『MIX styling』
〜 kolor(カラー)〜

本日は、kolor(カラー)のMIX stylingです。

今シーズンもまだまだ英国調は健在でして、その勢いはまだまだ続きそうなんですが、その香りの中に色艶を感じるアイテムを合わせてstylingするのが僕たちのオススメです。

ですので、今回はそのようなテイストを意識して、stylingを組んでみました!

 

まずは定番のパッカリングパンツをメインにした、stylingです。

いつもより裾の幅が広がり、よりmodeを感じる仕上がりとなりました。

オーセンティックなツイル素材のこのパンツに、コーデュロイジャケットを合わせ英国調を意識したstylingです。

土臭くなりがちなこの手のstylingなんですが、インナーにタートルネック、足元は今注目の世界一美しいベルジャンシューズことBAUDOIN & LANGEを合わせて艶っぽさを取り入れてみました。

今年はダブルの前を開けて着用するのも、オススメの着こなしですよ〜!

 


jacket【THE GIGI COMING SOON!!】
knit【Cruciani
pants【kolor
shoes【BAUDOIN & LANGE COMING SOON!!】

続きまして、パッチワーク使いのテクニックが光るVネックニットの、MIX stylingです。

こちらはブラウンにブラックを合わせ、艶っぽさを表現してみました。

全体の色合わせが落ち着いておりますので、よりこのニットの良さが感じられますね。

また首元にはトレンドのベリー系のカラーのスカーフをインし、色を取り入れております。

差し色を使うstylingは、春夏シーズンに引き続き今シーズンも要注目ですので、是非取り入れてみてください!


knit【kolor
shirts【Giannetto COMING SOON!!】
scarf【GLARNER TUECHLI
pants【INCOTEX COMING SOON!!】
shoes【F.LLI Giacometti

明日は、THE GIGIのご紹介です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

kolor(カラー)
ニット・カットジャケット
2018fwCollection!

阿部潤一氏が2004年にスタートした、来年15周年を迎える日本を代表するコレクションブランドのkolor(カラー)。

個性的な色彩感覚や面白い素材使いは今シーズンも健在でして、かといってやりすぎ感はない日常にフィットするアイテムは、僕たちのラインナップには欠かせないブランドとなりました。

本日もkolorらしい特別な素材使いのアイテムを、ご紹介いたします!

なおkolorに関しましては、今シーズンより諸般の事情により、オンラインショップ上での購入が不可となってしまいました。悲

いつも通りサイズ感や着用写真を掲載したいつもの商品ページは公開いたしますので、お問い合わせでの直接通販でしたらいつも通り遠方のお客様にもご購入をしていただけます!

もしご要望のお客様は、お手数ですがお問い合わせ方法のご案内をご覧下さいますよう宜しくお願い致します。

kolorを代表するアイテムの一つであるのが、このニットジャケット。

kolorが独自に開発したこだわりの素材を用いたこちらは、独特のドレープ感が特徴です。

balconeでも人気があるアイテムでして、シーズン問わず毎シーズンラインアップに登場するアイテムですので、長いシーズン活躍が期待できるアイテムです。

カーディガンのように気軽に羽織れる良さが魅力のこちらのアイテムは、どんな素材のパンツにも合いますし、羽織るだけでスタイリングを格上げしてくれる、kolorのマスターピースです!

今シーズンはワイドなパンツを合わせ、インナーはカットソー、スカーフを巻いてmodeに着こなすのがオススメです!

MODEL:18WCM-J08206
MATERIAL:ウール81% ナイロン19%
COLOR:グレー・ネイビー
SIZE:1・2・3
PRICE:41,040yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

繋ぎ合わせたようなパッチワークデザインが特徴的なのが、こちらのニット。

このようなデザインは、kolorの十八番です!

