恩〜・・・(号泣)

はい、そうなんです。タイトル・冒頭・写真でご察しの通り、実はこの度guji laboratorioの一期生である「康本」「小林」が晴れて卒業することになりました(感動)

laboratorioがオープンしたのが2016/3/15ですので、約一年に渡り色々と勉強していたわけですが、学生時代には分からなかった「社会に出てから歳を重ねるのはあっという間」という感覚はこれなのか!!というほど目まぐるしく、そして刺激的な時間でございました!!(驚)

そんな本日は激動の一年で酸いも甘いも経験し少し大人になった?康本、小林の一年間を対談形式で振り返っていきます!!
ちなみにインタビュアーは新たなlabスタッフに務めてもらいました!!もしかすると近日中に新入生入学ブログが更新されるかもしれませんね(笑)

濃密な一年間を前編・後編に分けておりますが、かなりの長編になるかと思います(汗)読み応え抜群?なので是非ともお時間ございましたらお付き合い頂けますでしょうか(汗)

それでは参ります〜!!

labスタッフ:二人とも卒業おめでとうございます!!色々と聞きたいことはあるのですが、まずは順を追って・・・ズバリ!!「laboratorioのオープンが決まった時はどんな気持ちでしたか!?」

康本 小林:う〜ん・・・(二人とも苦笑い)

康本:正直なところ、最初にlaboratorioがオープンする話を聞いた時は、二人して「嫌やなぁ〜・・・」って言ってたっけ?(キラーパス)

小林:え、それフってくる?(笑)でも確かそんな話もしてたような・・・(汗)二人とも大阪出身やしlabがオープンする京都の”松ヶ崎”という地域に馴染みもなかったので、都会で働きたいよなぁ〜って話してたよね。ただ一期生として任命されたからには絶対に成功させよな!!って熱い話したのも事実です!!


(談笑する康本・小林)

labスタッフ:なるほど。それではオープン前はお二人とも不安は抱えながらもやる気に満ち溢れていた。というわけですね!!それでは「実際にオープンし、勤務が始まってからはどのような心境でしたか?」

小林:オープンに際しての備品の準備、商品検品、レイアウト作成から僕たち主導でやることになったので、俄然やる気に満ち溢れていました!!店舗を構える松ヶ崎も緑が豊かな住宅街で、二人ともすごく気に入り働く頃にはオープン前の不安は消え去っていましたね!!

康本:あれ、でも小林君たしかオープン初日気合い入りすぎて寝坊してなかったけ?(笑)

小林:そういえばそんなことも・・・(汗)(当時の初々しいブログがこちらです)

康本:まぁその寝坊は置いといて(笑)オープン前の準備のワクワク感も凄かったですが、実際にオープンしてからもほとんど全て自分たちで主体的に店舗を運営していくので、売上・顧客管理はもちろん、オンラインサイトに載せる写真の撮影やスペック採寸、商品ブログ執筆等々とにかくやることだらけで楽しくて仕方なかったですね!!

小林:仕事が多くて楽しい反面、来て頂いたお客様にもう一度来て頂く。この難しさも感じましたね!!良く二人で話し合ったりgujiの先輩方に聞いたり、自分達で無い脳ミソをフル回転させて、どのように取り組んで行けばいいか、よく考えて行動する大切さをlabで教えてもらいました。

康本:確かにその難しさは感じましたね。場所柄、まずはご近所付き合いからということで二人で色々なお店に挨拶しに行ったり、地域の組合に入ったりしてコツコツ信頼関係を築きあげて、結果的にお店のカタログを置いてもらったり、その繋がりで来店して頂けたりした時はものすごく嬉しかったよな!!

小林:後はlabだけで取り扱っているブランドもあるので、愛着を持って接客する楽しさも学べたのは大きかったなぁ〜。中でもこちらのGiannetto(ジャンネット)はオープン時からlabの看板ブランドとして大活躍でして、今後もlabとして大事にしていきたいブランドです!!