オーセンティックをベースにしておりますのでやりすぎ感はなく、可愛さもありながら色使いをシックに纏めることで、むしろ非常に品の良い見た目に仕上がっております。

もちろんデザインだけでなく、つなぎ合わせたパーツそれぞれ全て違う素材を使用するという、実はテクニックも効かせまくりの一品なんです!惚

ここ最近はブラウン系のカラーパレットが気になる方も非常に多いかとおもいますが、そんなアイテムに合わせるにはうってつけのニットです。

ブラウンやグレーベージュのような梳毛素材のパンツに合わせ、ツヤを感じさせて着用するのが個人的にはオススメです!

MODEL:18WCM-N03302
MATERIAL:ウール72% モヘア18% ナイロン10%
COLOR:マルチ
SIZE:1・2・3
PRICE:63,720yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、『Mix styling』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『gujiの縁側』
極私的収集物5 ~フランス&イタリアお土産編~

ただ今gujiではセール真っ只中、秋冬物も入荷がスタートし、ブログでは紹介も始まっているところではありますが、こっそり個人オーダーしたニット類は手元に届いてはいるものの、やっぱりまだちょっと早いかな・・・ということで、今回はguji online担当の西出がイタリア&フランスで購入した極私的お土産について書き記そうかと思います。

gujiフリークの方だと「あれっ?今回もgujiはフランスに行ってないんじゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかと思います・・・汗、が、休みを3日ほど出張の後に頂き、私だけ寝台列車に飛び乗ることでパリに弾丸トラベルして参りました。

といいますのも今回の出張に合わせ渡伊し、観光に明け暮れていた私の妻がどうしてもパリにも行ってみたい!!というので、連勤を受け入れることで休みをやりくりし、なんとか渡仏を実現することができました。もちろん旅のお供には、トリコロル・パリこと荻野雅代氏・桜井道子氏の共著「100 choses a faire a Paris(パリでしたい100のこと)」を鞄に忍ばせていたことは言うまでもありません。

ちなみにイタリアからパリへの移動なんですが、寝台列車を使い宿代、時間を有効に使うとともに、なんとなくノスタルジックな気分になる・・・という最近の伝統行事がありまして、妻にも経験してもらいたい!!と思い、今回の移動も寝台列車をチョイスしました。昔に比べると(実際はわからないですが)LCCが就航し、ミラノ~パリの移動が格段に短時間に、安く可能になったことを受け、逆に贅沢な旅になっているのかもしれません。あまり危険な雰囲気はなく、ファミリーや学生さんのグループなど、車内にはなかなかアットホームな雰囲気が漂っています。

gujiでの移動は3人一部屋三段ベッドというのが常ですが、今回は一部屋二段ベッドで予約したつもりが一人一部屋貸切に!!価格は一人1万5000円ほど。シーズンにもよりますが、飛行機とそんなに変わらない金額で移動することが出来ました。一晩の宿と、交通費と考えるとなかなか割安と考えられるのではないでしょうか(ちなみにもっと安いシートもありました)。

ウェルカムドリンクのプロセッコを飲み、適度に揺れる寝台に寝転がることで誘われる眠気にうとうとしているとそのまま熟睡、目が覚めるともうパリに着いているという便利さも嬉しいところです。

ということで、パリで買ったお土産から。

先ずはgujiスタッフみんな大好きな、素朴で美味しいPoilâneポワラーヌのクッキーです。Poilâneはパン屋さんなんですが、定番のお土産として人気を博しているのがこのクッキーでして、小麦粉・バター・卵・砂糖のみを使用し、オーブンで焼き上げられるシンプルなタイプです。日本では様々な味のクッキーや凝ったフレーバーのケーキなど、洋菓子の進化が留まるところをしらない今日この頃ですが、だからこそこの昔ながらの味が心にしみわたります。誰が食べても確実に美味しい!!と評判の味でして、今度行くことがあったらデザインが秀逸な900gの特大クッキー缶をなんとか買って帰りたいと思っています(写真下段の水色の缶)。