康本:デザイナーのヴィンチェンツォ氏もわざわざ来てくれたもんね!!(当時のブログがこちらです)


(Giannettoについて語り合っております)

labスタッフ:二人とも試行錯誤しながら色々取り組まれていたのですね・・・僕たち新labスタッフもしっかり引き継ぎさせて頂きます!!続きまして、お二人はイタリア出張や講習会など、様々なイベントに参加されたかと思いますが「中でも印象に残ったイベント、出来事は何ですか?」

康本 小林:愚問ですね・・・(笑)答えは決まって「PITTI UOMO」でございます!!!

小林:僕は同部屋の大先輩を閉め出してしまう忘れられない記憶が・・・(汗)康本君はシャツ全部持っていくの忘れてたもんな(笑)

康本:忘れられない珍事件、思い出したくもないです(汗)とまぁそれは置いておきまして、イタリアンファッションをこよなく愛しこの業界に飛び込んだ僕たちですから、憧れの世界(PITTI UOMO)に一歩足を踏み入れられたのは当然印象深いですよね。

小林:後もう一つ挙げるとするなら思い出の詰まった「ring Tokyoでの武者修行」かなぁ〜

康本:あ、確かに!!絶対そう!!他にもRING JACKETさんの工場見学とか、PTチームとの食事会凛靴さんの靴の講習会LEON PARTYなんかもかな〜り印象深かったけど、全部振り返ったら短編小説ぐらいのボリュームになってしまうな(汗)

小林:それじゃあ「イタリア出張」と「東京出張」の二つに絞ってお話させてもらいましょか!!

・・・本日はひとまず以上とさせて頂きます!!

このまま二つのトピックに差し掛かると読み疲れてしまうかと思いますので、キリのいいところで残りは後編に綴らさせて頂きますね(笑)

それでは明日の更新をお楽しみに〜!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

夏のSALEのお知らせです!!

こんにちは、楠木です!

NBAファイナルも終わりいよいよツール・ド・フランスが始まりますが、laboratorioでもついにこのシーズンがやってまいりました!

京都店、大阪店共に6月24日(土)より店内商品セール(一部商品を除きます)

させて頂きますので皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さいませ。

ラボラトリオでも同日にセールを開始致します!

辺鄙な場所ではございますが、ラーメン激戦区も近くにございますので、ついでで結構ですのでぜひ覗いてみてください!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

やって来ました東京~綿飴と表参道編~
東京奮闘記

こんにちは、岸田です。

お久しぶりです。京都のlaboratorioからringTOKYOへ武者修行というわけで、6/1から六本木にいます。未熟岸田から完熟NEO岸田になるための武者修行ですね。

東京に行くの怖いなぁ〜と行く前までは思っていましたが、実際に東京に来てみると最高に楽しいです。新しい発見があったり、自分の未熟さをはっきりと感じることが出来たりと、非常に刺激的です。

今まで、頭の片隅では情報収集はネットで十分と思っていましたが、考えを改めました。自分の足で歩いて情報を得る方が楽しいですし、ネットと違って知りたい情報以外も自然と入ってくるので、いろいろな事に興味が湧きますね。出不精だった私がこうも変わるとは思いませんでした(笑)次の休みは何処に行こうと考える日々です。

さて、東京に来た私がまず初めに向かった場所がこちらです。

ファッションの聖地・原宿です。原宿に来た目的は…

TOTTI CANDY FACTORY( トッティキャンディファクトリー )という綿菓子で有名なお菓子屋さん?です。全然ファッションと関係ないですね…スミマセン…

男一人でいざ入店。カラフルな内装の店内にカラフルなお菓子で、まるで夢の中にいるような空間です。

そして念願の綿菓子を注文、目の前で作ってくれるので待っている間も楽しいです。徐々に大きくなって行く姿が何とも可愛いですね。


いざ実食。
外はハリ感がありますが、中はふわふわしていて美味しいです。写真から何となく伝わるかもしれませんが、大通りで男一人で齧り付くには恥ずかしかったので、路地裏にいます…

綿菓子を食べ終わったところで、いざ表参道へ!!