ワールドカップイヤーということで、こんなオブジェも置いてありました。

1932年創業の老舗MAISON DE LA TRUFFEメゾン・ド・ラ・トリュフのトリュフ塩。ちょっと強めの塩味に、芳醇な香りがたまらない逸品。レストランで食事をすることは今回叶いませんでしたが、お土産として購入しました。我が家では夕食にたこ焼きを焼くことが定期的にあるんですが、もっぱら使用用途はチーズインたこ焼きwithトリュフ塩です。浪速の味が一瞬にして洗練されたフレンチ風味のNANIWAの味になりますので、これは食卓に欠かせません。日本のスーパーで売っているトリュフ塩に比べ、味、香り共に強めな感じがします。

ASTIER de VILLATTEアスティエ・ド・ヴィラットの食器は黒土の土台に白い釉薬をかけた陶器でして、色の見え方やデザインがとても素晴らしく好みです。基本的には全てこんな色合いで、コーヒー生活が捗ります。

妻について行ったFragonardフラゴナールで購入の巾着は出張時の下着収納に。ステッチがかわいすぎるかな・・・という気がしないではないですが、ポーチ男子(中年)としてはこれはこれで良い感じです。

NOMESS COPENHAGENノメス コペンハーゲンはその名の通りデンマークの家具・インテリア雑貨ブランドでして、特にパリは関係ないですが、セレクトショップで売っていたので、デザインが気に入り購入。100円均一よりは少し値が張りますが、二つとも10ユーロ未満で購入出来たような気がします。こういう紐だったり、結束バンドみたいなのだったり着けるの流行っているんでしょうか・・・?

ここからイタリア編です。毎度ワインや何やを購入するものの、今回はこの後フランスに行くことが決まっていましたので、控えめです。

Santa Maria Novellaサンタ マリア ノヴェッラのポプリケース「ポプリ ウォーバ」は卵型のコロンとしたルックスが特徴でして、他にも六角形型の「ポプリ チョトラ エサゴナーレ」もあるんですが、今回は卵型にしました。今までずっと袋にポプリを詰めた「シルクサシェ」を買ってクローゼットや棚の中に忍ばせていたんですが、遂にトイレにもあの香りが漂うこととなりました。

フィレンツェのGUCCI Gardenで販売されているお土産?にしてはちょっと値が張る限定ポーチ。フィレンツェでは一度も街を歩く時間がなかったので、妻に頼んで購入してもらいました。変な柄ですが、何となく良さげに見えているのはきっとグッチ補正がかかっているんだと思います。





という感じの物を購入しました。やっぱり買い物って、最高のエンターテイメントですね!!

シリーズ化してしまっています↓
極私的収集物 4 レザーグッズ編はこちら

極私的収集物 3 セットアップ編はこちら

極私的収集物 2 パンツ編はこちら

極私的収集物 1 眼鏡編はこちら

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

kolor(カラー)
パンツ・カットソー
2018fwCollection!

本日は皆様お待ちかねの、balcone(バルコーネ)の真打でありますkolor(カラー)のご紹介です!

オンラインショップや店頭でも認知度が高くなり、ファクトリーブランドがメインの弊社の中でも欠かせないブランドとなりました。

昨日お伝えしました通り、kolorは今シーズンより諸般の事情により、オンラインショップ上での購入が不可となってしまいました。悲

もちろんいつも通り、サイズ感や着用写真を掲載したいつもの商品ページは公開いたしますので、お問い合わせでの直接通販でしたらいつも通り遠方のお客様にもご購入をしていただけます!

もしご要望のお客様は、お手数ですが昨日公開したお問い合わせ方法のご案内をご覧いただければと思います。

今シーズンのkolorも間違いなくイケておりますので、是非チェックを宜しくお願い致します〜!

kolorといえばの、定番であるパッカリングパンツなんですが、今シーズンは洗いをかけたチノが登場しておりました。

オーゼンティックな素材ながら、サイドのパッカリングとゆとりのあるシルエットが、mode感を醸し出したkolorらしい一本です。

今シーズンもまだまだオーバーサイズシルエットは要注目でして、kolorの提案するアイテムもほとんどがオーバーサイズシルエットでした。

こちらのパッカリングパンツも、オーバーサイズシルエットをkolorらしく表現した一本に仕上がっております!

もちろんルーズな訳ではなく、レングスは短めに設定してバランスを調整している所が、このパンツのポイントです。

土臭さを出してタフに着るのではなく、ウールなど起毛素材の羽織りものと合わせて綺麗に着こなすstylingがオススメです!

MODEL:18WCM-P15113
MATERIAL:コットン100%
COLOR:ベージュ・
SIZE:1・2・3
PRICE:35,640yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

レトロなポスターのようなロゴが目を引くのが、こちらのロゴTシャツです。

ブランドネームが大きく入ったstreetな香りがするロゴTシャツは、個人的にも気になる存在です。

どちらのTシャツもうま〜く色を使っているのが特徴でして、その配色のセンスの高さはさすがkolor!といったところです。

まだまだ注目のセットアップstyleをより今年らしくアップデートさせてくれること間違いなしですし、一枚で着てもサマになりますので一年を通じて活躍が期待できます!◎

なかなかこんな遊び心溢れるTシャツは見つかりませんし、どちらの色を購入するか迷ってしまいますね。。。

MODEL:18WCM-T09207
MATERIAL:コットン100%
COLOR:ボルドー・ブラック
SIZE:1・2・3
PRICE:19,440yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、gujiの縁側です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『gujiの縁側』
お問い合わせ販売のご案内です!

ホントに毎日暑い日が続きますね~。汗

そんな熱さとは裏腹に、gujiの店頭には毎日新しいアイテムが到着しております!嬉

balcone(バルコーネ)でも、少しずつではございますが、お馴染みのブランドが揃って参りました!

明日は、コレクションブランドのkolor(カラー)のご紹介です!

このシーズンから諸般の事情により、オンラインショップ上での購入が不可となってしまいました。悲

そこで、本日は今後もありえる、「問い合わせ販売」の簡単な流れをお伝えしたいと思います。

通常の通信販売と大きく変わる訳ではありません。
オンラインサイト上では、サイズ感や着用写真を掲載したいつもの商品ページはいつも通り公開いたしますし、お問い合わせでの直接通販でしたらいつも通り遠方のお客様にもご購入をしていただけます!

お客様にはすこ〜し、ご面倒をお掛け致しますが、下記の流れをご確認くださいませ。

弊社には自社のオンラインショップ(guji online shop)と、楽天のオンラインショップ(ginlet)が、ございます。

それぞれ方法が微妙に異なりますので、分けてご説明させて頂きます。

まずは自社のオンラインショップの、guji online shopでの、ご購入方法です。

明日のkolorのように、カートに入れてご注文頂けない商品(MARNI×POTERなど)は、商品ページ上に赤字にて、問い合わせ店舗の連絡先を記載させて頂いております。

【guji大阪店】06-6343-7280
【メール問い合わせ】info@guji.jp

もしくは写真画面中央の、商品についてのお問い合わせをクリックして頂きましたら、問い合わせフォームに移動致しますので、そちらもご利用下さいませ!

その問い合わせフォームについてですが、画面をクリック頂けましたら、上記のフォームに移動致します。

そこにお客様のお名前と連絡先、ご希望のサイズ、カラーだけを入力して頂ければ、弊社担当からご購入方法、決済方法をご連絡致します。

配送方法などは、通常の通販発送と全く同じですのでご安心くださいませ!

続きまして、弊社楽天サイトのginletでの、ご注文方法をご案内致します、

ginletでもお問い合わせ販売対象商品の場合は、赤字で連絡先の記載をさせて頂いております。

楽天の場合は、運営サイトの都合上カートの表示を消すことができず、カートが画面上に表示されておりますが、ここからはご注文していただくことができません。

では、どのように注文するかというと、、、

弊社オンラインショップと同様に、カートの下部に商品についてのお問い合わせページが表示されておりますので、そちらもご活用頂ければ幸いです。

クリック頂ければ、上記のフォームに移動しますので、お客様のお名前とご連絡先、ご希望のサイズ、カラーを入力して頂ければ、弊社担当からご購入方法、決済方法をご連絡致します。

いつもの注文とは少し違いますが、簡単なご注文ですので、是非ご利用くださいませ!