ここからは少し真面目です…

やって来ました、RALPH LAURENです。

外からチラッと。

大きなお店ですね。ゾーンごとのテーマが違っているようで、それぞれの違った提案が非常に分かりやすかったです。個人的に一番驚いたポイントはカントリー、アメリカンスピリットを体現するブランドのRRLのフィッティングです。ぜひ、一度入って頂きたいです。こんなにも気分の上がるフィッティングは初めて見ました。

フィッティングまで見てんの?と思いますよね??

実はRALPH LAURENのスタッフさんが店内を全て案内して下さったのですが、そのスタッフさんの一番のお気に入りの場所がRRLのフィッティングだったそうで、そこも案内して下さりました。

スタッフさんに店内のご案内、そして各ゾーンのテーマを教えて頂けたので、非常に為になる経験になりました。さらにRALPH LAURENの世界観だけでなく、その他にもオススメのショップなどいろいろな事を教えて下さりました!!本当にありがとうございました!!

表参道では他にもいろいろな写真は撮りましたが、今回はここでおしまいにさせて頂きます。
渋谷で迷子になった話も東京名物?ホッピーで白パンが茶色く染まった話もカットです!

東京散策で見つけた様々な驚きをこのブログを通じてご紹介していきますので、お楽しみにお待ち下さい!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

“Let’s Botanical”
PT01(ピーティーゼノウーノ)リーフパターン2Pテーパードパンツ

こんにちは、楠木です。
6月の中旬に入り、梅雨の時期だなぁと思っていたんですが、もう夏の暑さやん!と思わせるような晴れ模様が連日続いております。

そんな夏の足元にピッタリなサンダル、昨日ご紹介いたしましたFERRANTE(フェランテ)のグルカサンダルもラボラトリオでは珍しく早々に品薄になり、初めて追加受注をした商品でして、

ご注文をいただくスピードやグルカサンダルについてのお問い合わせをいただく回数も多く、弊社代表に「これなら売れるので、追加でやりましょう!!」とリクエストしたものなので、今でしたらサイズも色も豊富にそろっているので是非みてみてください!

それでは人気のグルカサンダルとも相性抜群なPT01のパンツをご紹介いたします!!

本日ご紹介いたします商品はPT01で、60~70年代のビーチ、サーフをテーマにした今シーズン、思わずビーチまで駆け出したくなる“Let’s Surf”シリーズのパンツでございます。

春夏らしい、清涼感を感じるカラーリングと穿いた時のシャリ感があり、シャドウで入ったリーフ柄がさりげなく上品な雰囲気を醸し出してくれます。

ここ最近トレンドなプリーツデザインは2アウトプリーツ仕様と太くなり過ぎず、ヒップ周りへのフィット感と裾口にかけてのテーパードはトレンド感がありつつ、幅広いコーディネートに合わせやすい1本です。

リーフ柄ですが、うっすら入っているので柄にとらわれず、シャツジャケットやグルカサンダルなどと合わしていただいてクリーンなスタイリングをしてみても良さそうです。

MODEL:LEAF CPD621 AL25
MATERIAL:コットン98% ポリウレタン2%
COLOR:ベージュ・オリーブ・ネイビー
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:38,880yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

今期注目のアイテムとは!?
FERRANTE(フェランテ)グルカサンダル

こんにちは!松戸です。

お金に余裕がない為、まだ関西を満喫しておりません…

来月には世界文化遺産や重要文化財など観光地を回りたいと思っているので
今回も冒頭は床屋ネタにお付き合い下さい(笑)

2週間経たずして髪を切りたい衝動に駆られたので行く決意をしました!

平日ともあって空いてるだろうと思い、当日にお電話したらまさかの満席…

気分は下がっておりますが22時まで営業しているので仕事終わりに行けるんです!!

お休みが当分ないので一安心しました。

決意した日に切れなかったのはポリシーに反しますが我慢ですね…

床屋ネタだと話が尽きないので、この辺で本日の商品をご紹介致します(笑)

1875年、ナポリで高い技術を持った靴職人LUIGI FERRANTE(ルイジ・フェランテ)が創業したFERRANTE(フェランテ)のグルカサンダルです!