また、どちらのサイトもネットサイト上のポイントに関しまして、付与や使用をすることはできかねます。

その代わり、弊社の実店舗でご利用頂けるポイントカードを作成させて頂きますので、ご要望でしたら担当スタッフにご指示頂きますようお願い申し上げます。

作成したポイントカードはこちらで責任を持って保管をさせて頂きますので、再度、問い合わせ販売をご利用の場合はポイントを付与させて頂きます。

こちらは貯まったポイントのご使用も出来ますので、是非ご入会くださいませ〜

店舗へのご来店が難しい方にも、今シーズンのkolorや他のオンラインサイトに規制がある商品達も、オンラインサイト上でしっかりご紹介したいと思い、こういったページを作らせて頂きました!

是非、今後の出品もご期待くださいませ!

宜しくお願い致します!!

明日は、待望のkolorのご紹介です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

PINE(パイン)
アイウェア・グラスコード
2018fw collection!

シンプルをベースにしながらも、シルエットや洗練されたデザインで僕たちのハートをがっちり掴み、先シーズンより展開をスタートしたのが、本日ご紹介するPINE(パイン)です。

このブランドで男女問わず人気があるのが、本日ご紹介するアイウェアでして、洋服の到着よりも一足早くお店に到着いたしました。

ウェアブランドのアイウェアと侮るなかれ、製作はメガネの聖地とも評されるほどの世界的産地である日本の鯖江で作成された一級品でして、眼鏡の専門店でも取り扱われるほどの高いクオリティを誇る一品なんです!

確かなクオリティに加え、PINEらしい遊び心も持ち合わせたスペシャルなアイウェアは必見です!

洋服同様メガネの世界にもトレンドがございまして、今はメタルパーツとセルフレームのコンビネーションが気分です。

小ぶりでクリーンなサイズ感に、ウェリントンをベースしながらもやや丸みを帯びたフレームですので、柔らかい雰囲気を醸し出す一本に仕上がっております。

またPINEらしい六角ネジの遊び心も健在で、僕は迷わずこちらのブラウンを早速購入いたしました。笑

落ち着いた印象のアイウェアですので、PINEのようなカジュアルな雰囲気のお洋服のみならず、ジャケットやスーツスタイルにも難なくハマる汎用性の高さ、バランスの良さも魅力的です!◎


MODEL:ME1022
COLOR:ブラウン・ブラック
SIZE:総幅 13cm レンズ横 4.7cm レンズ縦 3.9cm ブリッジ 1.5cm テンプル 14.2cm
PRICE:36,720yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

丸みのあるボストン型をベースに、フレームの間にメタルパーツを挟み込み縁取りを入れることで、存在感のあるこちらのアイウェア。

存在感がありながらも分厚いフレームではないため、顔の中で浮いてしまわないところが好印象です!

使われているゴールドカラーも高貴な印象で、品の良さも感じる一本なんですが、アイコニックな六角ネジなどパーツ使いに遊び心を取り入れ、茶目っ気をプラスさせているところが、さすがデザイナーズブランドです。

掛け心地も、日本製ならではの計算されたチタン素材のテンプルや日本人には有難いノーズパットは、圧迫を感じさせず快適な軽さなのも嬉しいポイントです!

ファッションを感じるこんなアイウェアは、一歩先を行くお洒落な皆様に是非所有して頂きたい一本です!

MODEL:ME1027
COLOR:ブラウン・ブラック
SIZE:総幅 13cm レンズ横 4.5cm レンズ縦 4.2cm ブリッジ 1.8cm テンプル 14.4cm
PRICE:46,440yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

PINEの中で人気を誇るのが、レザーのグラスコード。

今回は前回よりもシンプルな仕様のものでご用意しておりまして、細めのサイズ感はより品の良さを感じさせます。

アイウェアを取り付け、アクセサリーのように首から垂らすだけでもstylingのポイントになりますし、最近ヨーロッパのお洒落な方がレザーのネックストラップ付きのアイテムを身につけており、個人的に気になる存在のアイテムです。

アイウェアに使うグラスコードなら、嫌味なく取り入れられるかと思いますし、お求めやすい価格ですので、是非取り入れてみては如何でしょうか!

もちろん、PINE以外のアイウェアにも装着可能ですよ〜!

MODEL:MG1005-01
COLOR:ナチュラル・ブラック
SIZE:56.5cm(全長)
PRICE:8,424yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、gujiの縁側です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『Mix styling』
〜Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)〜

暑い日が連日続いておりますが、秋冬物の納品は毎日絶え間無く続いております。

長年、洋服に携わっていますと、目の感覚、体の感覚も若干麻痺していきます。
どうしても、新規の秋冬に目が捕らわれてくるのも、洋服屋の病気の一種かと思います。

また、新規が新鮮に見えますので、より洋服好きにとってはイメージが膨らんでしまい、8月からの着用が楽しみになります。

僕達の様な、インポートや仕入れ商品のみを取り扱っているお店さんは、納品の始まりは早く、逆に納品の終わりも早い為、9月でほぼ納品され、10月末には全てが終わっています。

それを知っている方は、サイズや色が揃っている今の時期から早めの購入を行い、修理も時間をかけても問題無く、少しずつご購入を始めております。

balcone(バルコーネ)の商品は元々、オーダー自体が極薄のしょぼ発注の為、1点物が多いのが事実です。
ですので、売れたら完売商品が多いので、早めにキープやご購入される方も多く、僕達も今後の納品に関して画像などを使いご案内をします。

Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)も、しょぼ発注ですので、売り切れが多いのですが、先日ご紹介した商品も、恐らく直ぐに・・汗

ということで!?、本日はそのCasely-Hayfordのstylingのご紹介です 笑

今期のコートで一番輝いていたと言っても過言では無いこちらのコートは、オーバーサイズコートです。
今後、同モデルで千鳥柄も納品されますが、そちらは今期の弊社のカタログにも掲載予定です。

この秋冬のトレンドはやはり、ブリテッシュは継続です。
むしろ強くなる傾向です。

guji/balconeとしては、ブリテッシュの要素は取り入れながら、本来の色艶を感じる素材やアイテム、着こなしを提案していきたいと思っております。

ですので、オーバーサイズでモードな雰囲気をベースにブリテッシュ要素のあるシャツやパンツの素材をMIXさせます。

シルエットでインパクトを出しているので、それを活かすためにも、あまり色は使い過ぎないことがポイントかもしれません。

スーツスタイルにも間違いなく合いますので、是非チャレンジしてみてください!

coat【 Casely-Hayford
shirts【Bagutta COMING SOON!!】
pants【THE GIGI COMING SOON!!】
shoes【F.LLI Giacometti COMING SOON!!】

先日行った、Casely-Hayfordやkolorの勉強会でも、代理店の方々が仰っていましたが、デザイナーブランドは同じブランドで合わせることが定番になっていると思われがちですが、決してそのような事はありません。

特にCasely-Hayfordに関しては、デザイナーがクラシックをベースに考えているため、gujiで取り扱っているINCOTEXなどのパンツとも相性が良いです。

と言うことで、実際にstylingを組んでみました 笑

トップスにわざとボリューム感を付け、パンツはシルエットの出る細くエレガントに履くことで、敢えてトップスの緩さを出します。
Casely-Hayfordのジャケットは、わざとゆるく着ることがポイントです。

僕も同モデルのWジャケットを持っていますが、ほとんど前を留めていません。
ボタン位置の狭さが開きすぎる感じを無くし、逆に小慣れた感じを出します。

今期は、Wジャケットは前開きに挑戦してみてください〜!

jacket【 Casely-Hayford
knit【 Casely-Hayford
pants【INCOTEX COMING SOON!!】
shoes【 nike

明日は、グラスの紹介です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)
ニット・コート
2018fw collection!

本日も引き続き、Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)のご紹介です!