高品質と伝統的な職人の腕前があり人気のあるシューズブランド。

今年は各シューズブランドから展開される程注目度が高いグルカサンダル。

暑い日々が続くと足元を油断してサンダルを履いてる方いらっしゃいますよね?
暑いから革靴やスニーカーを履きたくない気持ち分かります!

そういった方にピッタリなのがグルカサンダルなんです!!

エレガントな印象を与え、通気性も良いという革靴とサンダルのメリットを融合したアイテムです。

サンダルと違って肌も露出が少ないので大人っぽく履いて頂けるところもポイントです!

色はベーシックで使い勝手の良いブラック・ブラウン・ネイビーの三色展開。

クラシックスタイルからリゾートスタイルまで合うので幅広く万能なんですよ。
個人的にはコットンスーツやリラックスパンツに合わせると格好良いかなと思います。

暑い時期でも足元を格好良くしてくれるのでマストアイテム間違いなしです!!

MODEL:GURKHA
MATERIAL:アッパー:カーフ ソール:レザー
COLOR:ダークブラウン・ネイビー・ブラック
SIZE:5.5・6・6.5・7・7.5・8
PRICE:52,920yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

腰回りにアクセントを!!
D’AMICO(ダミコ)ウォレットチェーン3型

こんにちは、楠木です。夜中にNBAのファイナルを見てから寝るここ最近ですが、ファイナルの決勝戦ともなるとファンの方の熱気もすごくいつもより食い入るように見てしまいました。

自分が試合をしているわけではないのに選手と一緒に喜んだり悲しんだり、改めてスポーツの持つ力はすごいなと実感しています!

小学生の頃、親が応援しにくるのが嫌でしたが今では少し気持ちがわかります。自分に子供ができてスポーツをするようになったらめちゃくちゃ声出して応援するだろうなと想像できてしまいます(笑)

それでは本日の商品紹介に移りたいと思います。

デザインとクオリティーの高さに定評がある、ベルト&アクセサリーブランドD’AMICO(ダミーコ)からまずはシンプルなウォレットチェーンをご紹介致します。

楕円状パーツを繋ぎ合わせたチェーンは抜け感あるデザインが特徴で、こういったハードに見え過ぎずシンプルなウォレットチェーンは、なかなか見つけにくいです。

大人の男性が安心して付けることのできる1本です!

MODEL:WAU0066
MATERIAL:真鍮
COLOR:シルバー
SIZE:FREE
PRICE:18,360yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

次にご紹介致しますのは、メタルチェーンとレザーという異素材を組み合わせたものです。

ベルトで有名な同ブランドが作るウォレットチェーンもベルト同様に軽快で洗練されたデザインになっています。

シンプルな着こなしにインパクトを与えてくれ、大人のカジュアルスタイルを爽やかに彩ってくれます。

MODEL:WAU0138
MATERIAL:レザー・真鍮
COLOR:シルバー×ブラウン
SIZE:FREE
PRICE:16,200yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

最後にご紹介致しますのは、とレザーのコンビのウォレットチェーンでございます。

レザーのハードな印象をが和らげながら、の色が夏につけるべきウォレットチェーンに格上げしてくれています。

シンプルになりがちな夏のコーディネートにウォレットチェーンで少しアクセントをつけてみるのはいかがでしょうか!?

MODEL:WAU0360
MATERIAL:レザー・ターコイズ
COLOR:ネイビー・ブラウン
SIZE:FREE
PRICE:21,600yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

やっぱり必要!?
TIBERIO FERRETTI(ティベリオフェレッティ)メッシュベルト

こんにちは!松戸です。

早いもので京都に来て一週間が経ちました。もう会話のイントネーションが関西弁よりで違和感を感じます…

先日、早速お休みを頂きまして事前にリサーチして気になっていた床屋さんに行ってきました!

兵庫県の逆瀬川という町にあり片道2時間の電車に揺られながら、髪型の出来に不安でしたがバッチリ決まったのでホッとしました。(笑)

髪型にとてつもなくこだわりがあり2週間にいっぺん必ず行きます!