前回もお伝えをいたしましたが、Casely-Hayfordのコレクションのぶれないキーワードは、「伝統のその先」

トラディショナルをベースに、時代性を常に取り入れる一歩先を行くコレクションは、僕達服好きの心を掴んで離しません。

バイヤー陣を筆頭に、弊社スタッフにも非常にファンも多く、弊社のなかでも来月に迫った衣替えを前に、既に取り合いになる様相を呈しております。笑

もちろんお客様第一優先なのですが、ショボにさらにショボがつくほどのオーダー量ですので、気になったら早めのご検討をおすすめします。汗


上質なシェットランドウールを用いた、英国の背景を持つCasely-Hayfordらしいトラディショナルなこちらのニット。

Casely-Hayfordはそんなアイテムを、ビビットカラーで表現するという一歩先を行く提案がされておりました!

色を使うというトレンドは、先シーズンに続き、今シーズンも継続です。

ちょっぴり緩めのサイズ感も、今の気分ですね〜。

今シーズンはモノトーンのstylingに、こんなニットを差しで使うのがオススメです!

MODEL:CH-AW18/27
MATERIAL:本体:ウール100%
COLOR:イエロー・ピンク
SIZE:34・36・38
PRICE:62,640yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

こちらもトラッドをベースにした、Casely-Hayfordらしいバルカラーコートです。

もちろん普通で終わるはずはなく、100cmを優に越える着丈に緩めの身幅とアームホールと、トレンドのオーバーサイズシルエットを的確に表現した一着です。

雰囲気抜群のこの手のコートは羽織るだけで洒落感を出すことができますし、一見難しく思われがちですが落ち着いた色味ですので実は着まわし力も◎なんです!

今シーズンは色目を統一したシックな色合わせだけでなく、ホワイトを挿し色にしたり、ブラウンをMIXした色合わせもオススメですよ〜。

MODEL:CH-SS18/9a
MATERIAL:表地:アクリル48% ウール29% ポリエステル23%
表地裏面:ポリエステル81% レーヨン16% ポリウレタン3%
袖裏:キュプラ
COLOR:ネイビー
SIZE:34・36・38
PRICE:131,760yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、『MIX styling』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

『gujiの縁側』
guji’s pitti uomo 94 snap~外伝~

どうも、こんにちは。

今更ながらEaglesのHotel Californiaを聞き込んでいる通販担当の泉です。

弊社オンラインサイトでも秋冬商品がいよいよ立ち上がりまして、今シーズンは何を買うのか?という嬉しくも悩ましい季節が到来しましたね。

と、その前に個人的にはまだまだイタリア出張の思い出ストックがありましてですね、、、

もう出張話はお腹いっぱいという方も、生暖かい目で読んで頂けたらなぁと思っておりますよ!

実は先日、弊社オンラインサイトにてこういったコンテンツがアップされました。

見て頂いた方はお判りだと思うのですが、ピッティ会場を中心にスナップしたファッショニスタ達を掲載しているんです。

未見の方は是非共チェックして頂ければなと。(宣伝)

出張中、大体7千枚以上撮影をしたんですが、やはり難しい!

普段は動きの無いものを撮影しているせいか、被写体が動くとどうしてもピントが合わなかったりするわけで泣く泣くボツになったスナップも数知れず、、、

今回はそんなコンテンツの裏側を外伝的に軽ーくご紹介です。

まずよく目にするピッティ撮影スポットがコチラの正門前でして、人通りも多くスナップ激戦区でした。

こういったカメラマン達の中に混じって撮影をしていたわけであります。

撮影する側もなんだか洒落て見えますね。

こちらは会場内でして、至る所にカメラ小僧もといカメラマンがおりました。

カメラマン同士で撮影してしまうという謎の現象もピッティならではなのでしょうか。

各ブース内はやはりというか、当たり前なんですがお仕事モードのバイヤーの方々が大半でした。そんな中でも著名人の方々をスナップさせて頂いたりと、、、

某社っぽくバイヤー陣のスナップを撮影してみたり、、、

と終始撮影に励んだ結果4日目ごろから右手首が地味に痛くなってきましてですね、、、さして人に伝えるほどでも無い鈍い痛みと共に最終日までシャッターを切り続けました。。。。

今回スナップを撮影していて肌で感じたのは、男女問わずナチュラルに撮られ慣れている人が多い!という印象でした。

カメラを向けても怪訝な顔をせず笑顔やキメ顔向けてくれるのはお国柄のせいなのかわかりませんが、とても撮影し甲斐がありましたし非常に助かった部分でもありました!

ちなみにこちらの真ん中にある緑の液体は予想以上に甘いという、何の役にも立たない情報をお伝えして今回は終わりにしたいと思います。

それでは!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Casely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)
2018fw collection!

今回のW杯は面白いですね〜
強豪国と言われる国が圧勝するケースが少なく、どの試合も最後の最後までもつれることが多く、最後までテレビに釘付けです。

我が日本も当初の予想に比べると、かなりの大健闘でした。
最後は、力の差を見せつけられましたが、”おっさんジャパン”と言わせないぐらい、全選手が走っていました。

社会にも言えることですが、これからの高齢化の日本では、若手とベテランの融合はマストです。
凄く良いお手本がというか、きっかけを教えてくれたかもしれません。

長谷部選手が言っていましたが、「見ている方が、日本人ということに誇りを持てる試合を心がけた」という言葉も、今まで以上に、国の為というプライドを強く持って戦えたことが、予想以上の善戦に繋がったのかもしれません。
そういった共通の”目標や目的”などの大きな指針は、情報社会の現代の様々な会社にも絶対的に必要なのかなと思いました。

“弱者が強者を倒す”為には、意識改革からかもしれませんね〜

僕達も間違いなく弱者なので、gujiならではの組織力をつけて、今期も全員で頑張って行きたいと勝手に思っております!

すべてのブランドに「どう考えてもイケてる!」とプライドを持ってオーダーしてるのですが、その中でもCasely-Hayford(ケイスリーヘイフォード)は特別強く思っております。

「伝統のその先」を大きな指針に置き、時代性を常に取り入れ、古くからの拘りの物作りはブラさない。
お父さんのジョーと息子のチャーリーからなる、アイデアはまさに、若手とベテランの融合です。

クラシックをベースにストリートやモードを通して大人の日常着を提案するコレクションは、僕たちバイヤーのツボです 笑
毎期のように購入しているのですが、今回もおそらく・・笑

今期のセットアップは、ウールギャバジン素材を使用し、生地に張りとツヤを感じます。

カジュアルな真っ黒のウールギャバジンは新鮮に見えてきます。
また、ここまでストレートな生地は目を引きますね!

ジャケットは少し緩く着るのがポイントですが、ボタン幅狭いので、前を開けて着ても美しく見えるシルエットはCasely-Hayfordの大きな特徴です。

パンツはワイドシルエットにすることで、クラシックに収まらない時代の融合を感じます。
裾にかけて、少しだけテーパードを入れ、バランスを取りやすくしています。

今期のパンツは、更に太くなる傾向です。
balcone(バルコーネ)としても、そのトレンドは存分に取り入れていき、細いパンツもこなれた細いシルエットを重視してオーダーをしてきています。
また、太いパンツも”こなれた”を意識して、ただ太いだけのシルエットはオーダーしていません。

こういったジャケットやパンツは、一度袖を通すとハマりやすいのですが、サイズ感のバランスは意識してみてください!!

MODEL:CH-AW18/2b(ジャケット)
MATERIAL:表地:ウール100%
裏地:キュプラ
袖裏:ポリエステル
COLOR:ブラック
SIZE:34・36・38
PRICE:82,080yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

MODEL:CH-AW18/12a(パンツ)
MATERIAL:本体:ウール100%
COLOR:ブラック
SIZE:34・36・38
PRICE:46,440yen
guji online shop
ginlet-rakuten-

明日は、『gujiの縁側』です!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
上に戻る