強引ですが本日は、そういったこだわりを持ったベルトのご紹介です。(笑)

スエードとメッシュを巧みに編み合わせたコンビメッシュ素材を採用したTIBERIO FERRETTI(ティベリオ フェレッティ)。

TIBERIO FERRETTI(ティベリオ フェレッティ)とはイタリア、トスカーナの名門ファクトリーが手がけるベルト専門ブランド。
最新トレンドを追求しながら一つ一つ熟練の職人により丁寧に仕上げるというこだわり!

昨今、クラシック回帰の流れでベルトレスパンツやサスペンダーがトレンドとなっておりベルトを着用する方が少なくなっているかもしれません…
トレンドとはいえ、ベルト必要ですよね。

ホワイト×ベージュ×ゴールドの組み合わせは、どこか上品でコーディネートのアクセントになってくれる春夏らしいコンビベルト。ホワイトってキザっぽい印象を与えるイメージがある方、いらっしゃると思います。

ですが!このベルトはスエード素材とコンビであったり、色の組み合わせが大人の雰囲気を漂わせてくれるので安心です。

個人的には白やネイビーのパンツに合わせて頂いてリゾートを意識したスタイリングとかにオススメですね。ジャケットスタイルやカジュアルシーンにもお使い頂ける、使い勝手のいいアイテムとなっております!

MODEL:1430
MATERIAL:牛革 ナイロン バックル:真鍮
COLOR:オフホワイト
SIZE:80・85・90・95
PRICE:21,600yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

こだわりが必要です!
Cruciani(クルチアーニ)ポロ3型

こんにちは、楠木です。
いつも行っている松ヶ崎の喫茶店のマスターにオススメしてもらった焼き鳥屋に久しぶりに父親と2人で行って来ました。

こだわりがなかなか強い焼き鳥屋さんで大将も一見恐く見えるんですが、喋ると凄く楽しい方でこれからも仕事終わりに行きたいと思います!!
それでは本日の商品紹介に移りたいと思います。

最初にご紹介致しますのはcruciani(クルチアーニ)の鹿の子ポロでございます。

デイリーユースに使用するアイテムだからこそ上質なものを選びたいなという気持ちにさせてくれるポロです!

鹿の子素材ながら少し厚みのある生地は丈夫で通気性もよく、襟がしっかりしているのでオン・オフ問わずお使い頂ける1着です。
ベーシックな色味で展開しているので使い勝手も良いですね!

MODEL:CU7332/19VL
MATERIAL:コットン100%
COLOR:ホワイト・ライトグレー・ダークブルーグリーン・ネイビー
SIZE:44・46・48・50
PRICE:25,920yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

次にご紹介しますのは27ゲージs/sコットンニットポロでございます。

今シーズンの顔とも言えるニットポロで、少し大きめの襟が胸元の開きをエレガントに見せてくれます。トレンドの”ニットポロ襟出しスタイル”にもぴったりです。

不動の定番27ゲージのニットポロなので着心地も滑らかで程よいフィット感が味わえます。ニットポロという少しクラシックなアイテムですが、細めのリブがクラシックな雰囲気を和らげ現代的に見せてくれます。

MODEL:CU3176/19GI
MATERIAL:コットン100%
COLOR:ホワイト・ネイビー
SIZE:44・46・48
PRICE:42,120yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

 

最後にご紹介致しますのはスムースs/sポロでございます。

コットンに少しだけポリウレタンを含むことで見事なしなやかさを生み出し、ストレスフリーな着心地を保障してくれます!

スポーティーな雰囲気が抑えられたポロなので、高温多湿な日本の夏を上品に過ごすために最適のポロシャツと言えます!!

MODEL:CU1406/190S
MATERIAL:表地:コットン92% ポリウレタン8%
COLOR:ホワイト・ライトグレー・ネイビー
SIZE:44・46・48
PRICE:32,400yen
guji online shop
ginlet-rakuten
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
上に戻る